猫

気が付かないことも多い人間の猫アレルギー症状

念願の猫とのスタートと意気揚々な場面で、思わぬ問題が生じることがあります。

それは人間に起こる猫アレルギー症状です。猫アレルギーとは多くは猫の抜け毛に反応し、かゆみや湿疹、赤み、咳、くしゃみなどが起こる症状です。

多くは先天性の体質に関係していますが、完治は難しく猫の飼育を考えなおす必要がある問題です。

猫アレルギー症状は事前に確認が必要

猫アレルギーとは、猫と接触することや猫の抜け毛を吸い込むことによってアレルギー反応が引き起こされる病気を言います。

症状はくしゃみ、鼻水、咳など風邪とよく似た症状もあれば全身のかゆみ、あかみ、湿疹などが起こることもあります。

猫アレルギーは服薬によって一時的に症状をコントロールすることは可能ですが、長い年月にわたり対処することや体質改善、完治は難しいとされています。

特に小さな子供が発症した場合、喘息など症状が重篤になることもあるので決して軽んじてはいけない病気です。

実際にペットショップで子猫を購入した方の中には、購入し自宅に連れ帰ったところ、家族にアレルギー症状が起き、即日返品を申し出る方もいます。

このような問題を起こさないためにも、新たに猫を飼う場合はあらかじめ病院で血液検査を受けアレルギーの有無を確認することをお勧めします。

血液検査が難しい場合は皮膚表面で検査をする方法も可能です。

また猫と実際に触れ合う、同じ空間で過ごし異常が起こらないかを確認する方法として猫カフェへ足を運んでみるという方法もあります。

この場合、中には入店後まもなく症状が出ることもあるので、不安がある場合は家族や友人など複数人で足を運ぶと安心です。

猫の中でも屋外で飼育されていた猫、野良猫を保護して家族に迎える場合、猫の体についているノミダニやゴミが理由で一時的にアレルギー症状が起こることもあります。

もし野良猫を自宅に迎え入れる場合は、室内を自由に行動させる前に動物病院を受診しノミダニの駆除を済ませておくことをお勧めします。

自宅で初めて発症するケースも多い症状

ペットショップで子猫に触れた時は症状が出なかった、鼻のむずがゆさだけで済んだという場合でも、数日間共に生活をする中で我慢できないほどの症状が出ることもあります。

この原因は室内に徐々に抜け毛が堆積したり、空気中にアレルゲンが漂う事が原因です。

このまま生活を続けても症状が軽減される事は少なく、かえって悪化させてしまう場合が多いので早期に病院を受診し、適切な処置を受けましょう。

猫に爪をたてられた時に、傷口が赤くはれ、かゆみを覚えることがあります。この症状はアレルギーではありません。ただ猫の爪には相当な雑菌があり、傷口が悪化する危険性が高いのですぐに適切な処置をほどこさなければなりません。

傷口から出血をしている、傷口が不快場合は病院へ行き、破傷風の予防注射を摂取することをおすすめします。

もし猫アレルギーを発症してしまったら里親探しを検討

猫を購入した、保護したという経緯があるものの、家族がアレルギーを発症してしまい今後の飼育継続が難しい場合は、動物保護団愛やSNS、インターネットを通じて里親探しを行いましょう。

関連記事

  1. 猫の留守番

    猫に留守番をさせるときの方法と留守中に注意したいこと

  2. 猫のしっぽ

    猫にまたたびの効果や危険性と福岡で訪れたい人気猫カフェ3選

  3. 猫

    失敗させないための置くだけ簡単な子猫のトイレのしつけ方

  4. 自宅で行う猫のシャンプーのコツ

  5. 猫

    猫の健康チェック方法と長生きさせるための飼い方のコツ

  6. 猫

    猫の血液型の仕組みと病気とチンチラの性格や特徴

  7. 猫

    猫のあくびをする時の気持ちとロシアンブルーの特徴と性格

  8. 猫

    年齢別の猫の健康管理と病気予防のルール