猫

猫が食べてしまうと危険な食べ物や植物について

人間には無害だとしても、猫が食べてしまうと危険な食べ物や植物が多くあります。中毒症状を引き起こしてしまったり、中には命に関わる危険なものもあるので日頃から注意が必要です。

たまねぎや長ネギ、ニラなどのネギ類

たまねぎや長ネギ、ニラなどのネギ類には、猫の赤血球を破壊してしまう成分が含まれています。食べてしまうと、貧血や血尿を引き起こします。生の状態だと、ネギ類特有の刺激臭から猫が食べてしまうことは少ないですが、加熱調理後は特に注意が必要です。ハンバーグなどに調理されたあとのネギ類を食べた場合にも下痢や嘔吐、血尿などの中毒症状の恐れがあります。

ココアやチョコレート

ココアやチョコレートに使用されるカカオには、テオブロミンという成分が含まれています。このテオブロミンが猫に中毒症状を引き起こします。中枢神経、心臓や腎臓に影響を与え、下痢、嘔吐、失禁、けいれんなどの症状が見られます。最悪、命に関わることもある猫にとって危険な成分です。カカオが含まれるチョコクッキーやケーキなどにも注意しましょう。

コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物

コーヒーや紅茶、また緑茶などに多く含まれるカフェインも、カカオのテオブロミンと同じような中毒症状を引き起こす危険性があります。特に煎れる前のコーヒー豆や茶葉の状態は、液体よりもカフェインの濃度が濃く、危険性が高まります。コーヒー豆や茶葉の保管場所は猫の手が届かない場所にしてください。

お酒に含まれるアルコール

お酒に含まれるアルコールが猫の血液中に吸収されると、脳や体の細胞を壊してしまいます。その結果、嘔吐や下痢、さらには神経症状や呼吸困難、ふるえを生じ、こん睡状態に陥ってしまうこともあります。わずかな量を摂取しただけでも、最悪の場合には死に至ってしまうこともあるので注意しましょう。

生のエビ、カニ、イカ、タコ

生のエビ、カニ、イカ、タコは、ビタミンB1分解酵素を含んでいるため、猫が食べてしまうと急激にビタミンB1欠乏症になってしまう可能性があります。猫はビタミンB1要求量が高いため欠乏症を起こしやすくなっています。完全に加熱処理されていれば猫が食べても問題ありません。

ユリ科の植物

ユリは、猫にとって非常に毒性が強く、少量を食べてしまった場合だけでなく、花をなめたり、花瓶の水をなめるだけでも中毒症状が現れる危険があります。ヒヤシンス、すずらん、チューリップなどのユリ科植物も同様に猫にとっては大変危険です。ユリ中毒にかかってしまうと、腎臓の組織を破壊してしまい命に関わる危険性が高いので、家の中やお庭にはユリを持ち込まないのが望ましいです。

アジサイ

アジサイで猫にとって特に危険なのは蕾の部分です。蕾に含まれる成分が猫の体の中で消化されると猛毒の青酸に変化します。そうなってしまうと青酸中毒を起こし、下痢、嘔吐のほか、けいれんや麻痺を起こしてしまうこともあります。

他にも猫にとって危険な植物がたくさんある

今まで紹介してきた植物以外にも、猫にとって危険な植物はたくさんあります。

・アサガオ…幻覚症状を引き起こす危険がある

・ジャスミン…散瞳の危険がある

・ベコニア…咽頭、食道への刺激、流涎、粘膜浮腫の恐れがある

・月桂樹…腹痛、嘔吐、流涎、下痢などの恐れがある

・ブドウやレーズン…腎臓病のリスクを高める可能性がある

このように、人間の生活の身近にある植物が、猫にとっては重大な中毒症状を引き起こす危険性を持っています。猫と暮らすにあたって、こういった植物を生活範囲に持ち込まないことが理想的です。

関連記事

  1. 猫

    胴長短足に丸顔で人気ランキングトップのマンチカン

  2. 猫

    猫を室内で飼うにあたっての注意点を確認しよう

  3. 猫のおもちゃ

    猫好きなら知っておきたい日本の固有種である日本猫の特長

  4. 猫の姿勢

    猫が水を飲まないときに飲ませる方法

  5. 猫

    猫の健康を維持するための水の飲ませ方と水分補給法

  6. 猫

    雄猫のマーキング対策と小さい猫の種類人気ランキング

  7. 猫

    ポイントを覚えて猫の健康チェックを習慣にしよう

  8. 猫

    子猫の遊び時間に気を付けたい点と猫の鳴き声から分かる気持ち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA