もう困らない、猫の爪研ぎを予防する方法

家具や壁にされて困る猫の爪研ぎ

ベロベロにはがれた壁紙や、カバーがズタズタにやぶかれたソファなどを見たことはないですか? 動物を飼っていて困るのが、こういった室内でのいたずらですが、特に猫の場合は爪研ぎによる被害が多いようです。

いくらかわいいわが猫とはいえ、家具や家に傷を付けられるのは困るという人が多いですよね。そもそも、なぜ猫は爪を研ぐのでしょうか?

猫はなぜ爪を研ぐのか

猫が爪を研ぐ理由と目的は、
・縄張りを主張するためのマーキング
・古い爪をはがして、新しい爪が出てくるようにしている
・ストレス発散
などがあります。

猫にとってはどれも大切な理由です。いたずらや悪さをしようと思って爪研ぎをするのではないことを、忘れないでください。

猫の習性を知って予防する

猫にしつけをするのは、なかなか難しいです。してはいけないことをした時に叩いたり大声で叱ったりするのは、効果がないばかりか猫が怖がって信頼関係が築けなくなることもあるのでしないようにしてください。

しつけるのではなく、猫の習性を調べたり、自分の猫の癖を観察して、予防をすることが良い手段です。それこそ、ほとんど爪研ぎをしない猫もいます。飼育環境にも左右され、一匹で飼われている猫よりも多頭飼いしている猫のほうが爪研ぎを熱心に行うことが多いようです。

ガードを設置する

まずは、爪研ぎをされたくない場所や物の保護をしましょう。だいたい爪研ぎをする場所は決まっていると思います。

壁などの場合は、その前に障害物、棚やイスなどを置いてみることが簡単でおすすめです。邪魔になるので物を置きたくない場合は、ツルツルする紙やシートを貼ると効果があります。

ソファカバーなどの布類は、なるべく織り目の細かい布のカバーがおすすめです。織りの粗い布だと爪が引っかかりやすいため爪の研ぎがいがあるらしく、ボロボロにされしまう可能性があります。目が細かいと滑って爪が引っかかりにくいですし、抜け毛も着きにくい利点もあります。ペット用のカバーなども市販されています。

爪研ぎのスペースを与える

爪研ぎができないようにするだけではなく、ちゃんとここなら研いで良いよという場所を作ってあげてください。

市販の段ボール製の爪研ぎも、長方形の定番のものだけでなく湾曲したものや中にボールが入っておもちゃも兼ねているものなど豊富にあります。長方形の物でも、床に置くのか立てて置くのかで変わってくるので、いろいろ試して猫の好みの設置法を探してあげてください。

爪研ぎの存在に気付いてもらえない場合は、猫を連れて行って手を爪研ぎにこすりつけて手触りを教えてあげるとたいていの場合はすぐに覚えます。何度か試しても使わない場合は設置場所が気に入らないなどの原因があるので、置き場所や角度を変えてみてください。

爪切りで被害を最小限に

猫の爪は狩りをするための大事な武器です。そのためツンツンに尖らせておくためにも爪研ぎをして鋭さを維持しているわけですが、爪研ぎの破壊力が増すだけでなく、人と遊んでいる時にひっかれてしまってケガをしてしまいます。ですので、爪は定期的に切っておくようにしてください。

爪の根元は血管があるので(透けて見えます)、そこまでは切らないように先の尖っているところくらいを切るつもりで良いでしょう。猫専用の爪切りが売られていますが、人間と同じ爪切りでも問題なく切れます。爪切りを嫌がって暴れる猫の場合は、爪切りの後におやつをあげるなどのご褒美があることを覚えさせるとおとなしく切らせてくれるようになるようです。試してみてください。

爪研ぎも猫の可愛さの一部

何か失敗した時にも爪を研いでいるのをよく見かけます。ガリガリッと前脚に力を込めて、プリッとお尻を上げながら爪を研ぐ姿もこれまた可愛いもの。可愛い姿を見るためにも、家具や家の保護ためにも、なにより猫の本能を満たしてあげるためにも、爪研ぎを上手に利用していってください。

関連記事

  1. 猫にリードをするメリット・デメリットと慣らし方

  2. 猫の姿勢

    幸運を運ぶ猫、オッドアイの不思議な魅力とは

  3. 猫

    この行動はやきもちを焼いているのせいかも?猫のやきもち焼きを分析

  4. 猫の里親になりたい人が知っておきたい心構え

  5. 猫

    パッケージや広告に惑わされない、猫のフードの正しい選び方

  6. 猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット

  7. 猫

    猫の抜け毛対策にはブラッシングが一番!

  8. 猫

    猫と赤ちゃんが幸せに暮らすための3つの工夫