猫

猫の食欲があるのに体重が落ちた時の対処方法と抜け毛対策

飼い猫が食餌を摂っているのに痩せてしまうという悩みはありませんか。病気の可能性も考えてしまいますよね。一体、猫の体内で何が起きてしまっているのでしょうか。また、猫にとって問題はあるのでしょうか。本稿では、猫が食べているにも関わらず体重が減少していく原因をテーマに取り上げます。

単純に猫の運動量や基礎代謝が変化したケース

猫が成猫となり外出する機会が増えたなどの理由によって、運動量が増えたという可能性があります。ヒトと同様に猫も摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば体重は減少していきます。この場合は、健康上に問題はありません。

また、加齢により体重の増加によって、猫に必要な摂取カロリーの量は増加していきます。与えるフードの量を増やしましょう。成猫に適切な餌の量を与える公式があります。「1日の総摂取カロリー=体重×80キロカロリー」で求めましょう。(以下は350キロカロリー/100グラムの成猫用ドライフードで計算します。キャットフードの成分表示をよく見て計算して下さい。)

・2キログラムの猫……2×80キロカロリー=160キロカロリー(ドライフード約50グラム)

・3キログラムの猫……3×80キロカロリー=240キロカロリー(ドライフード約70グラム)

・3.5キログラムの猫……3.5×80キロカロリー=280キロカロリー(ドライフード80グラム)

・4キログラムの猫……4×80キロカロリー=320キロカロリー(ドライフード約90グラム)

・4.5キログラムの猫……4.5×80キロカロリー=360キロカロリー(ドライフード約100グラム)

・6キログラムの猫……6×80キロカロリー=480キロカロリー(ドライフード約137グラム)

・7キログラムの猫……7×80キロカロリー=560キロカロリー(ドライフード160グラム)

・8キログラムの猫……8×80キロカロリー=640キロカロリー(ドライフード約182グラム)

・9キログラムの猫……9×80キロカロリー=720キロカロリー(ドライフード約205グラム)

猫は老齢期になると、基礎代謝が下がります。老齢猫に食餌を与える場合は、上記公式を変え「1日の総摂取カロリー=体重×60キロカロリー」で求めるようにしましょう。個体差や品種により少し異なりますが、成猫の場合3~5キログラムであれば正常な体重といわれます。飼い猫の適切な体重の維持を心がけたいですね。

猫の糖尿病のケース

糖尿病とは、食餌によって上がった血糖(血液中のブドウ糖)を臓器に取り込んでエネルギーとして利用したり、タンパク質の合成や細胞の増殖を担当するホルモンのインスリンが分泌量低下を起こしたり、働きが悪くなる病気です。どうして食欲があるのに痩せるのかというとインスリンの働きが悪くなることによって、食餌によって増加した血糖を取り込まなくなり、元々ある体内のエネルギー源を使うようになります。それで体重の減少が始まるのです。また、水を飲む量が増えて、水分摂取が増加することで尿の量や回数も増えます。このような症状と、体重減少が見られる場合、糖尿病が進行している可能性がありますので動物病院を受診しましょう。

猫の甲状腺機能亢進症のケース

甲状腺から分泌されるホルモンには2種類ありトリヨードチロニン(T3)とサイロキシン(T4)があります。その働きはどちらも全身の細胞に作用して、身体の代謝をを上げるものです。これらのホルモンが、遺伝、甲状腺の腫瘍の原因によって過剰に分泌されることにより、体重減少が起こります。また、ニューヨークのコーネル大学が行った調査によると、病気に発症して体重減少が起きた4頭中の3頭は筋肉が落ちています。中でも一般的に痩せといわれるレベルまで体重が落ちるのは3分の1程度で、適切な治療をすれば回復可能な可能性があるともいわれます。日頃から猫の身体を観察して異常が見られれば、動物病院を受信して早期発見を心がけましょう。

猫の寄生虫によるケース

猫に宿る寄生虫は害のないものも多いですが、回虫のような寄生虫は感染してしまうと、食べているのにも関わらず体重は減って行ってしまいます。回虫やうりざね条虫といわれる寄生虫が腸に住み着くと、食事をしても寄生虫が栄養素を吸収してしまうことになります。その結果食欲のある猫のカロリー不足を招いてしまい痩せてしまいます。また、下痢も起こしやすいようです。寄生虫は外出をする猫に特に注意が必要です。あまりにも回虫が腸の中で増えてしまうと、腸閉塞を起こしてしまう危険性もあるので、動物病院を受診して適切な処置の方法を仰ぎ、薬剤で駆除する等しましょう。

猫を飼うと、思った以上に抜け毛の量が多く毎日の掃除が大変だという声をよく聞きます。こまめにブラッシングをしていても、春と秋の換毛期になれば抜け毛の量は倍ほどに増えます。「猫の抜け毛を何とかしたい!」ということは、猫を飼ううえでは永遠のテーマかもしれません。今回はお金をかけずにできる猫の抜け毛対策5選を紹介します。

