猫

猫のまばたきをする時の気持ちや病気と平均体重と肥満度一覧

ヒトはまばたきを意識してできますが、無意識のまばたきが多いです。ヒトは意識してまばたきができますが、合図(ウインクなど)とかではない限り、まばたきで感情を表わすことはしません。猫のまばたきはどうなのでしょうか。本稿では猫のまばたきの意味やその頻度から分かることを取り上げます。

猫の身体の機能としてのまばたき

動物のまばたきを目をうるおすためにしています。涙を浸透させて栄養分や酸素の供給、ゴミや細菌の侵入を防ぐ、表面の保護などをするためです。目が乾いてしまうと、ドライアイと呼ばれる状態となり、目の疲れや不快感の原因となり、目の細胞を壊して病気へと繋がる原因ともなるのです。

ヒトのまばたきは3秒に1回といわれますが、猫のまばたきはどうなのでしょうか。実は猫のまばたきはヒトより少ないのです。なぜかというと瞬膜(第三眼瞼・だいさんがんけん)と呼ばれる器官があり、まぶたは垂直方向に動きますが、別に水平方向に動いて閉じ眼球を保護する透明の膜が存在するからです。猫の飼い主は猫が眠いときなどの目を開けて観察していると白い膜がかかった状態を見ることができます。あれが瞬膜と呼ばれるものです。

ゆっくりとした猫のまばたき

猫はゆっくりと両目でまばたきをすることがあります。これはまばたきを向けた相手に対する親愛の情を表しています。そのときに相手にお尻を向けたりする行動も伴うことがあります。ヒトは感情を表すときはまばたきを用いることは少ないと思われますが、猫は愛情を持った相手であればよくこの行動をしますね。ちょうど両目でウインクをしているような形です。

猫同士での愛情表現であるこの行動を使って、飼い主からも親愛の情を示すこともできます。こちらからゆっくりまばたきしてあげて、猫からも返されたら飼い主を信頼している証拠です。また、知らない猫を見かけたら両目でゆっくりとウインクしてあげることで相手に敵意がないことを示せるでしょう。

猫がじっと見つめる意味

猫は危険から逃げるときに、危険が遠のいたと感じたら、じっと見つめて様子を観察する習性があります。また、猫とじっと目を合わせる行為は人同士のにらみ合いに近い意味を持っていて、いつ相手に飛びかかっていってもおかしくない状態です。家で猫をじっと見つめると猫が癖になる場合もあるようなので避けたほうが無難でしょう。飼い主が一生懸命見つめても、猫はあまり目を合わせようとしないからといって無視をしているわけではないということですね。

猫のまばたきが異常な場合の病気

まばたきの回数が異常に増えるのは病気のサインの可能性もあります。他にしきりに目を気にする、涙の量が増える、光をまぶしがる仕草をすることがあれば病気を疑いましょう。

猫の病気「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」

眼瞼内反症とはまぶたが内側に曲がりこんでしまった状態のことを指す症状です。猫のまぶたを形作るヒモ状の靭帯が遺伝や、体重減少、他の目の病気によるけいれんが原因で引っ張られたり、ゆるんでしまうことがあります。その状態になるとまぶたが内側に反り返って目を傷つける原因になります。結果的に結膜炎や角膜炎、流涙症へとつながってしまいます。治療法としては被毛の除去や手術も考えられます。猫を観察して病気のサインが見られたら動物病院で適切な処置をしてもらいましょう。

猫の病気「眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)」

眼瞼内反症とは逆でまぶたが外側に曲がりこんでしまった状態を指す症状です。外側にめくれることで普段は内側に合ったまぶたの結膜をさらすことになります。その結果、細菌への感染、涙の排水ができなくなるといった状態を引き起こします。眼瞼外反症が見られたら動物病院で適切な処置をしてもらいましょう。

猫は平均体重からどれくらい離れると肥満と診断されるのでしょうか?本稿では猫の平均体重や肥満度の調べ方、肥満のリスクについて取り上げます。

猫の平均体重はどのくらい?

猫は1年を過ぎたら成猫(せいびょう、人間でいう大人)であるといわれています。成猫の平均体重は3.5~4.5キログラムです。仔猫の平均体重は以下のとおりです。

・生まれたばかり……約100~120グラム

・1週間……約200~250グラム

・2週間……約250~300グラム

・3週間……約300~400グラム

・1ヶ月……約400~500グラム

・2ヶ月……約950~1000グラム

・3ヶ月……約1~1.5キログラム

・6ヶ月……約2.5~3キログラム

・9ヶ月……約3~3.5キログラム

2ヶ月くらいで体重は倍になり、大きく成長していきます。人間でいう成長期のようなものでしょうか。また、小型の猫は2~4キログラム(シンガプーラなど)で大型の猫は6~9キログラム(メインクーンなど)の平均体重です。

イエネコは太りやすい

イエネコはオスのマーキング行為、発情期の鳴き声の迷惑、発情期になる度に不特定の猫と交配を重ねることによる感染症への不安などから去勢手術、避妊手術をすることが多いです。

