猫

猫が臭いに反応して唇を引き上げる症状と猫に危険な食べ物・植物一覧

猫を観察していると、時折りみせる表情があります。まるで刺激臭を嗅いだかのように口を半開きにして舌を出し、何かを訴えているような顔です。実はあの変な顔をしているときがフレーメン反応と呼ばれるものなのです。本稿では猫のフレーメン反応の知識について取り上げます。

猫のフレーメン反応とは

猫科の動物やウマなどの哺乳類にあらわれる、ニオイに反応して唇を引き上げる生理現象です。フレーメン現象やフレーメンとも呼ばれます。

猫などは鼻とは別に鋤鼻器官(じょびきかん・ヤコブソン器官)と呼ばれる、フェロモンの分子成分を感知できる器官が発達しています。ヤコブソン器官は口の中の上側の部分(口蓋)にあり、鼻で感知するとは別の神経経路で電気信号を脳に送ります。猫が分泌するフェロモンにはいくつかの意味があり、猫同士の情報交換に使われます。主に情報を受け取ったときにこの反応がみられるようです。

ヤコブソン器官は元々は口腔内に入れた食物の匂いを感じる器官だったとされています。ヒトの場合は胎児期にヤコブソン器官が退化してしまうようです。猫がフレーメン反応を起こしたときのしかめっ面から感情を表しているものだと勘違いされやすいですが、実はそうではないのです。

猫が確かめているのはニオイの信頼性

フレーメン反応は猫以外が放つニオイを嗅いだときでも起こるようです。例えば飼い主の靴のニオイなどを嗅いだときにフレーメン反応が見られます。この場合もクサイ匂いに反応しているのではなく、フェロモンを通じて、本当に飼い主のニオイなのかどうかを判断していると思われます。猫は神経質な性格で危険をニオイで感知する動物と言われます。自分の縄張りに他の猫が入っていないか常に確かめているようです。なので、時折りそのような反応を見せているのと考えられますね。

猫が発情期なら性フェロモン

猫はスプレーと呼ばれる、肛門腺からフェロモンを分泌して少量のおしっことともにスプレーのようにふきかける行動をします。発情期の猫がフレーメン反応を示すならば性フェロモンを感知している可能性が高いです。

メスは発情期の少し前から性フェロモンのニオイを出して、オスを誘います。そのフェロモンを感知したオスは発情期に入るのです。猫科の動物に共通してみられる特徴です。

猫のその他のヤコブソン器官を刺激するニオイ

フェロモン以外にもヤコブソン器官を刺激するニオイがあるようです。それは猫が大好きなまたたびと、イヌハッカ(西洋ハッカ)などの匂いです。わたしたちがよく食べるキウイフルーツもマタタビ科に属していて、キウイフルーツでも同じような反応が見られるようです。

またたびは猫にとってヒトの飲酒のような働きがあるため、与える場合は適量を守りましょう。用量としては、市販のまたたびの粉が入った袋は0.5グラムのものが多いです。たまに0.5グラムのまたたびをあげるくらいであれば問題ないでしょう。枝状のマタタビであれば一回1本、果実であれば一回1個を心がけるようにしましょう。

猫が嫌いなニオイ

逆に猫が嫌いなニオイを感じ取った場合はどのような反応をするのでしょう。嫌いな匂いを嗅いだときはフレーメン反応は起こらないことが知られています。

たとえば猫は柑橘系の匂いが苦手です。そのニオイを嗅いだときに顔をニオイの発生元から引っ込めるようにして目を半開きにします。その時の表情が猫の本当のしかめっ面でしょう。

猫がフェロモンを感じ取ったときのフレーメン反応の顔、猫が苦手なものを嗅いだときの顔をしっかり見分けることができれば猫の気持ちがわかるかもしれません。この他にも普段から猫の顔を観察してみると意外な発見があるかもしませんね。

猫は大変身軽に身動きが出来、室内をどこでも自由きままに移動することが出来ます。気が付くとキッチンに出入りしてしまう事やテーブルの上の食べ物を勝手につまみぐいしてしまう事もあります。

しかし日常のある食べ物や植物の中には猫に有害なものもあり、単なるイタズラと軽視できないこともあるので注意が必要です。

猫に危険な食べ物や植物をご説明させていただきます。

食卓の定番素材と言えばトマト、ナス

トマトやナスは日々の食卓の定番素材でキッチンに置かれることも多々あります。実はこのトマトやナスも猫にとっては危険となることもあります。トマトやナスの茎や芽、葉を猫が摂取すると中毒症状を引き起こすことがあります。症状は、嘔吐下痢、めまい、血便、呼吸困難と深刻で進行が速い場合もあります。

また中毒症状はその場で即座に不調として起こることもあれば数日経過してから発症することもあり、飼い主自身でさえも思い当たらないこともあります。

もし猫が日ごろと違う行動や症状を見せる場合はすぐに動物病院を受診してあげましょう。

イモ類にも例外があるのは里芋

猫の健康を考え手作りご飯を毎食与える方も増えています。手作り食材の材料としてイモ類が多様されますが、ジャガイモやサツマイモは問題がないとされていますが、里芋だけは例外です。里芋には尿路結石の原因となるシュウ酸カルシウムが含まれている事や、生の里芋を食べる事で里芋中毒を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

オス猫の多くが発症する尿路結石は初期であれば薬おの服用だけで完治することが出来ますが、悪化すると開腹手術が必要になることもあります。

また一旦完治をしても再発をすることもあれば慢性化することもあります。里芋にはこれらの発症リスクが含まれていますが、食べた直後に発症をするわけではないのでつい見逃されてしまいがちですが、同じイモ類であっても異質であることを十分に理解し誤って与えることの無いよう注意しましょう。

意外に知られていないユリ科の植物

猫に危険な植物があるという野草や雑草を思い浮かべがちですが、実はリビングに何気なく飾られる花束の中にも危険な植物が含まれています。

その一例はユリ、チューリップ、ヒヤシンス等のユリ科に分類される植物です。これらの植物には特に注意が必要です。これらの植物をイタズラがてら口にしたり、食べてしまった場合嘔吐下痢等の胃腸障害はもちろん、腎機能不全、神経麻痺、心不全、視力障害、昏睡と重篤な症状を引き起こし、死に至る場合もあり大変危険です。

他にも下記の種類は同様の症状を起こすことがあります。

・キク

・カーネーション

・カスミソウ

・ナデシコ

・フジ

・スイートピー

・コスモス

・ダリア

・マーガレット

もちろん猫にとって美味しいものではありませんから進んで食べることはありませんが、子猫など好奇心が旺盛な場合、不意に口にしてしまう事もあるので、猫が生活をする環境で花束を飾る場合は猫の導線や生活エリアに設置しないよう十分に注意しましょう。

他にも日常生活には猫に有害な成分が多々見られます。中にはその危険性が周知されていないものもあります。もし猫が不調を見せる時はすぐに動物病院を受診しましょう。

関連記事

  1. 猫

    大きな猫を飼いたい方にお勧めの大型猫ブリーダーの紹介

  2. 猫のしぐさ

    猫とのスキンシップでスムーズなお手入れを習慣化

  3. 猫

    千葉で人気の猫カフェランキングと性格別猫の選び方のコツ

  4. 猫のトイレのしつけで大事なこと

  5. 猫

    子猫の離乳の時期と猫の嘔吐の症状・原因・危険性

  6. 猫の遊び

    初めての子猫を家族に迎えるために必須の準備一覧

  7. 猫

    猫を室内で飼うにあたっての注意点を確認しよう

  8. 猫

    猫の去勢や避妊手術の方法についてと大きい猫の人気ランキング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA