猫

多頭飼いで猫が喧嘩した時の対処方法と猫アレルギーの種類

多頭飼いで起こる猫のけんか

猫を多頭飼いしていると、相性の合う猫もいれば、相性の合わない猫もいるようで、相性が合わない猫だとけんかをしてしまうことがよくあります。「シャー!」と言いながらしっぽをもさもさに膨らませてにらみあい、そのうち取っ組み合いや追いかけっこが始まり、けがをしやしないか心配になってしまいます。

猫のけんかのルール

実は飼い猫達はけんかをしているようでも一定のルールがあり、本気でけんかすることはあまりありません。猫が本気になるのは、追いつめられて逃げ場がなくなった時ぐらいです。にらみあっていたり、追いかけまわしたりしているうちはせいぜい小競り合い、もしくは激しい目のけんかだと思えば大丈夫です。血を見るようなけんかは、よほどのことがないかぎり起こりません。

もともとが単独行動をする生き物であり、自分の生活圏、なわばりはそのまま獲物の量や繁殖の確立に比例しますので、同じ生活圏に猫が複数いることはストレスです。いつでもエサがもらえる状況なのでなわばりを意識することはだいぶ薄れていますが、本能ではやはり居心地の良い状況ではないのでしょう。

けんかを止めるには

とは言え、本気のけんかに発展してしまうこともあります。それは、劣勢の猫が追いつめられて逃げ場を失った時です。逃げ場を失ったら、それは目の前の敵と対峙せざるおえなくなりますので、本気モードに突入するしかなくなります。

本気になる前、もしくは本気になったけんかを止めるには、お互いの猫が見えないようにする方法があります。猫と猫との間に新聞や段ボールを置いて見えないようにする、タオルをすっぽりかぶせる、などです。視野が遮られることで驚いて、けんかのことを忘れてしまう作用があります。

もうひとつは、本気になる前だと特に効果があると思うのですが、おもちゃで遊びに誘うことです。にらみあっている2匹の近くで猫じゃらしをヒラッとさせたり、おもちゃの音を出したりしますと、たいていそちらに意識が向きます。そのまま遊びを始めれば、けんかのことなんかすっかり忘れて遊びに興じるはすです。

けんかが起きても良いようにできること

気をつけていても、飼い主の不在時や目の届かないところでけんかが始まって本気モードになり、けがをしてしまうかもしれません。そんな事故を防ぐために、できることがあります。

・爪を短く切っておく
室内飼育の猫ならたいてい日頃から尖らないように爪切りをしていると思いますが、猫の尖った爪は実に鋭く、人間の皮膚くらいはかんたんに切り裂ける優秀な武器です。完全に威力をなくすことはできませんが、尖らないように先を切って短くしておくだけでもだいぶ威力が低下しますので、けんかでひっかきあいになっても大けがをする可能性が低くなります。

・退避場所を作っておく
部屋の隅など、猫が追いつめられる場所があることが本気モードのきっかけになりますので、隅を作らないことで本気のけんかを防ぐことができます。隅に家具を置く、ジャンプして逃げられるような棚を置くなど、退避場所になるような家具のレイアウトにすると良いでしょう。

・猫同士が顔を合わせないようにする
最終手段になりますが、例えば1階2階があるお宅ならそれぞれの猫の生活圏を各フロアにわけてしまい、相性の悪い猫同士が顔を合わせないようにすることが良いでしょう。つい「さみしいかも」と思ってしまいそうですが、猫は単独行動が基本ですので、人間が思うほどさみしいと感じることはないはずですし、なにより相性の悪い猫といてギスギスするより落ち着いて生活できるようになるはずです。

数年前から猫をモチーフとしたグッズの人気が上昇したことをきっかけに、ペットとして猫を飼う人も増えてきています。猫を飼いたいけれど猫アレルギーだから猫を飼うことを諦めているという人も少なくありません。今回は、猫アレルギーの症状や猫アレルギーかどうかを知る方法などを詳しく紹介します。

猫アレルギーはなぜ起こる?

アレルギーとは、異物を体が拒否し排除しようとするときに起こる体の反応です。体質によってアレルギー反応を起こす物質は様々で、代表的なものだと小麦や卵などの食物アレルギーが挙げられます。人によって猫に対してアレルギー反応を起こす人も少なくありません。猫アレルギーの原因は、猫の脂腺から分泌される糖たんぱく質や、唾液に含まれる物質だと言われています。猫由来のアレルゲンは極めて細かく、花粉やほこりのおよそ10分の1程度です。そのため浮遊しやすく、様々な場所から猫由来のアレルゲンが発見されています。

知っておきたい猫アレルギーの症状

「もしかしたら猫アレルギーかも」と疑っている人もいるのではないでしょうか。猫アレルギーの症状は風邪の症状によく似ていて、つい見逃しがちです。どのような症状があるのかを知っておくことは大切なことです。

・かゆみや充血など目に症状があらわれる

・鼻水やくしゃみが止まらない

・咳や喉の痛み、イガイガした感じが続く

・皮膚にかゆみや発赤が出る

・胸が苦しくなったりゼーゼーしたりする

咳や鼻水などは風邪のときとほとんど変わらない症状が起こります。アレルギーによる諸症状は1日から2日程度で快方に向かうことがほとんどなので、風邪と間違ってしまうケースが多いのです。

猫アレルギーでも猫を飼えるケースも

猫と触れ合ったあとに必ずアレルギー症状が出るとわかっている場合、猫を飼うことは難しいのでしょうか。病院などで検査をし、主治医から猫を飼うことを止められている場合は、猫を飼わないほうがいいでしょう。しかしアレルギー症状にも個人差があり、鼻がムズムズする程度で済む人もいます。アレルギー症状が軽度の場合、飼うことができるケースもあります。その場合、次のことに注意して猫との生活を楽しみましょう。

まずはなるべく猫の毛が住まいの中に落ちないようにすることです。こまめに掃除機をかけることはもちろん、定期的にブラッシングをしたりシャンプーをしたりして抜け毛を減らすこともポイントです。また、カーペットやじゅうたんには毛やフケが溜まりやすいです。猫を飼う場合はフローリングのほうが掃除しやすいでしょう。猫と触れ合ったあとは手洗いをすること、猫の立ち入らない空間を作ることも有効です。

アレルギーに優しい猫がいるって本当?

実はオス猫よりもメス猫のほうがアレルギー症状が出にくいと言われています。オス猫の男性ホルモンの影響でアレルゲン物質の量が異なると考えられているため、猫アレルギーの人が猫を飼うならメス猫をおすすめします。種類でいうと、ロシアンブルーやバリニーズ、ベンガルは一般的な猫と比べて抜け毛が少ない品種です。ただし、アレルギー反応が絶対に出ないというわけではありませんので、こまめな掃除などを行うことは必須です。

関連記事

  1. 猫

    猫が臭いに反応して唇を引き上げる症状と猫に危険な食べ物・植物一覧

  2. 猫

    猫の去勢や避妊手術の方法についてと大きい猫の人気ランキング

  3. 猫

    猫を留守番させる時に注意すべき3つのポイント

  4. 猫

    初心者が飼いやすい猫の種類ランキングと手作りおもちゃの作り方

  5. 猫

    猫のマッサージ方法と一人暮らしの猫の飼い方のポイント

  6. 猫

    猫アレルギーの5つの症状と名古屋周辺の人気の猫カフェランキング

  7. 猫の品種

    猫のしっぽが表す気持ちのパターン3種

  8. 猫

    猫の行動から分かる気持ちと猫の目やにの見分け方と病気の症状