猫

猫の移動に便利な洗濯ネットと猫のマーキング行為の意味と対策

猫を動物病院に連れて行くときに、キャリーバッグに猫を入れていくことがほとんどだと思います。より安全に、そして猫が安心して移動できるためには、洗濯ネットに入れてからキャリーバッグに入れることが効果的といわれています。「猫を洗濯ネットに入れるなんて狭くてかわいそう」と思われがちですが、洗濯ネットに入れて猫を移動させることはとても有効です。猫の移動に洗濯ネットが有効だという理由を紹介します。

洗濯ネットが予期せぬ脱走を防ぐ

完全室内飼いの猫が増えた今、猫は家の外に出ることがほとんどありません。外の世界を知らない猫は、移動中にパニックになってキャリーの中で暴れてしまうこともあるかもしれません。キャリーのふたやファスナーが予期せず開いてしまい、猫が脱走してしまったということも珍しいことではありません。もしキャリーが開いてしまっても、洗濯ネットに入れておけば脱走を防ぐことができます。こういった予期せぬ脱走を防ぐために、洗濯ネットに猫を入れてからさらにキャリーに入れて移動することが好ましいとされています。

洗濯ネットの狭さが猫を安心させる

猫は暗いところや狭いところが大好きです。家の中でも姿が見えないと思ったら、小さな段ボールの中で寝ていたということも少なくありません。猫は暗く狭いところに入ると安心感を覚え、気持ちを落ち着けることができます。猫にとって外出は大きなストレスとなりますから、洗濯ネットで猫を包み込むようにしてあげると、ストレスを軽減させてあげることができます。洗濯ネットに入ると、もしパニックを起こしてしまっても暴れることはできません。動きを封じ気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。

猫の安全を守るために移動時は洗濯ネットを使おう

実は洗濯ネットは、動物病院でも猫に対してよく使われているアイテムです。特に入院中などは慣れない環境にパニックになり、猫が柵に噛みついて口を傷つけたり、ケージに爪をひっかけて折ってしまったりというけがをしてしまうこともあります。こういった思わぬけがを防ぐために、猫を洗濯ネットに入れる動物病院もあるのです。自宅から動物病院に連れて行くときに、慣れないキャリーに入れられてパニックになり、大暴れしてけがをしてしまうかもしれません。猫を連れての外出は何が起こるかわかりません。猫を洗濯ネットに入れるのは、思わぬけがを防ぐ意味もあります。

洗濯ネットは猫より少し大きめのものを

洗濯ネットに猫を入れる場合、猫のサイズよりも少し大きめのサイズを選ぶといいでしょう。あまり小さすぎると猫が窮屈に感じ、思うように体を動かせないことがストレスとなってしまいます。反対に大きすぎると、猫がある程度自由に動けてしまうためパニックを助長してしまうかもしれません。また、目が詰まっている洗濯ネットよりも目が粗く中の様子がよく見えるものを選びましょう。おとなしい猫は洗濯ネットに入れることは容易いことですが、暴れてなかなか入れられない猫もいます。洗濯ネットに入るのを嫌がる場合は、上からタオルをそっとかけて猫をいったん落ち着かせ、タオルごと洗濯ネットに入れてみてください。ファスナーを5cmほど残して閉め、開いている5cmの隙間からタオルを取り出しましょう。

猫のマーキング行為はどのような種類があり、どのような意味を持っているのでしょうか。猫を飼うとヒトにとって困るのが、屋内でスプレーと呼ばれるマーキング行為をしてしまうことです。本稿では猫にとってマーキングがどのような意味があるのか、またマーキング(スプレー)の対処法などを取り上げています。

猫のマーキングの種類

猫のマーキングとは自分のなわばりに自分のニオイをつける習性のことをいいます。猫のマーキングにはいくつか種類かあります。

ひとつは頭部や頬や顎の部分のウィスカーパッド(猫のω部、口周りのこと)をなすりつけて行うマーキングです。猫の頬や顎にはニオイを発する分泌腺(臭腺)があり、その分泌するフェロモンはフェイシャルフェロモン(顔フェロモン)と呼ばれます。

もうひとつは爪とぎによるマーキングです。猫は壁紙やバッグなどで爪とぎをしてしまうことが多々あります。実はこれはマーキング行為だったのですね。猫の肉球にも臭腺が存在しフェロモンの分泌をします。足からもニオイを発しているのです。

上で紹介したの2つのフェロモンはヒトには分からないものですが、もうひとつのフェロモンはヒトでも感知できます。それがスプレーと呼ばれる、もっとも有名なマーキング行為です。肛門腺と呼ばれるフェロモン分泌腺から、ニオイを発して少量のおしっことともにスプレーのように噴射します。普段のおしっこよりはかなりきついニオイを放ちます。

猫はなぜマーキングをする?

猫が分泌するフェロモンにもいくつか種類があり、例えばフェイシャルフェロモンであればF1~F5までの名前がついたフェロモンがあります。それぞれ違った機能を持っていて未だに不明な部分が多いです。猫がしたマーキングにより、その意味を断定することはできませんが、フェロモンの機能により下記のような意味ではないかといわれているようです。

・顔をなすりつけるマーキング……リラックスしているときや不安要素を取り除いて安心できる状態にする意味があります。飼い主が猫に手を差し伸べると口周りををなすりつけますね。リラックスしている状態と思われます。また、新しいものが家にやってきたときも顔をなすりつけて自分のニオイをつけます。自分のニオイをつけて不安要素を取り除いていると考えられます。

・爪とぎによるマーキング……自分の存在をアピールするための意味を持つと考えられます。思い立ったようにカーペットや壁を爪とぎするのは、ここに元気な猫がいることを示しているようです。

・スプレーによるマーキング……新しい猫などに対する自分のナワバリを主張する意思表示、仲間への情報伝達、また、発情期にするのがメスを惹きつけるためのオスの性行動であると考えられています。スプレーはオス猫だけではなくメス猫もすることがあります。

猫の情報交換

猫はヤコブソン器官と呼ばれる、フェロモンの分子成分を感知できる器官を持っています。ヤコブソン器官は口の中の上側の部分にあり、鼻で感知するとは別の神経経路で電気信号を送ります。鼻が別なニオイが強く、使えなくなったとしてもヤコブソン器官は機能します。猫同士の情報交換のひとつは臭腺からフェロモンを分泌してヤコブソン器官で行われているのです。

猫のスプレーの対処法

猫のスプレーの対処法としては去勢手術を行うことが一番といわれます。スプレーの行動は基本的には性ホルモンが関係しているからです。

また、原因は発情して性ホルモンが活発になっているときだけではないようです。普段の生活環境(食事、トイレ、多頭飼いなら他の猫)にも原因がある場合もあります。なにかが猫のストレスになっていてその弾みでスプレーをしてしまうこともあります。飼い主は原因を根気よく探し出して、取り除いていってあげる、または慣れるまで待ってあげるという対処が必要です。

関連記事

  1. 猫

    失敗させないための置くだけ簡単な子猫のトイレのしつけ方

  2. 猫

    雄猫のマーキング対策と小さい猫の種類人気ランキング

  3. アメリカンショートヘア

    猫が吐いた時の内容と対策方法

  4. 猫

    猫アレルギーの5つの症状と名古屋周辺の人気の猫カフェランキング

  5. 猫

    猫を室内で飼うにあたっての注意点を確認しよう

  6. 猫

    マンチカンの特徴や性格と猫が咳する時の病気や症状・対策

  7. 猫

    子猫が生後一ヶ月になったら 離乳食&体のお手入れをはじめよう

  8. 猫

    猫が食べてしまうと危険な食べ物や植物について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA