猫

猫が毛玉を吐いた時の対策方法と誤飲や病気の症状

猫はとてもきれい好きな動物で常に自分自身で身づくろいをしています。気が付くと猫が自身の体を舐め、毛並みを整えている様子を目にするでしょう。

この行動は猫本来の習性なので無暗に抑制する必要はありませんが中にはこの毛づくろいが原因で体調不良を起こすこともあるのでそのような場合は特別なケアを施してあげましょう。

毛玉は自然の輩出される仕組み

猫は自分自身の体を舐め毛並みを整えます。この時抜け毛や被毛についた汚れも一緒に舌でからめとり一旦飲み込む習性があります。

猫の舌は荒いやすりのような形状をしていて、絡まった抜け毛を簡単に巻き取ることが出来ます。

一旦飲み込んだ抜け毛は消化されず便と一緒にい排泄をされたり、猫が嘔吐することで体外に排泄されます。健康な猫であれば嘔吐をしても特に体に負担がかかることなく平然と過ごすことが出来ます。

しかしあまりに抜け毛の量が多い場合や嘔吐の頻度が高い場合、便と一緒に排泄がされない場合は注意が必要です。

本来の体の機能が不調をきたししているにも関わらず毛づくろいを継続すると次は内臓機能への影響もみられるようになるからです。

市販のヘアボール対策製品を活用する

キャットフードや猫用オヤツ製品の中にはヘアボール対策を謳う製品が多々あります。このヘアボールとは猫が体内に飲みこんだ抜け毛を意味しています。

この製品を活用することで嘔吐や排泄など体外への排泄をスムーズに行う手助けをしてもらえるという製品です。

キャットフードの場合は繊維質の含有量を増やすことで腸内環境を活性化させ便秘を解消し排便を促すという仕組みの製品があります。

ありがちな勘違いはこれらの製品は猫の抜け毛を軽減させる効果はないという事です。あくまでも排泄を促すのみです。

また嘔吐が習慣化している場合、過剰な嘔吐は脱水症状を招き危険性もあることを承知しておかなければなりません。

猫は胃に残った毛玉を吐きだす習慣がありますが、一度の嘔吐で全てを吐き出すことが出来ない場合や胃に不快感が残る場合なんどでも嘔吐を繰り返します。中には胃の内部が完全に空になっているにも関わらず嘔吐を繰り返すこともあります。

愛猫が何度も嘔吐を繰り返す場合や嘔吐をしても胃液以外排泄されない場合はこのような製品を活用するだけではなく動物病院を受診すると安心です。

悪化すると腸閉塞が起こることもあり危険

猫は自身の抜け毛を排泄することが出来ますが、中には腸内に抜け毛が残留してしまう事もあります。この場合便秘や不快感を招きます。中には体調不良や胃腸の不快感から飼い主から距離を置くようになったり、神経質なふるまいを見せるようになることもあります。

また便の大量の抜け毛は混入している場合も注意が必要です。

排泄しきれずに腸内に残留してしまった抜け毛はやがて腸の活動を阻害するようになり、慢性的な便秘や膨満感、腸閉塞を引き起こす危険性があります。

排便の異常に気が付いた時はすみやかに動物病院を受診しましょう。

猫は本来自身に毛づくろいのためにだけ体を舐めるものです。しかし忙しい現代人の暮らす中で目には見えないストレスが増大し過剰に全身を舐めてしまう事も珍しくありません。その結果体内に過剰な量の抜け毛が堆積されてしまい不調を招きます。

人間は具合が悪い時に吐くことがありますが、猫が吐くときは特に具合が悪いわけではありません。猫が吐く原因はいくつかあるのですが、健康面で問題があるケースはごくまれです。しかし「吐くのはいつものことだから」と猫の体調の変化を見過ごさないようにしたいものです。なぜ猫は吐いてしまうのか、その原因と危険かどうかを見極めるポイントを紹介します。

猫が吐く原因は毛玉がほとんど

猫は体をきれいにするために、毎日せっせとグルーミングを行います。グルーミングを行うと毛を一緒に飲みこんでしまうため、体内に毛が溜まってしまいます。毛を飲みこんでしまっても、多くの猫は飲みこんだ毛は排泄物と一緒に体外へ排出させることができます。しかし中にはうまく排泄することができずに毛玉を吐き出す猫もいます。これは猫の体質や性質によるものなので、毛玉を吐く猫はしょっちゅう吐きますが、全く吐かない猫も珍しくありません。吐いたものの中に数cmの毛の塊のようなものがあれば毛玉を吐き出しただけなので、心配する必要はありません。

空腹が原因で吐くことも

猫は毛玉だけでなく黄色い液や白っぽい液を吐くときもあります。吐いたものの中に毛玉がなく、黄色い液だけだと心配になってしまいますが、黄色や白っぽい嘔吐物の場合は空腹であることがほとんどです。猫は空腹の時間が長いと胆汁が押し戻されて胃が刺激され、黄色い胆汁を吐いてしまいます。白っぽい液は胃液なので、こちらも心配する必要はありません。ご飯を少量ずつこまめに与えるなどの対策で改善することもありますが、黄色い液を数日続けて吐くようなら胆汁嘔吐症候群の可能性もあるので一度診てもらうといいでしょう。

フードが合わないことも吐く原因のひとつ

フードが体に合わないことも吐く原因のひとつです。猫はフードを噛まずに丸飲みにします。粒が大きすぎるとのどに引っかかってしまい、吐き戻してしまう猫もいます。また、フードに含まれた添加物が体に合わずに吐いているということもあります。フードを与えた後によく吐くなら、一度フードを見直してみましょう。フードを変えた直後であれば、元のフードに戻して様子を見るといいでしょう。

ピンクの液を吐くときは注意が必要

黄色や白の液を吐いた時はさほど心配はいらないのですが、ピンクっぽい液を吐いた時は注意が必要です。液がピンクになっているということは、体内のどこかで出血していることが疑われます。出血箇所が口の中なのか胃なのかは詳しく調べてみないとわからないので、早めに動物病院に連れて行くことをおすすめします。口の中の出血が原因ならあまり心配いりませんが、胃などから出血していると病気が原因であることもあります。念のため吐く回数や量などを記録しておくといいでしょう。

誤飲が原因で吐く場合も

猫が誤って何かを飲みこんでしまった時にも吐くことがあります。ごく小さなものであれば排泄物となって出てきますが、猫は意外と大きなものを飲みこんでしまうこともあります。紐やビニール袋などは猫が遊んでいるうちに飲みこんでしまうケースもあるので注意が必要です。猫が吐きたいのに吐けない様子を見せたり、吐いた後に食欲や元気がない場合はすぐに動物病院に連れて行きましょう。

関連記事

  1. 猫

    猫が臭いに反応して唇を引き上げる症状と猫に危険な食べ物・植物一覧

  2. 猫

    マンチカンの特徴や性格と猫が咳する時の病気や症状・対策

  3. 猫の品種

    猫のしっぽが表す気持ちのパターン3種

  4. 猫

    猫のあくびをする時の気持ちとロシアンブルーの特徴と性格

  5. 猫

    猫のしゃっくりの原因と病気の症状とメインクーンの性格や特徴

  6. 猫

    子猫の遊び時間に気を付けたい点と猫の鳴き声から分かる気持ち

  7. 猫

    失敗させないための置くだけ簡単な子猫のトイレのしつけ方

  8. 猫の被毛の美しさと健康を保つためのシャンプーの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA