猫の留守番

猫に留守番をさせるときの方法と留守中に注意したいこと

猫は「家につく」という言葉があるように、自分のテリトリーの中にいれば安心します。なので飼い主と長時間外出することは好みません。飼い主がどうしても外出しなければならないときは留守番をさせることになります。猫の留守番方法と飼い主の留守中に注意したいことをまとめます。

猫が留守番できるのはいつからか

生まれたばかりの子猫や、まだドライフードが食べられないような子猫に留守番は難しいかもしれません。また、迎えたばかりで家に慣れていない猫の場合も同様です。ある程度、家に慣れており健康で、一人で排出できる生後6ヶ月を過ぎたころからは、一晩家を空けても問題ないでしょう。

猫に留守番をさせるときの方法

猫は、もともと集団生活をしない動物なので、部屋の環境を整えておけば一日中ひとりでいても特に問題はありません。留守中にひとりでいても普段と変わらない生活を過ごしているでしょう。

一晩、留守にする場合は、2日分のフードと水を出しておきます。猫は、基本的には一度にたくさんご飯を出しておいても必要な分しか食べないので一晩くらいなら大丈夫です。また、いつでも清潔なトイレを使えるようにひとつ余分に用意しておくことをオススメします。真夏の暑い時期や、真冬の寒い時期は室温が24度~25度を保てるようにエアコンやペット用カーペットで調節してください。

2日以上、飼い主が留守になる場合は、可能であれば家族や友人など信頼できる方に猫の様子を見にきてもらうのが理想的です。ご飯の準備や水の取替え、トイレ掃除などをお願いしましょう。難しいようであればペットシッターを雇うという方法もあります。

2~3日、留守番する場合にあると便利な猫グッズ

飼い主の旅行などでどうしても数日間、留守番をさせる場合は、知人やペットシッターに猫の様子を見てもらうのが理想的ですが、難しい場合は猫の留守番グッズを活用してください。

・自動給餌器

家を空ける期間が長くなると一番困るのが、ご飯の準備です。たとえドライフードでも一晩分以上を出しっぱなしにするのは好ましくありません。一晩以上、留守にする場合は、タイマーで餌が決まった分量出てくる自動給餌器を活用してください。最近では、スマートフォンから指示を出すと餌が出てくる遠隔操作が可能な給餌器も発売されています。

・給水器

常に新鮮な水をいつでも飲めるように、タンク内の水を循環しながら浄化し、いつでもキレイな水を保てる給水器を活用してみてください。留守中にはウエットフードを与えることができないので、新鮮な水を用意しておくことは脱水症状を防ぐためにも大切です。

・自動トイレ

猫が排出してトイレの外に出ると、自動でウンチやおしっこを掃除してくれる自動トイレを用意しておけば、いつでも清潔なトイレを使用することができるので、粗相を防げます。

動物病院やペットホテルを活用してみる

長期間の留守番になる場合、普段いきつけの動物病院やペットホテルを活用すると安心かもしれません。とはいっても、猫によっては自分のテリトリー以外の場所にいるとストレスを感じ、ご飯を食べられなくなったり、排出を我慢してしまったりすることもあります。長期の旅行を考えている場合は、事前に動物病院やペットホテルに預けてみて、きちんと生活ができそうか様子を見てみることをオススメします。大丈夫そうであれば、旅行中に預けておくと安心です。

関連記事

  1. 猫の姿勢

    猫が水を飲まないときに飲ませる方法

  2. 猫

    短毛で飼いやすいと人気の猫種を扱うブリーダーのご紹介

  3. 猫

    猫への猫草の与え方と大坂で人気の猫カフェランキング

  4. 猫

    人間にも感染の危険がある猫の病気の基本情報

  5. 猫

    雄猫のマーキング対策と小さい猫の種類人気ランキング

  6. 猫

    猫のくしゃみの原因と症状や猫の種類別値段相場

  7. 猫

    猫がすりすりしてくる理由と毛の色別猫の性格一覧

  8. 猫

    猫を留守番させる時に注意すべき3つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA