猫に必要な季節ごとのお世話

猫を飼っていると四季ごとに気をつけなければいけないことがたくさんあります。今回は、四季ごとに必要な猫のお世話についてご紹介していきたいと思います。

春に行うべき猫のお世話

春になり、気候が暖かくなってくるため、冬の毛が抜けやすくなってきます。飲み込む毛を減らすためにブラッシング・シャンプーが重要になってきます。また、抜けた毛が体に絡んでしまうことで皮膚の状態を悪化することも防ぐことが出来ます。毛玉対策のフードを混ぜてあげるなど抜け毛に気をつけた対策を検討しましょう。

未去勢・未避妊の場合は、発情期が始まる時期です。鳴き声が気になる場合は、早めの時期に去勢手術・避妊手術を考えましょう。また、未去勢・未避妊だと脱走も増える時期です。脱走対策もしておきましょう。

夏に行うべき猫のお世話

日本だと、初夏の梅雨の時期からフード類や水の鮮度に気をつけましょう。特にウェットフードは、残った場合は必ず冷蔵庫にすぐに入れて保管することを忘れないようにしましょう。また、ノミやダニが活発に行動する時期でもあります。ノミ・ダニ対策をしっかりと行いましょう。

真夏になってくると、熱中症・脱水症状にならないように気をつけてあげましょう。食欲のない場合はドライフードよりもウェットフードをあげるなど、水分が少しでもとれるようにしてあげましょう。ただし、使ったお皿はすぐに引いてしっかり洗うことを忘れないようにしましょう。

秋に行うべき猫のお世話

秋になると、冬の毛に生え替わってくるため、ブラッシング・シャンプーが大切になってきます。春のときと同じように毛玉の対策をしてあげましょう。

「食欲の秋」というと思いますが、猫も同じで夏場に落ちていた食欲が戻ってきて、食べ過ぎてしまうことがあります。餌を欲しがるからと与えすぎないように注意しましょう。また、多く食べようとしすぎる場合は、低カロリーの食事を与える、複数飼いの場合は食べ過ぎる子をケージに入れるなど分けて与えるなどの対策をするようにしましょう。肥満になってしまうとダイエットさせるのはとても大変になります。

冬に行うべき猫のお世話

冬は気温が下がることで、猫風邪などにかかりやすくなります。事前にワクチンを接種しておくなどの対策をしておきましょう。また、寒さに弱い植物を室内におく場合は、猫にとって良くない植物などもあるため、猫の手が届かない場所に置くなどの対策を行いましょう。

暖房器具を使用すると、室内が乾燥してしまいます。室内の飲み水が思いのほか、減っていることもあるため、マメにチェックするようにしましょう。また、室内に加湿器を置き、湿度を下げすぎないように気をつけましょう。餌も冷えすぎると食欲が落ちることがあります。その場合は、人肌程度に食品をあたためてから、与えるようにすると食欲が湧いてくることが多いです。

四季ごとに注意する点も多いですが、毛の長さによっては夏場にサマーカットをすることやクールマットを使用すること、冬場にヒーターを置くことなどの対策も大切です。ただし、道具類を設置する際は、危険のないものかに注意しましょう。クールマットなら、破いて中身を飲み込む危険のあるジェル製はやめておくこと、ヒーターならコードに安全対策がなされているかを確認することを忘れないようにしましょう。

時期にあった、お世話を身につけ、快適に猫との生活を送ることが出来るようにしましょう!

関連記事

  1. 猫

    発情期を迎えた猫の行動や対策とノルウェージャンフォレストキャットの特徴…

  2. 猫

    大阪で人気の猫カフェ5選とソマリの特徴や性格

  3. 猫

    猫のあくびをする時の気持ちとロシアンブルーの特徴と性格

  4. 猫の遊び

    初めての子猫を家族に迎えるために必須の準備一覧

  5. 猫

    猫を多頭飼いする時のポイントと猫がよだれを垂らす原因・危険性・病気

  6. 猫も人間も信頼できる動物病院の選び方について

  7. 猫

    病気ではない毛玉吐きも過剰な場合は特別なケアが必須

  8. 猫

    猫を留守番させる時に注意すべき3つのポイント