猫の育て方

猫を迎える前に安全かつ快適に暮らすための準備をしよう

我が家に猫がやってくると思うと、とても楽しい気持ちになります。ですが、浮かれてばかりはいられません。猫のための環境作りは飼い主の重要な使命です。猫を迎える前に安全かつ快適に暮らすための準備をしましょう。

猫が暮らしやすい環境作り

猫を迎える前に、まず家の中の環境を猫にとって安全かつ快適になるように整えましょう。人間だけの生活では気にならないことでも、猫にとっては重大な事故を引き起こす原因になることもあります。そういった危険因子をできるだけ排除していきます。

まず、紐や輪ゴム、小さな画びょうなど、猫の誤飲を招いてしまいそうなものは猫の手が届かない戸棚の中にしまいましょう。また、人間用の食べ物やお菓子には、猫が口にすると中毒を引き起こしてしまう成分が入っていることも多いので出しっぱなしは厳禁です。

次に、電気コードの配線を見直しましょう。電気コードは、猫にとっては遊び道具になってしまい、じゃれているうちにコードに首が絡まってしまったり、かじってしまって感電の危険性もあります。こういった事故を未然に防ぐために、なるべく電気コードが表に見えないように家電を配置してみましょう。どうしてもコードが出てしまう場合は、ホームセンターなどで売っているコードカバーを使って直接電気コードに触れられないようにします。

生花や観葉植物を部屋に飾っているという方も注意が必要です。猫にとって危険な植物は多数あります。間違って猫が食べてしまわないように、危険な植物は猫の生活スペースに置かないようにしましょう。

猫を迎える前に準備したい最低限のもの

いざ猫を迎えると、初日はお世話や様子を見ることでなかなか外出がしずらくなります。最低限の猫用品は、迎えいれる前に準備しておきましょう。

・キャットフード

迎え入れる猫の年齢に合ったキャットフードを準備しましょう。猫によっては、急に食べるものが変わるとお腹を壊してしまう場合もあるためペットショップやブリーダーから迎える場合は、今まで食べていたフードの種類を聞いておくとスムーズです。

・猫用フード皿、水皿

キャットフードを食べるためのお皿と、新鮮な水を飲むための水皿を用意しましょう。デザイン、サイズが様々ですが、子猫の場合は小ぶりで高さのあるものがオススメです。

・キャリーケース

猫を家に連れてくるときや、動物病院に行くとき、また引越しの際にも必要です。迎え入れる猫の体の大きさに合ったキャリーケースを選びましょう。

・猫トイレ

猫が健康で清潔に暮らすために、猫トイレかならず必要です。オープンタイプは、猫の排出時の様子がよく分かりますが砂が飛び散ったり、設置する場所によっては猫が落ち着いて排出できないことも。ふた付きのドームタイプは猫にとって人目が気にならないため安心して排出できますが、ニオイがこもるため好まない猫もいるようです。また、掃除がしやすいシステムトイレも人気があります。どれもメリット、デメリットがあるので、ペットショップやブリーダーに相談して、迎え入れる猫の性格に合ったものを準備してあげましょう。

・爪とぎ器

爪とぎは猫にとって本能的な行動のため、やめさせるのは困難であり、猫にとって重大なストレス要因になります。部屋の壁や家具で爪とぎをされてしまう前に、猫専用の爪とぎ器を準備しておきましょう。

猫を迎えてから揃えたいもの

猫との生活がはじまったら、猫のケア用品をそろえてみましょう。ブラッシングに必要なブラシは、長毛種ならスリッカーブラシ、短毛種ならラバーブラシがオススメです。どちらも仕上げ用にコームがあると便利です。また、猫用爪切りも揃えて、爪も定期的に切ってあげましょう。

猫は高い場所を好む動物です。賃貸アパートやマンションなどで、高い場所を作れない場合は、キャットタワーを用意してあげると、猫の居心地のよいスペースが生まれます。その他に、猫が遊ぶためのおもちゃなどもいくつか揃えてあげると楽しい暮らしを送れるでしょう。

関連記事

  1. 猫

    大きな猫を飼いたい方にお勧めの大型猫ブリーダーの紹介

  2. 猫

    猫のマッサージ方法と一人暮らしの猫の飼い方のポイント

  3. 猫が喜ぶスキンシップを覚えてさらに仲良くなろう

  4. 猫

    神奈川で人気の猫カフェ3選と猫が事故した時の対処方法

  5. 猫

    猫の健康を維持するための水の飲ませ方と水分補給法

  6. 猫

    年齢別の猫の健康管理と病気予防のルール

  7. 猫

    日本の雑種猫の毛柄の種類と特徴や猫がいる家でこたつを使う時の注意点

  8. 猫

    猫の健康チェック方法と長生きさせるための飼い方のコツ