猫

たくさんの猫を飼いたい!多頭飼いのコツと注意すべきポイントは

猫にまみれてハッピーライフ

猫好きなら、たくさんの猫たちと暮らしたいと願う人が多いのではないでしょうか。猫が多ければ多いほど、猫の個性もそれぞれなので楽しいことがたくさんあります。反面、大変なこともあります。

多頭飼いのメリット、デメリット

猫側のメリット
・猫同士の仲間ができる、猫同士で遊べる

デメリット
・相性が合わないとケンカやストレスの元になる
・本来は単独行動の生き物

飼い主側のメリット、デメリット

メリット
・猫がいっぱいで嬉しい

デメリット
・掃除の頻度を上げたほうが良い
・それぞれの猫の要望に応えるのに一苦労することがある
・健康状態の把握、管理がしにくい
・頭数分、飼育費用がかかる

1匹飼いのメリット、デメリットはそのまま逆と思ってください。

掃除に関しては、猫用のトイレ掃除はもちろんですが、やはり猫の頭数ぶんの毛が抜けるので室内の掃除はこまめにしないと床が抜け毛だらけになりダニの原因などになり不衛生です。健康状態の把握に関しては、トイレの状況、食欲を日々観察することが大切ですが頭数が多いとそれがおろそかになりがちです。

猫の数だけ費用が必要

当然ですが、猫が増えればそのぶんお金がかかります。また、繁殖を望まない場合の多頭飼いなら去勢・避妊手術を行うと思いますので、その手術費用。予防接種、病気をしたときの医療費が一度に万単位で必要になることもあります。

医療費だけでなく、エサ代、トイレの砂代がランニングコストとして毎日必要になります。どれだけのお金を猫に使えるのか、一度ちゃんと計算してみてください。予定外の出費に備えて、消耗品にかかるお金に余裕を持たせて猫予算として積み立てをしていくといざというときに安心できるので、おすすめです。

トイレ問題はプラス1で解決

猫はきれい好きな生き物です。猫が増えればそのぶんトイレが汚れることも増えるので、猫によっては汚れたままのトイレを使いたくないと気分を害する場合があります。猫が増えればトイレも汚れることが増えますので、トイレをこまめに掃除することは基本として、猫の頭数プラス1個置いてあげると1つのトイレに対する1個あたりのトイレの使用頻度が下り、きれいな状態を保つことができます。

エサのやりかたに一工夫

一同に集まって猫が食事をする場面はとても可愛いですね。しかし、早食いの猫がまだ食べている猫のエサを奪ってしまうなど、うまくいかない場合もあります。

特定の猫だけ療養食が必要な場合や、肥満の猫のダイエット中など、同じエサを食べて欲しくない場合は多々あります。部屋ごと戸で仕切ったり、ケージでえさを与えるようにするなどご家庭に合った対策をしてください。

猫それぞれの居場所を確保

仲間と遊ぶ反面、やはり猫は猫らしく独りでのんびりする時も必要です。ですので、猫ベッドやソファ、キャットタワーなど、静かにおこもりできるプライベートスペースをしっかり確保できるようにしてください。座布団を置く、箱を置く、キャットタワーの巣箱など、いくつか候補を作っておくと好きな時に入り込んで眠ったり休んだりしているはずです。

「猫むつまじく」多頭飼いライフ

猫同士がキュッと集まって寝ていたり、毛づくろいをしあっていたりする姿は最高に可愛いです。多頭飼いのデメリットであげたことも、心がけひとつでカバーできますし、おそらく猫愛ゆえに苦労とは思わないことと思います。自分のライフスタイルをよく考えたうえで、無理の範囲で猫との楽しい生活を送ってもらえれば幸いです。

関連記事

  1. ワクチンの種類と予防接種の値段

  2. 猫

    パッケージや広告に惑わされない、猫のフードの正しい選び方

  3. 猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット

  4. スフィンクスの魅力はツルツルのボディだけじゃない

  5. むやみに怖がる必要はない、猫エイズの正しい知識

  6. 猫

    猫がウーッと唸る原因を解説

  7. 猫

    猫に手作りごはんを与えるときのポイントと注意点

  8. 猫

    猫の里親募集を成功させるコツと注意点