猫

猫が留守中に熱中症になった時の応急処置と猫の前足ふみふみの理由

猫を室内で飼育する、車に乗せ長距離の移動をさせるという場合、思いもよらぬ出来事が起こることもあります。もっとも多いケースは熱中症です。

エアコンの設定を間違えてしまった、車の中で待機させてしまった、想像以上の高温になることに十分な対策を講じていなかった事でこれらの事故は起こります。

熱中症は猫の体に相当なダメージを与え、時には命を落としてしまう危険性もあるので応急処置の方法を覚えておく必要があります。

まずは全身を冷やすことが先決

もし猫が熱中症を発症してしまった場合、それぞれのシチュエーションに応じて応急処置を講じてあげましょう。

自宅室内で発症した場合は下記の手順です。

①窓を開ける、エアコンをつけるなど室内の温度を下げる

②猫に意識がある場合は全身を冷やし、体温を下げる

・保冷剤を体に当てる

・冷たいシャワーで全身を冷やす

・氷を入れたビニール袋を体に当て冷やす

症状が軽度の場合、冷やし続けるうちに次第に目つきや表情が落ち着きを取り戻し、平静を保とうとします。

猫がその場を離れようとした時は無理に引き留めずに様子をみます。

水分を自力で摂取できる場合は飲み水、ミルクなどを与えます。猫が自ら摂取しない場合は無理に飲ませずに様子を見ます。

保冷剤や氷袋で体を冷やす場合、猫が横たわった状態で脇や内股、首に当てると効果的です。この方法で主要な血流を冷やすことが出来るからです。

もしその場に複数人がいる場合はうちわであおぐという方法も是非合わせて行います。

次に外出先の車内やキャリーバック内で猫が熱中症を起こした場合の対応です。

この場合、一見おとなしく見える場合でもキャリーバックを開ける時は首にリードをつけてから開けます。

猫の様子を見極め、できる限り体を冷やしてあげます。

売店や自販機で氷や冷たく冷えた缶入りの飲み物を購入し保冷剤替わりに活用する方法もおすすめです。

この場合あくまでも応急処置でしかないので、早急に最寄の動物病院へ運んだり、帰宅し安静にさせることをおすすめします。

動物病院に連絡をし指示を仰ぐ

猫の熱中症は応急処置を施すことで一見回復したかのように見えるものです。

体を冷やすことで、自力で移動が出来るようになると猫は高い場所や暗い場所、狭い場所に自ら入り込みます。

ただ中には回復は一過性のもので物陰で体調が急変したり、悪化することもあります。猫が自力で移動をしたからといって安心ではありません。

熱中症を発症した時の状況や深刻さによって判断に迷う事があるでしょうが、もしあまりにも大人しい、回復をしたものの食欲がない、トイレをしないなどの異変がみられる時は動物病院を受診し点滴などの処置を受けてあげましょう。

一見元気そうに見えていても熱中症をおこした事で脱水症状になっていることもあります。その場合、放置することは命の危険にもつながります。

もし発見した時点で猫が手足を投げだし、横たわるほどに深刻な状態にあった場合は、応急処置として体を冷やしたうえで動物病院を受診しましょう。

搬送中の急変に注意しつつ安全に運ぶ

応急処置を終え動物病院に連れて行くときはキャリーバックに入れ、安全に運びます。

出来れば途中で様子を確認することが出来る形状キャリーバックを用いましょう。

嘔吐や排泄がある場合に備えペットシーツを敷き詰めておくと安心です。

飼い主の膝の上で猫がくつろいでいるときに、前足をふみふみしてくることがあります。飼い主の膝の上だけでなく、毛布やタオルなどお気に入りの場所でふみふみしている姿を見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。「かわいいなぁ」なんて何気なく見ているこの行動ですが、本当はどのような理由でふみふみしているのでしょうか。

ふみふみはおっぱいを飲むときの名残

猫はおっぱいを飲むときに、おっぱいの出をよくするために母猫のお腹を両手でモミモミしながら飲みます。リズミカルに右・左・右・左とモミモミすることで、おっぱいがよく出るようになることを本能的に知っているのです。猫の前足ふみふみは、このおっぱいを飲むときのモミモミの名残で、赤ちゃん時代を思い出しているからだと考えられいます。赤ちゃん時代を思い出しているからといって赤ちゃん返りのようなこととは違い、赤ちゃんの頃のことがなんとなく蘇えっているだけです。

眠い時にふみふみをすることが多い

猫が前足ふみふみをするときは、たいてい眠いときが多いです。眠い時にそばにいる飼い主や毛布などを母猫に見立てて、前足をふみふみします。飼い主に対して前足ふみふみをする場合は、飼い主に甘えたいという気持ちが強いケースが多いです。毛布やタオルなどにふみふみしているときは、リラックスしたいという気持ちや安心感を求めるためにしているといえるでしょう。眠くなるとつい赤ちゃん時代のことを思い出してしまうのかもしれませんね。

ふみふみする猫としない猫がいる

前足ふみふみは、子猫時代にはすべての猫に見られる行動ですが、成猫になってからすべての猫が前足ふみふみをするわけではありません。前足ふみふみをする猫としない猫がいるのは、母猫と過ごした時間が関係しているといわれています。子猫は生後3か月くらいまで母猫からおっぱいをもらっています。生後3か月くらいまでたっぷりとおっぱいを飲んで成長した猫は、自然とふみふみする行動が抜けていきます。しかしおっぱいをもらわなければいけない時期に何らかの理由で母猫と離された場合、はっきりとした乳離れをしないまま大人になってしまうので、おっぱいを飲むための「前足ふみふみ」が成長しても残ってしまうのです。そのため、母猫と離れた時期が早い猫ほど前足ふみふみする猫が多いといわれています。

タオルや毛布を咥えながらふみふみする場合は注意

前足ふみふみをするときに、タオルや毛布を咥えながらふみふみする猫もいます。これもおっぱいを飲んでいることを思い出している行動なのですが、タオルや毛布の繊維を飲みこんでしまう危険性があります。タオルや毛布を吸う行動は「ウールサッキング」と呼ばれ、母猫と早くに離れてしまったことによる愛情不足の表れだと考えられています。特にウール素材は唾液と混ざると母猫と似たようなにおいを発するため、子猫時代を思い出して吸い付くといわれています。毛布などの繊維を飲みこんでしまうと、健康面での心配があるのでやめさせたほうがいいケースもあります。猫の手が届くところに毛布やタオルを置かないことや、寝室に入れないようにするなどの対策をして様子を見ましょう。

関連記事

  1. 猫

    猫の毛づくろいの理由や方法と猫アレルギー対策

  2. 猫

    一人暮らしで飼いやすい猫の種類人気ランキング

  3. 猫

    子猫を家族に迎える前に済ませておきたい家中の注意点

  4. 猫

    猫の雑種の特徴と猫のひげから感情や気持ちを読む方法

  5. 猫

    猫にとって危険な食べ物(危険度別)と植物

  6. 猫

    猫がすりすりしてくる理由と毛の色別猫の性格一覧

  7. 猫

    猫の食欲があるのに体重が落ちた時の対処方法と抜け毛対策

  8. 猫の遊び

    初めての子猫を家族に迎えるために必須の準備一覧