猫

猫を多頭飼いする時のポイントと猫がよだれを垂らす原因・危険性・病気

1匹じゃかわいそうだからと、猫を2匹以上飼っているという家庭も少なくありません。2匹以上飼育することを多頭飼いや多頭飼育といいます。多頭飼いは、猫がただかわいいからという気持ちだけで飼育するのは難しく、猫のことをきちんと考えたうえで飼う必要があります。猫を2匹以上多頭飼いする場合、どのようなことに気を付ければいいのか、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

多頭飼いはスムーズにはいかない

2匹以上を同時に買い始める場合は、どの猫も初めての場所に慣れることで精いっぱいです。2匹同時に迎え入れる場合、新しい環境に慣れるためにお互いが仲間意識を持つケースも少なくありません。しかし先住猫がいて、あとから新入り猫を飼い始める場合はスムーズにはいきません。先住猫は今住んでいる家を縄張りのような認識をしているため、そこへ知らない猫が入ってくるということは大きなストレスとなります。先住猫が新入り猫に対して威嚇をすることもあるでしょう。すぐに猫同士を近づけようとせず、先住猫が落ち着くまでは猫たちの間に人間が入らず見守ります。時間が経てばお互いのタイミングであいさつを交わすので、その時を待ちましょう。先住猫だけでなく新入り猫が警戒するケースももちろんあります。スムーズにいかないからと焦らずに、そばで見守りお互いが仲間だと認識するのを待ちましょう。

また、初めは取っ組み合いのけんかをすることもあるかもしれません。先住猫が「自分のほうが上だ」と知らしめるために猫パンチをしたり追いかけたりします。新入り猫がかわいそうだからと人間が止めてしまうと、上下関係がはっきりせずに猫の関係がうまくいかないこともあります。血が出るようなけんかでなければそのまま見守りましょう。

多頭飼い始める前に新入り猫の検査を

新入り猫を家族に迎え入れる前に、病気や寄生虫などがないかきちんと検査することが大切です。最近の猫は室内飼いが基本です。先住猫がいる場合、ほかの猫が病気を持っていると感染してしまうケースがあります。きちんと検査をして、健康であることを確認してから先住猫と対面させるようにしましょう。それまでは部屋を別にしたりケージに入れておくといいでしょう。ケージは新入り猫を新しい環境に慣らすためにも大きく役立ちます。

先住猫を優先することが多頭飼いの基本

先住猫は新入り猫が来ることで、居場所や飼い主を取られるのでは、という不安を感じることもあるようです。新入り猫が来たばかりのころは、どうしても新入り猫がかわいくてそちらばかり構ってしまいがちです。先住猫のほうがえらい、かわいいと思っている、という気持ちを伝えるためにも、何をするにも先住猫を優先してあげるようにしましょう。撫でてあげるのもご飯をあげるのも先住猫を優先にするように心がけてください。

多頭飼いはお金や手間がかかる

多頭飼いをする場合、猫の数が増えるごとに費用や手間も増えるということを忘れてはいけません。トイレは共用することはできますが、トイレ掃除の頻度は増えます。フードも猫の数に合わせた量が必要ですし、その分費用はかさみます。抜け毛の量ももちろん増えるため、ブラッシングや掃除などの手間もかかるでしょう。避妊や虚勢手術、ワクチンの費用も猫の数だけ必要になります。多頭飼いするにはある程度の費用負担と手間が増えることは覚えておきましょう。

猫がよだれを垂らしているのは病気のサインかもしれません。病気である場合はその危険性やどのような場合によだれが出るのかも気になりますね。また、猫もヒト同様に寝ているときに無意識によだれを垂らしてしまうこともあります。生理的によだれを垂らす場合もあるということです。本稿では、猫のよだれをテーマにその原因から病気、危険性について取り上げます。

猫の唾液

猫もヒトと同様によだれ(唾液)を分泌する動物です。まず、唾液とはどんな役割を持っているのでしょうか。脳からの命令により、口腔内にある唾液腺から唾液は分泌されます。よだれとは唾液が口腔内で過剰に作られたり、上手く飲み込むことができないことにより口の中から外に出てしまうことでよだれとなります。唾液とは食物の消化を助けたり、口の中の乾燥を防いだり、雑菌の繁殖を防ぐための役割があります。猫もヒトと同じで食餌を見ただけで唾液の分泌が促されるので、フードを用意しているときに多少のよだれを垂らしていたとしても問題はないでしょう。

しかし、猫は犬と比較するとよだれが少ないとされていて、通常はよだれが口から溢れるようなことがあったり、よだれで口周りなどが汚れているといったことがあまり見られません。したがって、猫のよだれが多いと感じたときは病気や誤飲などのドラブルが起こっている可能性が考えられます。

猫は自分で口や歯のケアがしっかりできているかといえばそうでもなく、食餌がやわらかいものも多いので、口腔内に歯石や歯垢が溜まりやすい動物です。その点を含めても、歯周病などの病気に罹りやすいことが考えられます。

猫に見られる生理的なよだれ

猫は口から泡のようなよだれを垂らすことがあります。抗生物質など苦い薬を味わってしまったときに起こりうる生理的反応です。フロントライン(犬や猫に使用するノミやマダニなどを駆除する動物用医薬部外品)などのスポットオン製剤を、猫の舐められる位置(肩甲骨より下)につけてしまったりすると、猫が毛づくろいの際に舐めてしまいます。そのときに非常に苦い味がするためよだれが垂れます。これらは毒物を体外に出そうとする生理的な反射ですので、苦みなくなると自然とおさまります。猫がよだれを垂らしている場合はまず、苦い物を口に含んだのではないかと疑うと良いでしょう。

猫の口腔内に異物

口の中の歯と歯の間などに異物が挟まっていたりすると、猫の口が完全に閉じなかったり、唾液を飲み込むことができなくなってしまい、よだれの原因となります。猫が口の中を気にして前足で口を掻いたりしていると、口腔内に異物がある可能性が考えられますので、口の中を確かめましょう。

猫の口内炎

口内炎とは口の中の粘膜で生じた炎症のことをいいます。口内炎にはいくつか種類があり、ヒトによくできる口内炎のような軽度のものから、潰瘍性口内炎と呼ばれる重度の、炎症の他に猫の口内に切られたような酷い痛みを伴うものがあります。よだれを垂れしてしまうのが特徴ですので、口腔内を確認して腫れが酷ければ動物病院を受診しましょう。

猫の歯根吸収

歯根吸収とは永久歯が溶けてしまい、根の方から顎の骨に吸収されてしまう状態のことです。またの名を、破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、歯頸部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)といいます。通常は乳歯が永久歯に生え変わるときに、破歯細胞(はしさいぼう)と呼ばれる細胞が乳歯を溶かすのですが、なぜか永久歯まで溶かしてしまいます。起こりやすい歯は奥歯で前臼歯や後臼歯とされているようです。よだれを垂らすのが特徴のひとつですので、猫の歯を確認して歯が赤くなって溶けてきていないか、歯肉が腫れていないか確認してみましょう。口腔内を確認して異常が見られれば、症状の進行具合によって治療法が変わりますので、動物病院を受診しましょう。

猫の神経症状

神経症状としてよだれが出ることがあります。原因は、てんかん、脳障害、中毒、血糖値の異常、電解質異常、腎疾患、肝疾患、熱中症など様々です。口腔内を確認しても異常が見られない場合は神経の異常が考えられます。特に中毒症状は誤飲を原因として起こり、薬物などを多量に摂取してしまった場合は重篤な症状を引き起こす危険性があります。急を要することがありますので、いつもと様子が違う場合は早急に動物病院に連れていきましょう。

関連記事

  1. 猫

    猫の鳴き声と猫の気持ち

  2. 猫

    猫のスフィンクスの性格や特徴と猫トイレの上手な掃除方法と置き場所

  3. 猫の気持ち

    猫と暮らす環境と部屋づくりのコツと横浜で人気猫カフェ3店ランキング

  4. 猫

    猫の雑種の特徴と猫のひげから感情や気持ちを読む方法

  5. 猫

    避妊去勢でトラブル回避につながる猫の発情期

  6. 猫

    初心者でも飼いやすい人気の猫の種類ランキングと猫の体重管理方法

  7. 愛猫の健康管理に欠かせない動物病院の選び方3項目

  8. 猫の姿勢

    猫が水を飲まないときに飲ませる方法

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫人気

    猫のしぐさ
    仔猫への離乳食の与え方や注意点
  2. 猫の飼い方

    猫
    猫のソマリの性格や特徴と爪切り方法
  3. 猫の資格

    猫の資格の難易度を比較!健康管理やトリマー、シッターに対応!
    猫の資格の難易度を比較!健康管理やトリマー、シッ…
  4. 猫人気

    猫
    危険な猫の落下事故を防ぐ方法
  5. 猫の飼い方

    猫
    猫アレルギーの5つの症状と名古屋周辺の人気の猫カ…
  6. 猫人気

    猫
    猫に猫草を与えなくてもよい2つの理由
  7. 猫人気

    猫
    猫がウーッと唸る原因を解説
  8. 猫の飼い方

    猫
    小さい猫の有名なブリーダー一覧と猫用ケーキの種類…
  9. 猫の飼い方

    猫
    猫の去勢や避妊手術の方法についてと大きい猫の人気…
  10. 猫人気

    猫の里親になりたい人が知っておきたい心構え
  11. 猫の飼い方

    猫
    猫がいびきやくしゃみをする時の病気や症状・対策方…
  12. 猫人気

    猫の愛情
    猫の殺処分をゼロにするためにできること