オス、メスともに手術によりホルモンバランスが崩れます。メスの場合は食欲が増進されて、食べる量が増え肥満になりやすくなります。オスの場合はエネルギーの効率が良くなり、普段の量の食事でも太りやすくなるそうです。

また、室内飼いによる外に出たい!というストレスを食事で発散させることにより太りやすくなる猫もいるようです。オス猫に見られる特徴です。

猫の肥満の見分け方

猫が肥満と判断される基準は理想体重の120%以上です。理想体重とは猫の年齢が1歳となったときの体重のことです。猫の体重を管理する場合は飼っている猫が1歳になったときの体重をチェックしておきましょう。また、体脂肪率は35%以上となると肥満と判断されます。

他にBCS(ボディコンディションスコア)と呼ばれる痩せすぎから肥満までを判断する指標があります。実際に猫を見て触って判断します。肥満と判断するための具体的な内容は以下のとおりです。

・肋骨……厚い脂肪に覆われ触ることは非常に難しい

・骨格……厚く弾力のある脂肪に覆われている

・体型……非常に厚い脂肪に覆われ腰にくびれはない

猫の肥満のリスク

イエネコは太りやすく、40%の飼い猫は肥満であるというデータがあります。肥満になるのは少々仕方ない節もあります。しかし、人間同様に猫も肥満になると病気になるリスクが増えます。具体的には循環器、呼吸器の疾患、脂肪肝や糖尿病のリスクが上がります。

猫の肥満の対策

飼い主にできる一番の対策は食事の量を調整してあげることだと思います。肥満にならないために仔猫の頃から適量の食事を与えることが大切です。

すでに肥満である猫を飼っている場合は、食事の量を多めに与えていた場合、食事の量を毎日少しずつ減らしていくことが猫にストレスを掛けずに体重を減らすことできます。

成猫に適切な餌の量を与える公式があります。「1日の総摂取カロリー=体重×80カロリー」で求めましょう。(以下は350キロカロリー/100グラムの成猫用ドライフードで計算します。キャットフードの成分表示をよく見て計算して下さい。)

・2キログラムの猫……2×80キロカロリー=160キロカロリー(ドライフード約50グラム)

・3キログラムの猫……3×80キロカロリー=240キロカロリー(ドライフード約70グラム)

・3.5キログラムの猫……3.5×80キロカロリー=280キロカロリー(ドライフード80グラム)

・4キログラムの猫……4×80キロカロリー=320キロカロリー(ドライフード約90グラム)

・4.5キログラムの猫……4.5×80キロカロリー=360キロカロリー(ドライフード約100グラム)

・6キログラムの猫……6×80キロカロリー=480キロカロリー(ドライフード約137グラム)

・7キログラムの猫……7×80キロカロリー=560キロカロリー(ドライフード160グラム)

・8キログラムの猫……8×80キロカロリー=640キロカロリー(ドライフード約182グラム)

・9キログラムの猫……9×80キロカロリー=720キロカロリー(ドライフード約205グラム)

成猫は1日2回食事を与えれば十分なので、括弧内の量のドライフードを2回に分けて与えれば良いということになりますね。

関連記事

  1. 猫

    飼育前に知っておきたい猫の平均寿命

  2. 猫

    短毛で飼いやすいと人気の猫種を扱うブリーダーのご紹介

  3. 猫に必要な季節ごとのお世話

  4. 猫

    猫の健康チェック方法と長生きさせるための飼い方のコツ

  5. 猫の遊び

    猫と1日に遊ぶ時間はどれくらいが理想か

  6. 猫

    猫の健康を維持するためのキャットフードの選び方を勉強しよう

  7. 猫

    日本猫の種類とその性格

  8. 猫

    大きな猫を飼いたい方にお勧めの大型猫ブリーダーの紹介

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の飼い方

    猫
    猫のくしゃみの原因と症状や猫の種類別値段相場
  2. 猫人気

    猫
    猫にケージを用意したほうがよい3つの理由
  3. 猫人気

    猫の姿勢
    幸運を運ぶ猫、オッドアイの不思議な魅力とは
  4. 猫の飼い方

    猫の姿勢
    猫が水を飲まないときに飲ませる方法
  5. 猫の飼い方

    猫に必要な季節ごとのお世話
  6. 猫人気

    猫
    耳折れ猫スコティッシュフォールドの特徴とは
  7. 猫の飼い方

    猫
    避妊去勢でトラブル回避につながる猫の発情期
  8. 猫の特集記事

    猫アレルギーの具体的な症状とその対策
  9. 猫人気

    猫
    猫のリラックスして過ごせる部屋の適温について
  10. 猫人気

    猫
    安心安全!失敗しない猫のキャリーバッグの選びかた…
  11. 猫人気

    危険があることも!猫の首輪の正しい選び方と注意点…
  12. 猫人気

    猫
    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策…