猫

猫のお風呂の入れ方と猫の健康診断の受け方と費用

犬は定期的にお風呂に入れることが好ましいとされていますが、猫は犬のようにお風呂に入れる必要はないといわれています。猫はきれい好きなのでグルーミングをすることである程度の汚れは自分できれいにすることができます。しかし猫にも体臭があるのでにおいが気になるという人もいるでしょう。お風呂に入るのを嫌う猫も多く、どうやってお風呂にいれればいいのかわからないという人もいるかもしれません。そこで今回は、猫のお風呂の入れ方と上手に洗うコツを紹介します。

まずはお風呂場に慣れさせよう

猫は濡れることをあまり好みませんから、普段からあまりお風呂場に近づかないという猫も少なくありません。いきなりお風呂場に連れてこられて洗われてしまうと、今後もお風呂に入ることを嫌がるようになってしまいます。まずはお風呂場という環境に慣れさせることから始めましょう。食事をお風呂場で与えたり、猫の好きなおもちゃをお風呂に置いたりするなどの工夫が必要です。お風呂場にすんなり入ることができるようになったら、いよいよお風呂に入れることに挑戦です。

猫をお風呂に入れる手順

猫をお風呂に入れる場合、たらいなどは特に必要なくシャワーだけで十分です。シャワーの温度は37度から38度程度のぬるめに設定し、水圧も弱めにしておきます。シャワーで体全体を濡らしたら猫用のシャンプーで洗います。人間用のシャンプーは猫にとっては刺激が強すぎるため、必ず猫用のシャンプーを使うようにしましょう。シャンプーを手に取り軽く泡立ててから、猫の体に乗せて洗います。首から洗い始め、お尻のほうまでマッサージをするようにやさしく洗ってあげます。猫は顔が濡れるとパニックになることがあるため、顔は濡らしたタオルで拭いて汚れを落とします。全身を洗ったらシャワーでしっかりすすぎましょう。すすぎ終わったら手で水気をできるだけ取り除き、乾いたタオルで押さえるようにして拭いてあげたら終了です。ドライヤーを嫌がらない子なら、ドライヤーである程度乾かしてあげるといいでしょう。

上手に洗うコツは?

お風呂嫌いの猫をお風呂に入れることは容易なことではありません。暴れてしまったり引っかかれてしまったり、思わぬトラブルのもととなってしまうこともあるでしょう。上手に洗うコツとしては、まずはブラッシングをして汚れをある程度取り除いておくことです。ブラッシングをしておくことでお風呂の時間を短縮する目的があります。また、猫は普段聞きなれない音に対して敏感になることも珍しくありません。シャワーなどの水の音を嫌がる猫もいるので、なるべく音がたたないようにして猫を落ち着いた状態にしてあげるといいでしょう。すすぐ時間を短縮するために、洗面器に猫用のシャンプーをとかしておいたものをタオルに含ませ、猫の体を拭いてあげるというやり方から始めてみるのもおすすめです。

猫が嫌がる場合はお風呂に入れなくてもよい

どうしてもお風呂を嫌がる猫もいます。嫌がる猫を無理やり入れてもかわいそうなので、そんな時は無理に入れる必要はありません。濡らしたタオルで体を拭いてブラッシングをするだけでもいいですし、ふき取りシートなどの市販されているグッズを使ってもいいかもしれません。日頃からこまめにブラッシングをしてあげれば、お風呂に入れる頻度も少なくて済みます。

猫は痛みに強い動物として知られ、病気かどうかが判断しにくいときがあります。狩猟をする動物に見られる習性で、痛いのを我慢して隠しておくのです。野生では弱みを見せるのは、敵にチャンスを知らせることと同じです。単独行動の多い猫だからこそ、この傾向が顕著なのですね。また、猫は病気になると、人目のつかないところでじっとしていたりする行動も見られます。しかし、ヒトには分かりにくいものもあります。猫もヒトと同じで健康診断をすることにより、病気の早期発見や、見た目でわからなかった異常を見つけることができます。猫と長く一緒に暮らしていくためにも、健康診断は重要であると考えます。本稿では、猫の健康診断をテーマとして、受けたほうが良い検査内容や健康診断にかかる費用などを取り上げます。

猫の健康診断を受ける頻度

猫はヒトよりも早く歳を取る生き物です。猫は最初の1年で大きく成長して成猫になります。1年半でヒトの年齢にすると20歳となり、7年を過ぎると高齢期となりヒトの年齢にすると44歳といわれます。以降は1年ごとにヒトの年齢で4歳を加齢していくといった感じです。猫とヒトでは加齢の仕方が違うので、健康診断に連れて行く参考にして下さい。ヒトは年に一度の健康診断を受ける場合が多いと思いますが、猫はどうなのでしょうか。猫の場合も年に最低、一度は健康診断を受けるのが良いとされています。ただし、仔猫のときは成長が速いのと、また、高齢猫となると泌尿器系の疾患のリスクが高くなりますので、半年に一度、健康診断を受けるのがおすすめです。愛猫を失ってからでは遅いので、定期的な健康診断をおすすめします。

猫の健康診断の受ける検査内容について

基本的に身体検査、血液検査、尿・糞便検査を受けると良いでしょう。こちらの3項目は一般的な検査項目としてセットとなっている動物病院が多いです。尿・糞便検査で猫に多い泌尿器系の疾患について調べることができます。猫の健康状態や年齢を元に獣医師と相談して検査内容を決定することをおすすめします。

身体検査……猫の日頃の具合をチェックする問診、身体に異常がないか確かめる触診、聴診器を使い心拍や脈をチェックする聴診があります。

血液検査……内臓の異常やウイルス、細菌感染の有無、貧血等を調べます。

尿・糞便検査……尿や糞便から消化器系、消化器系の疾患を調べます。

レントゲン検査……呼吸器や骨格、内臓の位置や形から異常がないかの確認をします。

眼科検診……眼圧検査や涙量検査、緑内障・白内障の検査ができます。

他にも、レントゲンより細かい臓器の様子が分かる超音波検査、心臓の疾患を調べる心電図検査、歯の状態の検査や歯石除去、歯肉ケアも行える歯科検診などの検査項目があります。

猫の健康診断の費用

身体検査、血液検査、尿・糞便検査がセットとなっているコースは、価格相場が5,000円~8,000円ほどとなっております。レントゲンや超音波検査を含む場合はこの価格に5,000~10,000円が追加になります。注意点としては、動物病院により価格差が大きいようです。基本的には身体検査、血液検査、尿・糞便検査を選択して、獣医師と相談しながら場合によってオプションのレントゲンなどの項目を追加すると良いのではないでしょうか。

猫の健康診断の所要時間

忙しい方は猫の健康診断に掛かる時間も気になるのではないでしょうか。基本項目といわれる、身体検査、血液検査、尿・糞便検査だけなら、30分~1時間程度の時間を目安にすると良いでしょう。獣医師によっては基本項目でもじっくり時間をかけるところもあるみたいです。また、オプション項目であるレントゲン検査や心電図検査等を含む場合は、午前中に猫を預けて、午後に引き取りに行く、一旦飼い主は家に帰ることも可能なようです。

関連記事

  1. 猫

    猫のおならの病気の種類と目ヤニの症状と対策方法

  2. 猫のおもちゃ

    猫好きなら知っておきたい日本の固有種である日本猫の特長

  3. 猫も人間も信頼できる動物病院の選び方について

  4. 猫のしっぽ

    猫のしっぽで分かる8つの気持ち

  5. 猫

    飼育前に知っておきたい猫の平均寿命

  6. 猫

    病気ではない毛玉吐きも過剰な場合は特別なケアが必須

  7. 猫が心地よく安全に生活できる部屋の環境を整えよう

  8. 自宅で行う猫のシャンプーのコツ

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の飼い方

    猫
    猫が食べてはいけない食品一覧と猫と人間の年齢一覧…
  2. 猫の特集記事

    猫の寝相
    東京でおすすめの猫カフェ5選
  3. 猫人気

    初めて猫を飼う人必見、用意するべき7つのもの
  4. 猫の飼い方

    猫
    猫が臭いに反応して唇を引き上げる症状と猫に危険な…
  5. 猫人気

    猫
    猫の健康維持に野菜は必要か?不必要か?
  6. 猫人気

    猫に好かれるトイレ選びのおさえるべきポイントと注…
  7. 猫の飼い方

    猫が快適に暮らすためのトイレトレーニングと注意点…
  8. 猫の飼い方

    東京にある人気の猫カフェ3軒のご紹介
  9. 猫の飼い方

    猫
    猫のあくびをする時の気持ちとロシアンブルーの特徴…
  10. 猫人気

    猫
    猫のドライフードとウェットフードの違い
  11. 猫人気

    猫
    安心安全!失敗しない猫のキャリーバッグの選びかた…
  12. 猫人気

    猫へのおやつの与え方と気を付けたいポイント