猫の品種

猫のしっぽが表す気持ちのパターン3種

猫は一見クールな表情をいつも保ち、物事にも動じていないように見えますが実は好奇心が旺盛で喜怒哀楽がはっきりと表れる動物です。

猫の表情や気持ちは顔ではなく尾の動きに現れることが多々あります。猫の尾の動きのパターンを理解すると猫とのコミュニケーションがより盛んになり楽しくなります。

大きく毛を逆立て太くなっているときは怒りのサイン

猫の尻尾は顔よりも断然表情が豊かです。猫が平常時に比べ尻尾を大きく膨らませているように見える場合は相当な危険や緊張を感じているサインです。この時尻尾自体が大きくなっているわけではなく、尻尾の毛を逆立てているのでこのように見えます。

この時背中を丸め、爪先だちになることもあります。猫は最大限の攻撃、警戒態勢にいるので無暗に抱き上げたり、触れたりすることで飼い主さえも怪我をする危険があるので注意をしましょう。

もし猫が警戒をしている対象が目の前にある場合はその場から遠ざけ猫の興奮を鎮めてあげましょう。

逆に猫が尻尾をだらんと下げ、頭を下げた姿勢にある場合は相手にはかなわないと感じ逃走体勢にあるサインです。

猫が極限まで追い詰められている場面ですから速やかに抱き上げ保護をしてあげましょう。キャリーバックなどに入れ視界を遮ることも効果的です。

左右に大きくゆっくりと揺らす場合は狙いを定めているサイン

好奇心が旺盛な猫は揺れるカーテンや飼い主の洋服の裾、テーブルにおかれた紙袋など様々な物に関心をひかれます。

そのような時遠く離れた場所からじっと対象を見つめ狙いを定めていることがあります。猫がしっぽを全体的にブンブンと左右に大きくゆっくりと振っている時は興奮気味、狙いを定めている、襲撃のタイミングを見計らっているサインです。

不意のタイミングで標的に襲い掛かったり、紙袋の中に飛び込んだり、カーテンに飛びつくこともあります。

猫にとってこのタイミングはテンションが上がり真剣に集中しているときですから、あえて邪魔をせず見守る方がよいでしょう。ただし猫が狙っている標的が危険な物、大切な物という場合は猫が飛びつく前に撤収をしましょう。

体をこすりつけながら尻尾を大きくふる場合はマーキングの意味

猫はとても縄張り意識が強い動物です。そのため自分の所有物には自分の臭いをつけマーキングをする習性があります。猫が飼い主の脚や持ち物に体をこすりつけ、大きく尻尾をくゆらせる行動もまさにマーキングです。大好きな飼い主が自分の所有であることをあらためて主張するための行為です。

マーキングをしているときの猫は基本的にはご機嫌な状態にいるので、尻尾は大きくゆったりと振っています。もし猫とスキンシップをしたり、ブラッシングや爪切りのお手入れを済ませたい場合はこのマーキングのタイミングを上手に活用するとスムーズです。マーキングの合間に猫をだきあげ、リラックスできるようにマッサージをしてあげてからブラッシングを済ませましょう。

ただ猫が嫌がる場合や途端に表情が変わる場合無理強いをしないように猫をすぐに開放してあげましょう。猫はとても気まぐれですから些細なことでご機嫌を損ねてしまいます。

くれぐれもマイペースな猫の機嫌を損ねないよう注意しましょう。

関連記事

  1. 猫

    オス猫に多い排尿に関わる病気とその症状

  2. 猫

    猫の行動から分かる気持ちと猫の目やにの見分け方と病気の症状

  3. 猫

    猫の健康を維持するためのキャットフードの選び方を勉強しよう

  4. 猫が心地よく安全に生活できる部屋の環境を整えよう

  5. 猫

    猫のしゃっくりの原因と病気の症状とメインクーンの性格や特徴

  6. 猫の留守番

    猫に留守番をさせるときの方法と留守中に注意したいこと

  7. 猫

    猫のトイレのしつけ方法と猫砂の選び方とつきやすい寄生虫の種類と取り除き…

  8. 猫のしっぽ

    猫にまたたびの効果や危険性と福岡で訪れたい人気猫カフェ3選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA