猫

猫のくしゃみの原因と症状や猫の種類別値段相場

猫がくしゃみをしていると、「もしかして具合が悪いのかも」と心配になってしまいます。猫は話すことができないので、具合が悪くても飼い主に訴えることはできません。そのため飼い主が猫の様子をよく観察してあげることが大切です。そこで今回は、猫がくしゃみをする原因と、病院に連れて行くタイミングを紹介します。

猫がくしゃみをするのは珍しいことではない

猫がくしゃみをするのをあまり見たことがないという人は多いですが、実は猫がくしゃみをすることはさほど珍しいことではありません。猫がくしゃみをする原因は、人間と同じでほこりや刺激的なにおいによるものがほとんどです。ほこりや刺激的なにおいが原因のくしゃみはいわば生理的な現象のひとつなので、単発のくしゃみをしているときは心配する必要はありません。また、生理的なくしゃみの場合はくしゃみ以外の症状がほとんど見られないことも特徴ですので、そのまま様子を見ておいて問題ありません。

風邪が原因でくしゃみをすることも

猫のくしゃみの原因の多くは先に紹介したような生理的なものがほとんどですが、時に風邪が原因でくしゃみをすることもあります。風邪が原因の場合、鼻水や目やにとともにくしゃみをすることが多いです。鼻水や目やにがくしゃみと一緒に症状として現れるのは、まだ風邪の初期段階です。数日様子を見て落ち着いてくるようなら、家庭で様子を見てあげましょう。食欲が低下したり体が熱く熱っぽいようであれば動物病院に連れて行き、診察を受けることをおすすめします。風邪が重症化すると、一見完治したように見えても体内にウイルスが残っていて、くしゃみが慢性化してしまうこともあるようです。

慢性的な鼻炎でくしゃみをする猫もいる

風邪を引いているわけでもないのに、くしゃみをしている姿をよく見かけるという場合、慢性的な鼻炎を患っている可能性も否定できません。初めは水っぽい鼻水が出ますが、症状が悪化してくるとべたべたした鼻水に変わってきます。べたべたした鼻水は鼻づまりの原因にもなり、呼吸がしにくくなったりにおいが嗅ぎ分けづらくなったりという弊害も出てきます。アレルギーや室内の乾燥などが原因の鼻炎であれば自然に治ることもありますが、ウイルスが原因の場合は治りにくいという特徴があります。初期の段階で治療を始めれば重症化を防ぐこともできるので、一度病院で診てもらうといいでしょう。

子猫や老猫がくしゃみをしている場合はすぐに診てもらおう

1歳から7歳までは成猫と呼ばれ、体の成長も安定しているためちょっとした風邪なら自然に治ることがほとんどです。しかし1歳未満の子猫は体力がまだ十分ではなく、消化器官や内臓などの成長も未熟な状態です。軽い風邪からあっという間に重症化し、命を落としてしまうことも珍しくありません。生後6か月未満の子猫は特に注意が必要で、こまめに様子を見てあげる必要があります。子猫だけでなく、老猫もくしゃみの症状が見られたら注意してみてあげてください。猫は7歳からシニアといわれ、7歳を過ぎたころから少しずつ体力が衰えていきます。具合が悪くなくても食事量が減っていきますから、普段と比べて食欲がないなどの様子がないか、毎日チェックしてあげましょう。室内飼育の猫は平均寿命も延びています。10歳を過ぎたら特に注意をして見てあげましょう。

ここ数年はこれまでにないほどに盛況な猫ブームが起きていると言われています。

猫はしつけや散歩の手間がかからないことから忙しい現代人のライフスタイルにマッチしていることがその理由でしょう。

そのような背景を受けペットショップの店頭に並ぶ猫の種類も数倍に増えています。

ここでは一般的な猫の価格相場をご紹介させていただきます。

新品種、特長的な猫は30万円以上

猫にも流行や人気があります。特にマンチカンの様にこれまでにいなかった特徴的なアピールポイントをもっているとその価格は他猫の数倍にも高騰します。

マンチカンが人気の理由はその体形が特徴的なだけでなく丸顔、穏やかな気質、中型サイズと日本人の好む特長を数多く合わせてもっていることも関係しています。

日本では今海外を原産とする猫が多数販売されていますが、実はこれらの猫の人気を抑え日本猫が堂々に人気ぶりです。マンチカンの顔立ちは古くからいる日本猫に似通っていることもあり高く評価され愛されているのです。

ただマンチカンはまだまだ国内の飼育頭数が少ない上に、人気の毛色ともなると30万円、50万円という驚きの価格がつくこともあります。

同種猫の特長違いは半額以下になることも

マンチカンと並び人気の猫種はスコティッシュフォールドを挙げることが出来ます。マンチカンより数年早く話題になり、丸顔で垂れた耳が可愛らしいと愛され、一躍人気になりました。

実はマンチカンやスコティッシュフォールドは遺伝的にみると劣性遺伝つまりは突然変異で誕生した品種です。

そのため繁殖においては足の短いマンチカンと足の長い通常の猫の体形をしたマンチカンを掛け合わせる、耳の垂れたスコティッシュフォールドと耳がピンと立ったスコティッシュフォールドを掛け合わせるというルールがあります。

この掛け合わせのルールを守らずに同形質同士でかけ合わせを行うと、遺伝的疾患を持ち誕生する危険性が高まります。

そのため誕生する子猫のうち数頭は足の長いマンチカンや耳が立ったスコティッシュフォールドが誕生します。

このような形質をもっていても純血であることには変わりがないので当然血統書も発行されます。しかし世間一般のイメージと相まっていることからこれらの猫は相場の半額程度の価格設定になることもあります。

胴長短足や耳の形状に捕らわれず猫との相性や第一印象を重視した場合、このような猫を選ぶことも選択肢として考えてみましょう。

平均的な価格は15万円前後

一般的に猫の平均的な価格相場は15万円ほどです。この価格は血統証が付き、販売前に獣医師の診断を受け、健康管理をされていることが前提の場合です。

猫の中でもメス猫の方がオス猫よりも若干価格が高額になります。これはマーキングを敬遠することやサイズの小柄さなどが理由です。ただいずれの場合も早期の避妊去勢が推奨されていることから、実際の生活面ではさほど差異を意識することもないでしょう。

中には大変安価で雑種の猫を販売するケースも見られますが、猫は一見健康そうに見えていても実はデリケートで体調不良を抱えていることもあります。

猫を家族に迎える場合は、それぞれの適正価格があるという事を理解し、納得をしたうえで購入を決定しましょう。

関連記事

  1. 猫

    人間にも感染の危険がある猫の病気の基本情報

  2. 猫

    猫のアレルギーや症状と猫の睡眠時間が多い理由

  3. 猫

    千葉で人気の猫カフェランキングと性格別猫の選び方のコツ

  4. 猫

    猫を留守番させる時に注意すべき3つのポイント

  5. 猫

    京都で訪れたい人気猫カフェ3店のご紹介

  6. 猫

    猫の行動から分かる気持ちと猫の目やにの見分け方と病気の症状

  7. 猫

    猫が食べてはいけない食品一覧と猫と人間の年齢一覧

  8. 猫アレルギーの具体的な症状とその対策

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の飼い方

    猫
    短毛で飼いやすいと人気の猫種を扱うブリーダーのご…
  2. 猫人気

    猫
    猫の認知症の症状や予防法について
  3. 猫の飼い方

    猫を連れて行く、かかりつけの動物病院を選ぶ際に気…
  4. 猫人気

    危険があることも!猫の首輪の正しい選び方と注意点…
  5. 猫の飼い方

    猫
    猫のまばたきをする時の気持ちや病気と平均体重と肥…
  6. 猫人気

    キャットフードのドライとウェット、違いやメリット…
  7. 猫人気

    猫にリードをするメリット・デメリットと慣らし方
  8. 猫の飼い方

    猫
    猫の行動から分かる気持ちと猫の目やにの見分け方と…
  9. 猫人気

    猫
    猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは
  10. 猫の飼い方

    猫
    猫の行動に隠された本当の気持ちが理解できる解説
  11. 猫人気

    猫ビギナーにおすすめの猫の種類と性格
  12. 猫の飼い方

    猫
    京都で訪れたい人気猫カフェ3店のご紹介