猫の姿勢

猫が水を飲まないときに飲ませる方法

猫が夏場に水を飲まなくて心配になることはないでしょうか。また、普段から水を飲んでいる様子がないと水を飲んでいないのではないかと心配になる場面が多いのではないでしょうか。今回は、水を飲んでくれない猫ちゃんに水を飲んでもらう方法をお教えします。

猫に水を飲ませる方法

まず、一番簡単に水を飲んでもらう方法は、ウェットフードを与えることです。通常あげるドライフードはほとんど水分が含まれていませんが、ウェットフードはほとんどが水分で出来ているため、食べながら、自然と水分を取ることが出来ます。ただし、ウェットフードだけを与えると、1日に必要な栄養素を考えたときに、分量が多くなること・費用が高くなってしまうことから、ドライフードも併用して与えるようにしましょう。食いつきはにおいもありいいため、簡単に水分を取らせることはできるでしょう。

次は、食事の回数を増やすことです。猫が食事の後、水分を取っている姿をよく見かけると思います。食後に猫が水を飲むため、それを上手く利用することで水分摂取量が増やせます。猫が水にも興味を示すように、食事の前後に水を取り替えるとよいでしょう。

その他、水の温度も気にしてみましょう。冬場だと水道水を出してすぐは、水が冷たく飲まないことがあります。そのときは、ぬるま湯くらいの温度にしてあげましょう。ペット用のヒーターは、ぬるま湯くらいの温度設定になっているため、水の温度を一定にするために使用するのもよいでしょう。また、冷たすぎるとおなかを壊してしまう猫もいるため、冷たすぎる水を与えるのはやめておくほうがよいでしょう。

最後に、最近見かけることの多いファウンテンのような流れのある水飲み器を用意するのもいいでしょう。家の中で、水道水の出ている蛇口から飲もうとしている姿を見かけたことのある方もいると思います。猫は流れのある、動きのある水に興味を持つ子も多いため、動く水だと飲む子もいます。ファウンテンはシートなどの交換を怠ると雑菌などが繁殖しやすいため、メンテナンスはしっかりしておくようにしましょう。

猫の飲む方法を増やしてみよう

水を飲ませる入れ物にもこだわってみるとよいでしょう。ペットショップからきた猫であれば、給水器が飲み慣れているため、お皿だと飲み方が分からない子もいます。また、飲み水だと判断せず、遊んでしまう子もいます。それ以外の猫でも髭の当たるお皿だといやがって飲まなかったり、入れ物の素材によって飲まなかったりする場合もあります。猫に飲ませる水の入れ物も猫が水を飲まない原因の1つであることも少なくありません。

複数飼いの場合、他の猫のにおいがすることが原因で飲まないこともあります。猫の水を飲む器は複数用意してあげましょう。また、他の動物が同居している場合も飲まない可能性があります。猫用の器は他の動物の届かない場所に置いてあげるのもよいでしょう。高いところに置く場合は滑り止めもしっかりつけておくことを忘れないように気をつけましょう。

水を飲まない場合は環境が原因の場合も多いです。猫の水を飲む環境を見直してみましょう。また、食事として摂取させることも大切です。熱中症の心配な夏場は、積極的に食事で取らせてあげるようにしてあげるとよいでしょう。

関連記事

  1. 猫

    猫の健康チェック方法と長生きさせるための飼い方のコツ

  2. 猫

    猫の飼いやすい人気の種類ランキングと目の病気と対処方法

  3. 猫

    猫が食べてはいけない食品一覧と猫と人間の年齢一覧

  4. 猫を連れて行く、かかりつけの動物病院を選ぶ際に気をつけたいこと

  5. 猫の遊び

    猫と1日に遊ぶ時間はどれくらいが理想か

  6. 猫

    失敗させないための置くだけ簡単な子猫のトイレのしつけ方

  7. 猫

    体が大きい猫の種類の人気ランキングと値段の相場

  8. 猫の表情

    尿路疾患に効果的な水の飲ませ方テクニック