猫

猫にとって危険な食べ物(危険度別)と植物

猫と一緒に暮らしていると、つい猫が欲しがって食べ物をあげたくなることもあるのではないかと思います。しかし、猫にあげると危険な食べ物はたくさんあります。

今回は、猫にとって危険な食べ物、また、危険な植物についてご紹介します。

猫に絶対に与えてはいけない危険なもの(危険度高)

・ネギ類

症状:胃腸障害、血尿、貧血など

ネギ類に含まれる成分が赤血球を破壊するため、溶血性貧血を起こしてしまいます。摂取量によっては死に至ることもあります。ネギ類そのものだけでなく、スープなどでも危険です。ネギ類は、ゆり科植物に属しているため、ゆりの花などを飾ることも誤飲の可能性があり危険なので注意です。

・カカオ類

症状:不整脈、痙攣、発作など

カカオの成分が中枢神経を刺激することが原因です。カカオの含有量によって危険度が大幅に変わります。ミルクチョコレートだと症状が出ないこともあるようです。しかし、油断はせず、誤飲していた場合は、病院に行きましょう。

・人間用の医薬品・サプリメントなど

症状:種類による

猫の場合、特に危険なのは鎮痛薬です。強い中毒を起こし、錠剤1錠で死に至ることもあります。また、その他でも、人間用と動物用では、成分の配合等も同じ症状でも異なります。体重によって、薬を割ってあげることも危険です。なぜなら、1錠のなかで均等に成分が混じっているとは限らないからです。必ず獣医の指示を受けあたえるようにしましょう。

ちなみにアメリカでは、ペットの事故第一位になっているそうです。

猫に与えるべきではない食べ物(危険度中)

・アワビ、トリガイ、サザエ、トコブシ

症状:光線過敏症

貝の毒素が危険。猫がなりやすく、症状は毛の薄い耳に現れやすいです。ひどい場合は、耳が壊死してしまうこともあります。「アワビを食べると耳が落ちる」と聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。これは、耳が壊死することがあるから、ということだと思います。

・スルメ

スルメは、胃で水分を含み膨れあがります。そのため、腸で詰まったり吐こうしても食道に詰まってしまったりして危険な状態になってしまうこともあります。

・豚肉(生)

症状:トキソプラズマによる体重減少や下痢など(症状がでないことも)

若い猫ほど危険性が高いといわれています。犬もこのトキソプラズマに感染しますが、猫の場合は感染後、体の中で完全に成長をしてしまうため、犬以上に危険です。

・アルコール類(生のイースト入りのパン)

症状:中枢神経系の抑制、アルコール中毒

アルコールで中毒症状を起こすことがあります。うっかり、瓶を割ってアルコール類を猫が飲まないように保管に注意しましょう。また、パンを手作りされる方であれば、生のイースト入りのパンは特に危険です。こちらも、体内でイーストがアルコールを形成するため、同様の症状になる可能性があります。

・カフェイン

症状:心臓や神経系への異常

コーヒーやお茶だけでなく、コーラなどのジュース類にも含まれています。色々な成分が含まれている可能性のある、人間用の飲み物を猫に与えないように気をつけましょう。

・ドックフードなどの猫用以外の動物のえさ

症状:犬用であればタウリン不足により失明

犬は体内でタウリンが生成出来るため、犬用のえさには少量しか含まれていないですが、猫は体内でタウリンを生成出来ないため、この量では不足してしまいます。結果、タウリン不足で失明してしまうことがあります。必ず、猫用のえさを与えるようにしましょう。

猫に少量であればあげても大丈夫なもの(危険度低)

・青身の魚

症状:黄色脂肪症

食べ過ぎると、不飽和脂肪酸によって、体内の脂肪が酸化してしまう黄色脂肪症(イエローファット)になってしまいます。特にビタミンEが不足すると大変危険です。

・淡水魚、イカ・タコ、貝類、甲殻類

症状:食欲低下、神経障害、ビタミンB1欠乏症

酵素チアミナーゼ(アノイリナーゼ)がビタミンB1を分解する働きを持ち、ビタミンB1欠乏症を発症する可能性があります。イカ・タコなどは、消化に悪いため与えない方が良いです。

※日本人のイメージでは猫は魚かもしれませんが、猫は本来、肉食動物のため、肉類よりも魚の方が与えると良くない場合が多いです。

・柑橘類

症状:中枢神経系の抑制

少量では問題ないことが多いですが、アロマなどを使用する方であれば、柑橘系のものは出来る限り使わないようにしましょう。

今回は、猫に与えてはいけない食べ物をご紹介しました。人と同じものを食べさせたい人もいるかもしれませんが、猫の健康のためにしてはいけません。猫と食事を通してコミュニケーションが取りたい際には、猫用のおやつを適量あげましょう!

関連記事

  1. 猫が快適に暮らすためのトイレトレーニングと注意点

  2. 猫が心地よく安全に生活できる部屋の環境を整えよう

  3. 猫を連れて行く、かかりつけの動物病院を選ぶ際に気をつけたいこと

  4. 猫

    猫がよく鳴く時の気持ちと猫のしっぽの動きや状態でわかる気持ち一覧

  5. 猫

    人間にも感染の危険がある猫の病気の基本情報

  6. 可愛い猫に出会える関東のブリーダーの紹介

  7. 猫

    猫の行動に隠された本当の気持ちが理解できる解説

  8. 猫

    猫の去勢や避妊手術の方法についてと大きい猫の人気ランキング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA