猫

雑種猫でも人気が高いペットショップの猫達

猫を家族に迎えたいと思いペットショップに足を運ぶと、あまりに高額な価格に驚くことがあります。

中には数十万円以上もすることも珍しくありません。

猫は犬と違いさほど血統や種別の差異がないとは言われますがその理由についてご説明させていただきます。

猫は犬ほどサイズの差異が無い

猫は犬のように小型、中型、大型のサイズの違いがないので、あまり血統証の有無や品種にこだわらないという方も多いものです。また別品種であっても大抵はほぼ同じサイズに収まることもありさほど重要視されない傾向があります。

そのためペットショップでは猫の販売価格の設定がなかなか難しく、毛色や顔立ちなど外見を重視して決定されることもあります。

この場合たとえ血統証の無い雑種猫であっても人気の毛色、顔立ちであれば高額な設定になることもあります。

また猫は犬と違い屋外に連れ出す機会もなく、室内飼育という事もあり飼い主の第一印象や相性が重要しされることもこのような価格設定に影響しているのでしょう。

猫は新品種が続々と誕生する

猫は年々新しい品種が登場し話題になっています。猫の血統証発行団体の中には親子3代にわたって同じ特徴を受け次ぐことが出来れば新種として血統症登録を認めるという団体もあります。そのため早ければ3年、5年とうサイクルで新種が誕生します。

このサイクルの早さも飼い主が猫の品種を重要視しない理由になっています。新品種が登場はするもののそれぞれの特長に大差がない事も多いからです。

珍しい品種名、毛色という事よりも第一印書が重要視されるのでしょう。

いわゆる日本猫は全て雑種

猫にかんするアンケートを取ると意外にも上位にランクインするのは日本猫つまり雑種の猫です。

実は日本猫という品種は血統証団体には登録がありません。日本猫とは日本に古くから定着する猫の種類でその品種は代々複数の猫は交雑し輩出されるとされています。

ただ日本猫には下記の特長があります。

・短毛

・丸顔

・ピンとたった耳

・太い尾

・重量感のある体形

これらの特長がいわゆる日本猫です。テレビやCMを注意深くみると、意外にも起用されている猫は日本猫が多いことに気が付きます。日本猫は海外の猫のような華やかさや特徴的な外見を持ち合わせてはいませんが、パッと登場した瞬間に愛着がわく存在感をもっています。

日本猫は様々な品種が交雑し誕生していることから、数十年前にアメリカンショートヘアーが大流行をしたのちは同じような縞毛様を持つ猫が野良猫として多くみられるようになりました。

それまでの日本猫にはない特徴を新たに受けついだもののあくまでもこの猫も日本猫に分類されています。

近年これまでにないほどに爆発的な猫ブームが起き、犬よりも飼育頭数が多いとされていますが、その一方で飼育放棄、殺処分、過剰な繁殖という問題も目立つようになっています。

猫は犬と違って散歩やしつけの手間がかからない、一人暮らしでも手軽に飼育が出来るとされる一方で猫の平均寿命は15年、18年とも言われています。飼育を始める場合は今から18年後の自身の生活をしっかりと考え、終生責任をもって飼育継続ができるかどうかを判断することが大切です。

関連記事

  1. 猫

    猫の歯磨きの方法と口臭の予防と対策

  2. 猫

    オス猫に多い排尿に関わる病気とその症状

  3. 猫の育て方

    猫と一緒に暮らす部屋の環境で大事なポイント7つ

  4. 猫

    発情期を迎えた猫の行動や対策とノルウェージャンフォレストキャットの特徴…

  5. 猫

    猫の去勢手術・避妊手術について

  6. 猫

    猫の移動に便利な洗濯ネットと猫のマーキング行為の意味と対策

  7. 猫

    初心者でも飼いやすい人気の猫の種類ランキングと猫の体重管理方法

  8. 猫

    初心者が飼いやすい猫の種類ランキングと手作りおもちゃの作り方