猫

猫と一緒に暮らすなら季節ごとのお世話でより快適で健康に

猫を室内飼いする場合は、外で生活するよりも春夏秋冬に左右されずに生きていくことができます。ですが、季節ごとのお世話で猫も人間もより快適で健康に暮らすことが可能です。季節に合ったお世話とはどんなものなのか、ご紹介します。

春の猫のお世話について

春の猫たちは、発情期をむかえます。そのためオス猫は、メス猫を探して昼夜を問わずよく歩き回るようになります。メス猫の場合は、大きな声で鳴いたりするかもしれません。室内飼いの場合は、去勢・避妊手術が済んでいる猫も多いのですが、手術の時期によっては、こういった発情行動が多少残ることもあります。

過ごしやすい気温で天気も安定しているため、猫たちにとっても過ごしやすい季節ですが、暑くなる夏に向けて抜け毛が増える季節でもあります。こまめにブラッシングをして、無駄な抜け毛をなるべく飲み込ませないようにしてあげましょう。

夏の猫のお世話について

発情から繁殖、出産、育児を終えた猫たちにとって、一年の中でもっとも穏やかに暮らせる季節が夏です。気温が高くなる日中は涼しい場所でのんびりしていることが多いですが、気温が下がる夕方から活動しはじめます。

猫にとって夏に注意しなければならないことが”熱中症”です。室内飼いであっても、締め切った部屋ではかなり気温が上がることもあるので無視はできません。なるべく部屋の温度が24度~25度くらいになるようにクーラーなどで調整してあげましょう。また、たくさん水を飲めるように、水飲み場の数を増やしたり、ウエットフードの量を増やすなどの工夫もしてあげてください。最近では、触るとヒンヤリと冷たい冷却マットなども売られているので活用すると良いでしょう。

秋の猫のお世話について

夏の終わり頃から秋にかけて、また猫たちは発情期に入ります。この時期になると、オス猫は活発に行動し、時にはメス猫や縄張りをめぐって喧嘩になることもあります。猫の激しい鳴き声のぶつけ合いが聞こえてくるのもこの季節が多いようです。

秋は、昼と夜の気温差が大きくなってくるので、猫風邪を引いてしまうことが多くなるかもしれません。飼い猫の体調管理を徹底し、何か気になることがあったらケアをしてあげましょう。また、冬に向けて毛の生え変わり時期でもあります。春ほどの抜け毛に悩まされることは無いかもしれませんが、日々のブラッシングも心がけてください。

冬の猫のお世話について

冬の猫は、比較的暖かい日中によく活動し、寒い夜はおとなしくしていることが多いようです。室内飼いの場合は、暖かい場所を探して家中をウロウロとしているかもしれません。猫が暖を取れるようなベッドや毛布を用意してあげたり、ペット用ホットマットなどで暖かく過ごせる場所を作ってあげましょう。冷え込みがきつい日に長時間留守にする場合は、エアコンなどで部屋の温度を調整してあげることを忘れないでください。

また、この時期に人間が悩まされる乾燥は、猫にとっても好ましくありません。湿度管理も大切になってきます。加湿器を利用したり、洗濯物の部屋干しなどで部屋の湿度を適度に保つことが必要になります。去勢・避妊手術をしてない猫たちは、1月頃から発情の傾向が見られるようになります。

関連記事

  1. 猫

    猫の飼いやすい人気の種類ランキングと目の病気と対処方法

  2. 猫

    多頭飼いで猫が喧嘩した時の対処方法と猫アレルギーの種類

  3. 猫

    大きな猫を飼いたい方にお勧めの大型猫ブリーダーの紹介

  4. 猫のおもちゃ

    猫好きなら知っておきたい日本の固有種である日本猫の特長

  5. 猫

    猫を留守番させる時に注意すべき3つのポイント

  6. 猫

    猫が人に懐くための方法と京都の人気猫カフェランキング

  7. 猫の遊び

    初めての子猫を家族に迎えるために必須の準備一覧

  8. 猫に留守番させるときの準備と気をつけたいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA