キャットフードのドライとウェット、違いやメリットを紹介

ペットショップや量販店に行くと、様々な種類のキャットフードが並べられています。あまりの種類の多さに、どんなフードを猫に与えればいいのか迷ってしまうほどです。キャットフードは大きく分けてドライとウェットの2種類があります。そこで今回はドライとウェットにはどのような違いがあるのか、またそれぞれのメリットについて紹介します。

ドライフードとウェットフードの違いは?

ドライフードはいわゆる「カリカリ」と呼ばれている、小さな粒状のフードのことを指します。ウェットフードは魚や肉の身をほぐし加工したものを指します。2つの大きな違いは水分の含有量で、一般的には水分含有量が75%を超えるものをウェットフード、水分含有量が10%以下のものをドライフードと呼んでいます。最近はドライフードよりも柔らかく水分含有量が多い、セミドライや半生タイプと呼ばれるものもあります。

ドライフードの特徴とメリット

ドライフードは総合栄養食と呼ばれ、猫のメインの食事として使います。総合栄養食と呼ばれるだけあり、猫が生きていくうえで必要な栄養がバランスよく含まれています。ドライフードだけで猫の食事を賄うことができることが特徴です。比較的安価な値段で購入でき、」一度開封してもある程度保存がきくという点が大きなメリットです。水分含有量が少ないため、猫に与えるときは必ず水を一緒に与えることがポイントになります。中にはフードを少量を数回に分けて食べることを好む猫もいます。出しっぱなしにしておいても味やにおいが変わりにくいので、ちょこちょこ食べを好む猫にもぴったりです。

ウェットフードの特徴とメリット

ウェットフードはドライフードと違い、総合栄養食ではありません。一般食や栄養補完食などと呼ばれ、メインの食事にプラスして与えることが好ましいとされるフードです。ウェットフードをメインとして与えている人もいますが、実は避けたほうがいいといわれています。ウェットフードは猫の嗜好品として与えるようにするといいでしょう。ウェットフードのメリットとして挙げられるのは、猫の指向性に合っているため喜んで食べるということです。また、水分含有量が豊富なので、猫の水分補給のために与えることもできます。ウェットフードはパウチや缶詰のものがほとんどで、開封しなければかなりの長期保存ができるということもメリットのひとつです。

理想的なフードの与え方は?

猫の健康を守る理想的なフードの与え方は、ドライフードをメインに与えるということです。先にも紹介したとおりドライフードは総合栄養食ですので、栄養面では安心して与えることができます。ウェットフードをメインにしてしまうと、栄養面で偏ってしまったり口臭や歯石など口内環境が悪くなったりといったことが懸念されます。ウェットフードを好む猫も多く、猫が喜ぶものを与えたいというのが飼い主の思いです。ウェットフードを与える場合は、ドライフードと混ぜ合わせて与えたり、2日に1度程度のペースで1日に1食までと回数を制限したりと工夫して与えるといいでしょう。また、「おやつ」として販売されているものも増えてきています。おやつはあくまでおやつです。ご褒美などに少量を与えるようにしましょう。

関連記事

  1. 猫

    猫に手作りごはんを与えるときのポイントと注意点

  2. 初めて猫を飼う人必見、用意するべき7つのもの

  3. 猫

    猫の健康診断を定期的に受けることを勧める理由

  4. 猫

    猫とのふれあいで得られる人へのリラックス効果とは

  5. 猫

    猫のレンタルにおける利点と問題点

  6. 人気上昇中のスコティッシュフォールドの特徴と魅力

  7. 猫に多い泌尿器系の病気である尿路結石を知ろう

  8. 猫

    猫のリラックスして過ごせる部屋の適温について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA