猫の気持ちを鳴き声・しっぽの動き・表情から読み取る3つの方法

猫は喋りませんが、気持ちを仕草や声で表現します。仕草別に猫の気持ちをみてみましょう。

猫のサインを読み取ろう

猫をよく観察すると、その時々の猫の気持ちを猫は体全体で表現しています。

普段はクールな態度で過ごしている猫でも、飼い主に対しては、かまってほしい、甘えたいというサインを出します。そのサインを見逃さず、たっぷり飼い主は可愛がってあげましょう。

また、猫は視線を合わせることを嫌う動物です。目を合わせるということは、戦闘態勢を意味します。信頼している飼い主にじっと見つめられると、ソワソワしてしまうので、なるべく長い時間見つめないようにしましょう。

猫の表情

猫の鳴き声で分かる猫の気持ち

猫が鳴くのは何かを訴えている場合が多いです。鳴き声ごとに、どのような気持ちか理解しましょう。

  • ニャー…「早くしてよ!」など猫が要求している
  • ニャッ…「やっほー!」など挨拶している
  • ナオーン…発情期に出す鳴き声
  • ニャオ!…「早くして!!」と強い訴えの気持ち
  • ミャオーン…ちょっと甘えて「ご飯ちょーだい」と言っている
  • キューキュルル…「ねぇ、遊ぼうよ!」
  • ・・・・…何か経過を観察している時
  • シャー…かなり怒っており、「近づくな!」という意味

猫の気持ち

猫のしっぽの動きで読みとる猫の気持ち

猫の体の中で、しっぽは気持ちが出やすい部分です。しっぽの状態を見て、猫の気持ちを知りましょう。

  • しっぽがピンと立っている時…ご機嫌の時、ワクワクして喜んでいる時。
  • しっぽが水平に伸びている時…何かを見つけて興味津々の時。
  • しっぽを体に巻き付けている時…リラックスの状態。相手に心を開いている時。
  • しっぽの先だけ少し動かしている時…猫が不安な時、緊張している時。
  • しっぽをだらんと下げている時…しょんぼりしている時、寂しい時。
  • しっぽを後ろの足の間にしまっている時…怖がっている時、機嫌が悪い時。
  • 頭を低くし、おしりを上げて、しっぽを膨らませている時…完全に怒っている時、近づかないようにしましょう。

猫のしっぽ

猫の表情で分かる猫の気持ち

猫の目とヒゲを見ているだけで、猫の気持ちが分かります。ネコの感情を判断してみましょう。

  • 嬉しい時…耳は前に向いている、目は少し閉じ気味、ヒゲはピンと立ち少し上向き、のどはゴロゴロ
  • リラックスしている時…耳は前に向いている、目は少し閉じ気味で瞳孔が大きくなったり小さくなったりする、ヒゲは脱力、のどをたまにゴロゴロ
  • 驚いている時…耳はピンと立っている、目と瞳孔が開いている、ヒゲは水平方向にピンとしている、口が少し開き気味
  • 怒っている時…耳はピンとしていてやや後ろに倒れている、目と瞳孔が開いている、ヒゲはピンとしてやや前向き、「シャー」と言う場合もある
  • 怖い時…耳は横か後ろに伏せている、目と瞳孔が開いている、ヒゲはピンとして後ろ向き、のどをゴロゴロする場合もある
  • ご機嫌ななめの時…耳はピンとして水平方向に倒れている、目と瞳孔が開いている、ヒゲはピンとして前に突き出している

猫のしぐさ

猫の人気記事

  1. 猫の資格

    猫の資格の難易度を比較!健康管理やトリマー、シッターに対応!
    猫の資格の難易度を比較!健康管理やトリマー、シッターに対応!…
  2. 猫の通信講座

    猫の通信講座を徹底比較!通信教育で資格や検定対策をしよう!
    猫の通信講座を徹底比較!通信教育で資格や検定対策をしよう!…
  3. 猫の飼い方

    猫
    体が大きい猫の種類の人気ランキングと値段の相場…
  4. 猫の飼い方

    猫
    一人暮らしで飼いやすい猫の種類人気ランキング…