むやみに怖がる必要はない、猫エイズの正しい知識

猫エイズは猫だけの病気

猫の伝染病として有名な猫エイズ。正式には、猫後天性免疫不全症候群と言い、猫免疫不全ウイルス(FIV)によって引き起こされる諸症状を指しています。エイズと聞くと怖いと感じるかと思いますが、まず大切なことをお伝えしておきます。猫エイズは人間には感染しません。また、人間のエイズが猫にうつることもありません。このことをまず頭に入れ、安心してください。

猫エイズの感染経路は?

猫エイズは感染している個体の血液や体液、粘膜同士が接触した場合に感染します。自分もケガをした状態で相手も血を出しているような激しいけんかや、かみつき合いのケンカ。交尾などが具体的な感染する場面であるといえます。つまり、普通に生活している場合では感染することはあまりないのです。

また、垂直感染という感染している母猫を通じて胎内の子猫が感染することがあります。ですが、流産などが多く健康で生まれてくることは少ないようです。

猫エイズの症状は?

・急性期
エイズウイルスに感染したすべての猫にこの症状が出るわけではありませんが、一般的には感染後1カ月ほどで風邪、下痢、リンパ腫の腫れなどの症状が出てきます。1カ月~1年続きます。

・無症状キャリア期
急性期の症状が一旦落ち着きます。回復したように思ってしまいますが、猫のリンパ球に侵入を進め、免疫力を奪っている状態です。ただ、この無症状キャリア期は長期間になることが多く、長い猫ですと10年以上続きます。

・エイズ発症期
無症状キャリア期が終わると、いよいよ発症してきます。歯肉や口腔内の炎症や口内炎、口臭などの症状がほとんどの猫に表れます。また、体重減少、嘔吐、下痢、風邪をにかかりやすい、皮膚の免疫力が下がることから皮膚病や虫がつきやすくなるようになります。さらに体が衰えると、肺炎やガンなど、臓器障害が起こってきます。

猫エイズの治療法は?

現在、猫エイズに感染してしまうと完治、ウイルスを死滅される治療法はありません。つまり、感染によって出てくる諸症状の緩和などの対症療法しかできることはありません。ですので、感染しないようにするには予防することが唯一の手段です。

猫エイズの予防法は?

感染した猫と接触しなければ感染することはないので、完全室内飼いなら感染することはありません。

猫エイズに感染させない方法をまとめると、以下のような予防法が挙げられます。
・完全室内飼いにする
・脱走を絶対にさせないようにする
・素性のわからない猫を飼い猫に近付けない
・新しく猫を飼い始める場合は感染していないか検査が済んでから
・オス猫は去勢をする(万が一脱走した際、なわばり意識が薄いため野良猫と遭遇してもけんかる可能性が低くなります)

もしも猫エイズに感染したら

もしも感染してしまった、感染している猫を飼うことになったとしてもあまり悲観しないでください。

基本的なことですが、ストレスを感じさせない、落ち着いて眠れる寝床がある、運動ができる、おいしいごはんを食べられるといった心地良い環境を整えることが猫にとっては大切なことになってきます。ほかの猫にうつさないためにも1匹で飼うことが理想ですが、やむを得ず多頭飼育する場合は感染している猫をほかの猫とできるだけ接触しないようにわけたほうが賢明です。感染した猫と仲の悪い猫がいる場合は、けんかの可能性が高いため絶対に会わせないようにします。感染を防ぐためだけでなく、嫌いな相手に会うことはストレスになりますので、感染している猫の体にも良くありません。

小さな体調不良がすぐ命取りになってしまいますので、こまめに動物病院で定期検診を受けることも大切な予防です。

関連記事

  1. 猫

    猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは

  2. 猫

    パッケージや広告に惑わされない、猫のフードの正しい選び方

  3. 猫に多い泌尿器系の病気である尿路結石を知ろう

  4. 猫

    猫と暮らす中でわかった、猫を飼うすばらしさ

  5. スフィンクスの魅力はツルツルのボディだけじゃない

  6. 猫

    危険な猫の落下事故を防ぐ方法

  7. 猫と一緒に寝る場合に気を付けるべきこと

  8. 猫の里親募集をしている3つの機関