猫

猫がすりすりしてくる理由と毛の色別猫の性格一覧

飼い主が外出から帰ってくると、猫がすりすりと体をすりよせてくることがあります。飼い主にとって猫のすりすりは「おかえり!って迎えてくれてる!」なんて嬉しくなってしまいますよね。しかし猫がすりすりしてくるのは帰宅した時だけではありません。なぜ猫がすりすりしてくるのか知りたい!という人のために、猫がすりすりする3つの理由と猫がすりすりしてきたときの相手の仕方を紹介します。

すりすりして自分のにおいをつけている

帰宅した時に猫がすりすりしてくるのは、「どこに行ってたの?寂しかった!」という意味ももちろんあるでしょうが、一番の理由は自分のにおいを飼い主につけなおすということです。外出をすると外のいろいろなにおいをつけて帰ってきます。飼い主が家にいる間は自分のにおいで満たされていますから、安心してそばで過ごすことができます。しかしいったん外出すると自分のにおいではなくなってしまうため、すりすりして自分のにおいをつけているのです。お風呂上りなどにすりすりしてくるのも同様の理由です。「お風呂のいいにおいがするからすりすりしているのかな」と思うかもしれませんが、実は逆です。「お風呂に入ると変なにおいになるから自分のにおいをつけなくちゃ!」というのが猫の本心のようです。外出後などにすりすりしてくるときは、気が済むまですりすりさせてあげましょう。

飼い主に甘えたいときにすりすりする

飼い主に甘えたいと感じたときにもすりすりしてきます。普段はそっけない態度をとっていても、急にすりすりしてくることも珍しくありません。そんな時は飼い主に遊んでもらいたい、撫でてもらいたいと感じているときです。頭やあごの下、首の後ろなど猫が気持ちいいと感じるポイントをたっぷりと撫でてあげましょう。また、子猫や若い猫ならおもちゃで遊んであげるのもおすすめです。時間が許す限り相手をしてあげてください。

すりすりすることでご飯をおねだり

ご飯のタイミングが近づくとすりすりすることもあります。体をこすりつけておねだりしたらご飯がもらえた、という経験をするとそれを覚えていて、お腹が空くと飼い主にすりすりしておねだりをする猫も少なくありません。猫は飼い主に興味がないように見えても、意外と飼い主の行動をよく見ています。いつも同じ時間帯にご飯をあげていると、「飼い主さんがキッチンに立ったからもうすぐご飯だ!」とか、「あの子が帰ってきたからご飯の時間だ!」というのを覚えて、すりすりとおねだりするようになるかもしれません。しかし、すりすりしておねだりするたびにご飯をあげてはいけません。時間や量を決めて与えるようにしましょう。

壁や家具にすりすりする意味は?

猫は飼い主だけでなく、壁や柱、ソファなどの家具にもすりすりとしている姿を目にします。これは先にあげた理由と同じ理由で、家のあちこちに自分のにおいをつけて回っているのです。いわゆるマーキングのひとつで、「ここは自分の縄張りだぞ!においつけたぞ!」という意味があるのです。猫は鼻の周辺やあご、尻尾などににおいを分泌する腺があります。鼻先などをこすりつけているのは、この分泌腺から出るにおいをつけているのです。部屋中に自分のにおいをつけて、安心して過ごせる場所を確保しています。

猫の性格は、人間と同じようにそれぞれ個体差があります。のんびりやの猫もいれば、気が強い猫もいます。単独で過ごすことを好む猫や人や仲間の猫と常に一緒にいたがる猫など、性格や性質には個性があります。しかし、猫の性格や性質は毛色である程度わかれていることをご存知ですか?今回は、毛色から見る猫の性格や性質を徹底解析していきましょう。

白・黒の単色の毛色の猫

まずは単色の毛色の猫の性格から見ていきましょう。

【白】

真っ白の毛色の猫は、頭がよくかしこい子が多いです。気が強いところがある反面、飼い主にはべったり甘えん坊の子も珍しくありません。構ってほしくないときは非常にクールで、いわゆる「ツンデレ」猫です。

【黒】

真っ黒の毛色の猫は穏やかで甘えん坊の子が多く、ほかの猫や飼い主ともうまくやっていく気質があります。頭もいいので初めて飼う猫としてもおすすめです。

三毛・サビ・白黒の毛色の猫

次は2色から3色の毛色の猫の紹介です。

【三毛】

三毛のほとんどはメスで、メスらしい気の強い性格の子が多いです。プライドが高くわがまま、そして気分やという、まさに猫らしい性質をしています。警戒心は強めですが、信頼関係を築くと甘え上手な面も持っています。

【サビ】

サビもメスの割合が多いですが、三毛と違って協調性があり穏やかな性格をしています。奥ゆかしさもあるので、一見おとなしそうに見えますがおとなしいというわけではありません。

【白黒】

白黒の毛色の猫は、白が多いか黒が多いかで性格が若干異なります。白が多い子は従順な割に気が強い子が多いようです。黒が多い子は活発ですが性格は穏やかです。どちらにも共通しているのは、協調性があるという点です。

キジ・トラ・サバの毛色の猫

猫を代表する3つの毛色の猫の性格はどのようなものなのでしょう。

【キジ】

キジはヤマネコがルーツなので、警戒心が強く用心深い性質をもった子が多いようです。キジに白が入ると性格はやや穏やかになります。オスはメスに比べて明るく能天気な性格の子が多いです。

【トラ】

いわゆる「茶トラ」と呼ばれている毛色の猫は、臆病な子やのんびり屋の子が多いです。猫らしいというよりも、ちょっと変わってるなと感じることも多いかもしれません。

【サバ】

サバにはサバトラとサバ白と呼ばれる毛色の猫がいます。サバトラは神経質の子が多いですが、サバ白は白猫の気質が混ざっているのでやや陽気な猫という印象です。

性格は毛色だけで決まるわけではない

今回は毛色による性格や性質の違いについて紹介しましたが、必ずしも毛色によって性格が似通っているというわけではありません。同じ母猫から生まれた同じ毛色の兄弟猫であっても、穏やかな性格の子もいれば気の強い性格の子もいます。猫の性格も人間と同じように持って生まれたものもありますが、育ってきた環境によっても大きく左右されます。ある程度大きくなるまで母猫や兄弟猫と過ごした猫は、コミュニケーションを取るのが上手で飼い主に対しても甘え上手な猫が多いです。反対に生まれてすぐ母猫や兄弟猫と離れ、猫同士のコミュニケーションが不十分のまま成長した猫は、気が強い性格のこともあります。毛色によって性格の目安はありますが、猫1匹1匹性格は異なるということを知っておきましょう。

関連記事

  1. 猫のしぐさ

    猫とのスキンシップでスムーズなお手入れを習慣化

  2. 猫

    猫を室内で飼うにあたっての注意点を確認しよう

  3. 猫

    猫のソマリの性格や特徴と爪切り方法

  4. 猫のトイレのしつけで大事なこと

  5. 猫

    猫が臭いに反応して唇を引き上げる症状と猫に危険な食べ物・植物一覧

  6. 猫

    千葉で人気の猫カフェランキングと性格別猫の選び方のコツ

  7. 猫に留守番させるときの準備と気をつけたいこと

  8. 猫

    猫が食べてしまうと危険な食べ物や植物について