猫の被毛の美しさと健康を保つためのシャンプーの方法

猫シャンプーは、被毛の美しさや、皮膚の健康を保つためにぜひ定期的にやってあげたいことです。猫にとって水に塗れることはストレスになるので、体調の良いときに手早くする方法をマスターしましょう。

猫シャンプーの前に

猫は、体をなめてグルーミングするため、シャンプー剤が残っていると中毒の原因になる恐れがあります。シャンプー剤で洗うことも大切ですが、流すことにも重点を置くようにしましょう。また、必ず猫用のシャンプー剤を使用してください。人間用のシャンプーや石鹸は厳禁です。

スムーズにシャンプーを行うために、タオル数枚、おけ、ドライヤーを準備しましょう。ドライヤーを嫌がる猫の場合は、キッチンペーパーがオススメです。水分をよく吸い込むので乾きが早くなります。

シャンプーを嫌がる猫の場合、水をかけると暴れてしまう可能性もあります。つい爪を立てて暴れてしまい飼い主に怪我をさせてしまうこともあるので、事前に爪きりをしておくと安心です。

猫シャンプーの方法

1.ブラッシング

シャンプーを行う前に、ブラッシングをして余分な毛を取り除きます。このときに猫の体調が悪そうだったり、脱毛や皮膚の異常があるときにはシャンプーは控えてください。

2.体を濡らす

猫の体にぬるま湯をかけて濡らしましょう。お湯の温度は38度くらいにしてください。水圧の強いシャワーや大量のお湯を一度にかけるとビックリして逃げてしまうので、ゆっくり少しづつかけてあげてください。耳に水が入らないように首から下を濡らします。

3.シャンプー剤をつけて洗う

シャンプー剤を手で泡立てて、猫の体全体につけます。マッサージをするように首から下を洗ってあげます。排出時に汚れやすいお尻やしっぽまわりは丁寧に洗ってあげましょう。

4.首まわりをあらう

目や耳にシャンプー剤が入らないように注意しながら、首まわりやあごを洗います。デリケートな部分なので、シャンプー剤を薄めて良く泡立てて少しづつ洗ってあげてください。食べかすがつきやすい部分なので丁寧に洗ってあげましょう。

5.しっかりとシャンプー剤を洗い流す

体全体をシャンプー剤で洗い終わったら、しっかりと洗い流します。このときも水圧の強いシャワーは避けて優しく洗い流してあげてください。すすぎ残しは皮膚病の原因になったり、かゆみを起こすこともあるので洗う作業よりも入念に行う感覚でよく流してください。

6.しっかりと乾かす

シャンプーが終わったら、かるく手で全身を絞り、水分を落とします。バスタオルで猫を抱くように包み込み、水分を吸い取りましょう。このとき、ゴシゴシとこすらずに優しく包み込むようにすることが大切です。長毛種や体の大きな猫の場合は、タオルを数枚使用してよく水分を取ります。

次にドライヤーで体を乾かします。弱風に設定して軽くブラッシングをしながら乾かしてあげましょう。ドライヤーを嫌がる場合はキッチンペーパーを当てて水分を吸い取ってください。

体が乾いたら、シャンプー終了です。シャンプー後には、ツヤのある美しい被毛がよみがえります。もし、被毛のよみがえりが悪い場合は、体調不良の可能性もあります。普段、気になる点がないか観察してあげてください。また、猫にとってシャンプーはストレスのかかることなので、シャンプー後は優しく接して甘えさせてあげてください。

関連記事

  1. 猫を連れて行く、かかりつけの動物病院を選ぶ際に気をつけたいこと

  2. アメリカンショートヘア

    猫が吐いた時の内容と対策方法

  3. 猫に必要な季節ごとのお世話

  4. 猫

    猫がいびきやくしゃみをする時の病気や症状・対策方法

  5. 東京にある人気の猫カフェ3軒のご紹介

  6. 自宅で行う猫のシャンプーのコツ

  7. 猫

    猫と一緒に暮らすなら季節ごとのお世話でより快適で健康に

  8. 猫

    猫のしゃっくりの原因と病気の症状とメインクーンの性格や特徴