猫

猫のトイレのしつけ方法と猫砂の選び方とつきやすい寄生虫の種類と取り除き方

新しく猫を飼ったときに必要なのがトイレのしつけです。トイレのしつけが十分ではなく室内飼いではない場合に外で用を足してしまうと、ご近所トラブルの元ともなってしまいます。

本稿では猫にトイレを覚えさせる方法やおすすめの猫砂や猫のトイレを選び方を取り上げていきます。猫を飼い始めようと考えているときに参考にして下さい。

猫へのトイレのしつけ方

これから猫を飼い始める場合に必要なのがトイレのしつけです。猫はトイレがしたいときには床の匂いを確かめる(クンクンと何度も嗅ぐ)、辺りをキョロキョロする、臀部をむずむずさせる、床を引っ掻いている(手で何かを払うような行動)など、さまざまなサインを出します。

トイレサインを確認したら、あらかじめ用意しておいたトイレの砂の上に連れて行きます。飼い始めのうちは猫をよく観察して、しつけを何度も繰り返すことが大切です。早ければ1日でトイレの場所を覚えますが遅い子猫だと1週間程度掛かる場合もあるため、じっくりトイレのトレーニングを一緒にしてあげましょう。

猫のトイレの設置場所

猫はできるかぎり尿を凝縮するため匂いが強いです。できるだけ風通しの良い場所を選ぶと良いでしょう。猫は性格上、静かな場所や人目につかないところを好む傾向があり、そのような場所にトイレを設置すると良いでしょう。排泄時はあまりジロジロ見ないようにしてあげましょう。

トイレの掃除に使う道具はトイレ付近に置いておくとすぐに掃除に取り掛かれて便利です。猫の砂は袋に入っていて、やんちゃな猫だと破いてしまうこともあるので、引っ掻いても破けないようにケースなどに入れておくと惨事にならずにすみます。

猫のトイレの選び方

猫のトイレはどのようなものを選べば良いのでしょうか。猫が勢い良く砂を掻いてしまうとトイレ外に砂が飛び散ってしまいます。よって、掃除しやすさの観点からドーム型のタイプがおすすめです。前までは横から入るタイプが主流でしたが、最近では上から入るドーム型のタイプがあり段差を上下させることで爪に付着した砂まで落として出てきてくれるようです。

システムタイプのトイレは容器の構造がすのこの上に専用砂、下にマットやシートを置くようになっています。おしっこを含み固まった猫砂や尿はそのままマットなどに落ちるように工夫されています。おしっこの掃除が数日~1週間に1回程度で済むトイレのことを言います。

システムトイレが主流となっており掃除が楽になるのでおすすめですが、シートで尿を受け止める構造上、漏れてしまうことも考えられるので注意が必要です。

また、トイレを長く利用したいなら成猫になったときにどれくらいの大きさになるのか考えてトイレを選ぶことも大切です。猫が大きくなると、トイレが小さい場合に上手く砂を排泄物にかけることができなくなってしまいます。そうすると匂いの原因になるため、トイレを選ぶときは大きさも考えて選ぶと良いでしょう。

猫砂の選び方

猫砂を選ぶときは、まず買ったトイレがシステムタイプがそうでないかによって見分けましょう。システムトイレの場合はおしっこは専用のシートに、うんちは比較的大きめの砂で対応するようにできています。

砂の大きさは少し大きめのものがおすすめです。細かい砂だと掃除時に砂埃が起こってしまい掃除しにくさを感じます。また、猫の爪の間に挟まってしまい部屋の至る所に砂が落ちる原因になります。

猫砂は頻繁に取り替えるものなので、猫のトイレの様子を観察して猫が上手く扱える猫砂を選ぶのが一番良いと思います。匂いに関しては猫が砂を上手に扱えるかどうかが重要です。それには個体差がありますので、飼い始めうちは色々と変えてみるのが良いのではないでしょうか。飼い主もトイレを横切ったときなどに匂いがどうかを逐一確かめてみるといいですね。

猫に巣みつく寄生虫

可愛い可愛いうちの猫ちゃん。ですが、知らないうちにその可愛い猫ちゃんに可愛くない虫が住み着いていたら…。猫の健康を害するだけでなく、人間に感染する寄生虫もいます。日頃の観察と、あらかじめどんな寄生虫がいるのか、知っておくことが大切になります。

体内に寄生する代表的な虫

猫の体内に寄生する代表的な寄生虫とその特徴です。
・回虫
3~12センチくらいの白く細長い形状です。母猫からの胎盤感染、感染したネズミなどを食べる、卵を毛づくろいなどで食べることなどで感染します。

・鉤虫
1センチくらいの白い虫です。腸に寄生し、血を吸います。

・瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)
節が連なったような形をしています。ノミから感染します。腸に住み着き、便と一緒に卵入りの節を体外に出します。その卵をノミが食べ、食べたノミを猫が食べることでまた体内に侵入します。健康への害は特にありませんが、肛門から出てくることもあり目に付くことが多いので。とても、気持ち悪いですがおかげで早く気付くこともできます。

寄生されると表れる症状

・元気がない、食欲がない

・消化不良、下痢

・発育不良

・お腹が張る

・血便が出る

などの症状が出ます。また、便に寄生虫の一部が出てくることもあります。猫自身の観察、排泄物のチェックで気付くことができます。

体内の寄生虫の駆除は?/

まず、検便検査をします。お腹の中に住み着いてしまった虫は、虫下しの薬を飲むことで駆除します。ただ、成虫は死んでも卵が残っていることもありますので、すぐに薬を止めてしまわず定期的に検査と、処方の通りに薬を与えるようにすることが再発の予防に大切です。

皮膚に寄生する代表的な虫・

・ノミ
ゴマくらいのサイズの黒い虫です。吸血します。とても高く跳びはねます。

・シラミ
1~2ミリの楕円形です。毛の根元にひっつき、かゆみとフケが出ます。

・疥癬(かいせん)
目に見えないほど小さいダニです。皮膚に潜り込んで、皮膚病になります。とても痒がります。

・ミミダニ
耳の中に住み着き、外耳炎を起こします。耳を痒がって、黒い耳垢がたくさんできます。

夏に活発になりますが、近頃は冬でも暖房で室内が暖かい状態を多いので一年を通して感染の危険はあります。

皮膚の寄生虫の駆除は?

ほとんどの虫は、スプレータイプや首に垂らすタイプの薬で駆除できます。「フロントライン」「レボリューション」という名前で、市販薬とは効果が違いますので、動物病院を診察して処方してもらいます。

寄生虫は人にも感染するの?

猫の寄生虫は人間にも寄生できます。症状こそ軽く重篤には至らないものの、気持ち悪いですよね。皮膚に寄生する虫にいたっては猫と寝る、キスする、撫でるなどで簡単なことで感染します。

予防するには

ノミやダニは人も注意しなければいけない存在ですので、家の掃除をしっかりすることが最大の予防です。また、人間が持ち込んでしまうこともありますので、完全室内飼育でも安心はできません。

一番危ない時が、すでに猫を飼っているお宅に新しく猫を迎える場合です。特に野良猫でしたら、まず間違いなく寄生虫を持っていると思ってください。そうしますと、同じ家で飼われている猫すべてに感染してしまいます。新しく猫を迎える場合はまず寄生虫の検査と駆除をし、駆除が終わるまではほかの猫から隔離しておくなどの対処をして感染を防いで下さい。

つい忘れてしまいがちですが、「動物に触った後は石けんで手を洗おう」と小さい頃に言われたような覚えのあるこの方法が基本的ながら大切な予防法です。「うちの猫は絶対大丈夫」という保証は、どこにもありません。

関連記事

  1. 自宅で行う猫のシャンプーのコツ

  2. 猫

    猫の食欲があるのに体重が落ちた時の対処方法と抜け毛対策

  3. 猫の遊び

    猫と1日に遊ぶ時間はどれくらいが理想か

  4. 猫

    千葉で人気の猫カフェランキングと性格別猫の選び方のコツ

  5. 猫

    日本の雑種猫の毛柄の種類と特徴や猫がいる家でこたつを使う時の注意点

  6. 猫

    猫の飼いやすい人気の種類ランキングと目の病気と対処方法

  7. 猫

    猫の歯磨きの方法と口臭の予防と対策

  8. 猫

    知っておきたい猫の去勢避妊手術のメリットとデメリット