抜け毛対策①換毛期にはシャンプーを

猫の抜け毛対策として最も有効なのはシャンプーです。シャンプーをすることで猫の毛はある程度抜けてしまいます。シャンプーをすることで猫の体から毛が抜け落ちる前に洗い流すことができます。猫用のシャンプーを使ってもいいですが、猫にあえてシャンプーを使う必要はありません。ぬるま湯で洗い流してあげるだけでも十分です。換毛期の春と秋は特に抜け毛が増えるので、換毛期の時期に合わせて洗ってあげましょう。

抜け毛対策②部屋の湿度をあげる

乾燥している時期は、猫の抜け毛が舞い上がり不快に感じることが多いです。空気が乾燥していると、人が歩くときの空気の流れで猫の毛が舞い上がってしまいます。そうすると部屋のいたるところに猫の毛が飛び散り、掃除も大変になります。空気が乾燥している場合は、部屋の湿度を上げることも抜け毛対策のひとつとなります。霧吹きで空気中に向かってシュッとひと吹きしながら部屋全体を回りましょう。湿度が上がることで猫の毛が舞い上がりにくくなり、掃除をしやすくなります。

抜け毛対策③コロコロは大活躍

カーペット用粘着式クリーナー、通称「コロコロ」は、猫がいる家庭では必需品です。洋服についた猫の毛を取り除いたり、カーペットやソファなど、気になるところをサッと掃除することができます。交換用のものも安価で手に入るので使いやすいという点も魅力です。コロコロは主に掃除用として利用しますが、実は猫に直接使っても大丈夫です。猫の体に直接コロコロを当てて、抜けかけている毛をごっそり取り除きましょう。痛そうと思われがちですが、猫にとっては撫でられている感覚と同じように感じているので心配ありません。粘着力の強いものは、カーペットなどに一度使用し粘着力を弱めてから使いましょう。

抜け毛対策④猫を濡らしたタオルで拭く

最も効果的な対策としてシャンプーをすることを紹介しましたが、シャンプーしてもすぐに毛は抜け始めます。そんなにこまめにお風呂に入れることもできませんし、シャンプーを嫌がる猫も少なくありません。そんな時に試してもらいたいのが、濡らしたタオルで猫を拭くことです。シャンプーほどではありませんが、タオルに毛が絡むことで抜け毛対策となります。猫の毛を湿らせることで、部屋に毛が舞い上がることも防げます。

抜け毛対策⑤やっぱりこまめなブラッシングが◎

部屋中に猫の毛を舞い上がらせないようにしたい、なるべく抜け毛の量を減らしたいというなら、やはりこまめなブラッシングにかなうものはありません。長毛種なら毎日、短毛種でも2~3日に1度のペースでブラッシングをしてあげましょう。こまめにブラッシングをすることで抜け落ちる前に毛を絡め取ることができます。ブラシの種類もたくさんあり高価なものもありますが、すぐに壊れるものではありません。ひとつ用意しておくといいでしょう。

関連記事

  1. 猫

    千葉で人気の猫カフェランキングと性格別猫の選び方のコツ

  2. 猫

    猫の去勢手術・避妊手術について

  3. 猫

    猫のソマリの性格や特徴と爪切り方法

  4. 猫に留守番させるときの準備と気をつけたいこと

  5. 猫

    猫のエキゾチックショートヘアの性格や特徴と名古屋の人気猫カフェランキン…

  6. 猫

    子猫が生後一ヶ月になったら 離乳食&体のお手入れをはじめよう

  7. 猫

    自宅で出来る短毛猫のシャンプー3ステップ

  8. 猫

    猫がすりすりしてくる理由と毛の色別猫の性格一覧

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の飼い方

    猫
    猫の抜け毛の病気とラグドールの性格や特徴
  2. 猫の特集記事

    毛が短い短毛種の猫の特徴とオススメの種類をご紹介…
  3. 猫の飼い方

    猫
    猫の食欲があるのに体重が落ちた時の対処方法と抜け…
  4. 猫人気

    キャットフードのドライとウェット、違いやメリット…
  5. 猫の飼い方

    猫に留守番させるときの準備と気をつけたいこと
  6. 猫の飼い方

    猫
    猫にとって危険な食べ物(危険度別)と植物
  7. 猫の飼い方

    猫
    猫の飼いやすい人気の種類ランキングと目の病気と対…
  8. 猫の飼い方

    猫
    猫の健康を維持するための水の飲ませ方と水分補給法…
  9. 猫人気

    猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット
  10. 猫人気

    猫
    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策…
  11. 猫人気

    猫に多い泌尿器系の病気である尿路結石を知ろう
  12. 猫人気

    猫
    猫と赤ちゃんが幸せに暮らすための3つの工夫