猫

猫が食べてはいけない食品一覧と猫と人間の年齢一覧

猫を飼う前に知っておくのが必須な知識として、猫に食べさせてはいけないものがあります。よく知られるネギ類のものがありますね。また、ほうれん草は猫に危険なのでしょうか?ヒトは動物の中ではいろんな食べ物に耐性を持ってますが、ヒトの食べ物に猫が食べてはいけないものもたくさんあります。本稿では猫に食べさせてはいけないものや、どうして食べさせてはいけないのかを取り上げます。

猫に与えてはいけない食べもの

ネギ類を食べてはいけないのは猫を飼ってない方でもご存じの方が多いでしょう。具体的にはタマネギ、長ネギ、ニラ、ニンニク、分葱(ワケギ)、浅葱(アサツキ)などです。

生のイカも食べてはいけないもののひとつです。昔の人が猫がイカを食べると腰を抜かすといったのもこのためでしょうか。人間の場合も同じことがいえますが、生のものには寄生虫の卵がついていることもあり、病気に発展することもあるため控えるようにすると良いでしょう。特に危険性の高いものにチョコレートやアボガドがあります。こちらは一定量を超えると死に至ることもあるため注意が必要です。

他には下痢を起こす可能性がある牛乳やチーズなどの乳製品も与えてはいけません。また、塩分が多く含まれる加工食品(カニカマなど)は猫が好きなものも多いですが、あまり多くは与えないようにしましょう。

猫にどうして与えてはいけないのか?

【ネギ類】

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルフィド、ジアリルジスルフィドなどの化合物が血液中のタンパク質であるヘモグロビンを酸化させることで、溶血性貧血を起こす原因となります。慢性化すると肝臓の機能低下を招くので、ネギ類は与えないようにしましょう。

【生のイカ】

生のイカの内蔵やハマグリには、チアミナーゼ(かつてはアノイリナーゼ)と呼ばれるビタミンB1を分解する酵素が含まれています。ビタミンB1を分解されてしまうとビタミンB1欠乏症を起こすことがあり、足のしびれや、食欲低下、嘔吐が見られるようになります。更に症状が進むと歩くのも困難になるようです。対策としてイカやハマグリなどに含まれるチアミナーゼは加熱することで効力を失います。

【チョコレート・ココア・茶葉】

カカオが含まれるチョコレートやココアにはテオブロミンという物質が含まれていて(茶にも含まれるようです)、猫のようなテオブロミンの代謝速度が遅い動物は中毒症状を起こす危険があります。消化不良や脱水症状、嘔吐、下痢などの症状を起こし、ひどい場合は命を落とす危険もあります。少し食べてしまったくらいでは死に至ることはないですが、テオブロミンを体重1キログラム当たり250~500ミリグラム程度を摂取してしまうと死亡の危険がありますので注意しましょう。

【アボガド】

アボガドの果実や種、葉にはペルシンという殺菌作用のある毒素が含まれます。ヒト以外の動物には一切与えてはいけないのがアボガドで、ペルシンの中毒症状が起きると呼吸困難や痙攣の症状が見られ死に至ることもあります。

【乳製品・塩分が強いもの】

市販されている牛乳やチーズなどは猫が食べてしまうと下痢を起こす危険があります。ペット用のミルクが売っていますのでそちらを利用するようにしましょう。塩分が強いものは、猫はヒトのようには汗腺が発達しておらず上手く汗をかけない動物のようです。その分、腎臓に負担がかかるので控えるようにしましょう。

【ほうれん草】

ほうれん草はシュウ酸が含まれる食べ物です。食べることで泌尿器系の病気であるシュウ酸カルシウム尿結石にかかりやすくなると思われます。ミネラルであるリンとカルシウムのバランスが大事で普段食べているキャットフードでそのバランスを取っていることが多いと思われます。ほうれん草を摂取することによりバランスが崩れてしまうのがよくないということでしょう。

猫の寿命は、品種などによって違いはありますが、平均で15歳程度といわれています。猫の一生にはいったいどんな時間が流れているのでしょうか? 猫の年齢を人間の年齢におきかえた早見表を見ながら考えてみましょう。

猫と人間の年齢早見表

猫は、人間よりも早いスピードで年をとります。猫の成長とともに、だいたい人間では何歳くらいなのかが分かると、接し方も変化してきます。早速、下記の表をご覧ください。

【猫】   【人間】

生後1週間→ 生後1ヶ月

1ヶ月 → 1歳

6ヶ月 → 10歳

1歳  → 15歳

2歳  → 24歳

5歳  → 36歳

7歳  → 44歳

10歳 → 56歳

15歳 → 76歳

20歳 → 96歳

大型猫など成熟するまでに時間のかかる品種もいるため、一般的な猫のおおよその目安ですが、猫の一生は人間に比べるとかなりのスピードで進んでいきます。私達に比べたら短い猫の”猫生”を大切にしてあげてください。次は、猫の一生を3つの時期に分けて解説していきます。

生まれてから1歳までの子猫期

猫は生まれてから1ヶ月間は、人間の12倍ほどの速さで成長します。生まれたばかりのころは、体温調節や排出行為を自らの力で行うことができず母猫に助けてもらいますが、2週間程度で自分の力で歩き出し、3週間たつと自力で排出ができるようになります。1ヶ月もすれば、すっかり猫らしく走り回ることが可能です。猫の1ヶ月は人間にすると1歳です。

また、生後6ヶ月を過ぎるとすでに繁殖ができるほどまでに成長します。ここまでは、毎日のように体重が増え、どんどん体が大きくなっていくので、子猫用の高カロリー食を食べさせてあげてください。人間に換算するとすでに10歳程度にまで成長したことになります。

猫が1歳になると、すっかり大人猫の体格まで成長します。ここで人間に換算すると約15歳です。人間では15年かかる子供の時間を猫は1年で駆け抜けます。短い子猫期だからこそ、健やかに成長できるようにケアしてあげることが大切です。

7歳までの成猫期

大人の猫になってから7歳くらいまでを、成猫期と呼びます。この期間は、体力もあり、猫らしく元気に生活できる時期で、人間の4倍くらいの速さで時が経って行きます。繁殖にも適した時期ですが、多くの飼い猫は去勢・避妊手術を受けることになるかもしれません。好奇心旺盛でよく動き回る時期ですが、去勢・避妊をした猫はホルモンバランスの変化の影響で太りやすいので、しっかりと食事管理をしてあげましょう。猫の7歳は、人間に換算すると約44歳。もう、すっかり大人の猫です。

7歳を過ぎた老猫期

猫は7歳を過ぎると、少しずつ老化がはじまります。10歳で人間に換算するとおよそ56歳になり、まだまだ元気ですが健康に注意したい年齢になってきます。このころから、老猫用フードに切り替えたりして健康維持をしてあげてください。

猫が15歳になると人間の約76歳に相当します。ここまでくるとだいぶ活動量も減り、運動能力も下がってきます。ゆっくり落ち着いた老猫期を過ごさせてあげてください。最近では、猫用フードの品質が上がっていたり、動物医療が発達して長生きする猫も増えていますが、猫が20歳まで生きると人間の96歳相当になります。かなりのご長寿猫といえそうです。

関連記事

  1. 猫

    人間にも感染の危険がある猫の病気の基本情報

  2. 猫のしぐさ

    猫とのスキンシップでスムーズなお手入れを習慣化

  3. 猫

    子猫の離乳の時期と猫の嘔吐の症状・原因・危険性

  4. 猫

    多頭飼いで猫が喧嘩した時の対処方法と猫アレルギーの種類

  5. 自宅で行う猫のシャンプーのコツ

  6. 猫

    猫が毛玉を吐いた時の対策方法と誤飲や病気の症状

  7. 猫

    猫を多頭飼いする時のポイントと猫がよだれを垂らす原因・危険性・病気

  8. 猫

    猫の食欲があるのに体重が落ちた時の対処方法と抜け毛対策

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の特集記事

    可愛い猫たちに会える東京のおすすめ猫カフェをご紹…
  2. 猫の飼い方

    猫の品種
    猫のしっぽが表す気持ちのパターン3種
  3. 猫人気

    猫を保護したらやっておきたい5つのこと
  4. 猫の飼い方

    猫
    猫が毛玉を吐いた時の対策方法と誤飲や病気の症状
  5. 猫の飼い方

    猫
    短毛で飼いやすいと人気の猫種を扱うブリーダーのご…
  6. 猫人気

    猫
    猫の葬儀をあげる際の火葬について
  7. 猫の飼い方

    猫
    雑種猫でも人気が高いペットショップの猫達
  8. 猫の飼い方

    猫のしっぽ
    猫にまたたびの効果や危険性と福岡で訪れたい人気猫…
  9. 猫の飼い方

    アメリカンショートヘア
    猫が吐いた時の内容と対策方法
  10. 猫人気

    猫の里親募集をしている3つの機関
  11. 猫人気

    猫
    耳折れ猫スコティッシュフォールドの特徴とは
  12. 猫人気

    猫
    多機能&高機能!実はすごい、猫のひげはすぐれもの…