猫の体重

ストレスを感じさせない、猫に優しい引っ越し方法とは

猫を飼っていても、様々な理由で引っ越しをしなければいけないときもあります。「猫は家につく」といわれることもあり、猫にとって住まいが変わることは大きなストレスとなります。やむを得ない理由で引っ越しをしなければいけないとき、なるべく猫にストレスを感じさせないように引っ越しをしたいものです。そこで今回は、猫に優しい引っ越しの方法を紹介します。

引っ越し先に今まで使っていたものを持ち込む

引っ越しをきっかけに、猫が今まで使っていたものを一新しようと考える飼い主も多いです。猫は縄張り意識が強い動物で、足を踏み入れたことがない場所に行くということは、恐怖と不安でいっぱいになります。自分のにおいがついていない空間、自分のにおいがついていない猫グッズ、こんな環境では安心して過ごすことができません。トイレや爪とぎ、毛布などは新しい住まいに慣れるまでは今まで使っていたものをそのまま持っていくことで猫を安心させてあげましょう。猫が新居に慣れて自由に動き回ることができるようになるまでは、今まで使っていたものを使い続けることが理想です。

引っ越し作業中は猫を隔離

引っ越し作業中は、荷造りや掃除などでバタバタと騒がしくなります。引っ越し業者に頼んだり家族や友人に手伝いを頼んだりと、見たことのない人が家に出入りするケースもあります。知らない人が来ると猫が警戒してどこかに隠れてしまい、窓やドアを開けっぱなしにした作業がしづらくなってしまいます。引っ越し作業が始まる前に、猫はキャリーやケージに入れておくか、出入りすることがほとんどないお風呂場に入れて待機してもらうといいでしょう。

引っ越しが完了したらトイレの準備から

引っ越しが完了したら、まずはトイレの準備から始めましょう。新居でトイレを置く場所を決めたら、トイレの近くでキャリーの出入り口を開けたまま置いておきます。キャリーから初めて出るときにそばにトイレがあり、そこから自分のにおいがするということで大きな安心感を得ます。猫砂も今まで使っていたものを半分くらい入れておくことをおすすめします。自らキャリーから出てトイレでおしっこすることができれば、新居に慣れるのもあっという間でしょう。ケージに猫とトイレを入れたまま運ぶ場合は、トイレの場所にケージを置きケージの扉を開けたままにしておきましょう。

猫のペースに合わせて

引っ越し作業も完了しなんとなく生活ができるまで落ち着いたのに、猫がどこかへ隠れて出てこないということはよくある話です。猫は自分が安心できる環境であると確信するまでは、身をひそめていることが多いです。周りを警戒しながら様子をうかがい、少しずつ行動範囲を広げて安全かどうかをチェックします。飼い主が無理やりおもちゃやご飯などで引っ張り出そうとすると、それがかえってストレスになってしまうのでやめましょう。「ここは安全だ、自分の居場所だ」と思い始めれば、猫も自由に行動するようになります。すぐに自由に行動する猫もいれば、数日は身を隠してご飯もほとんど食べないというデリケートな猫もいます。何日くらいで慣れるかは猫次第なので、飼い主は焦らずに猫のペースに合わせてあげることが大切です。引っ越し後数日は猫にとってもストレスとなってしまいますが、数日もすればいつものペースに必ず戻ります。

関連記事

  1. 猫

    猫のレンタルにおける利点と問題点

  2. 猫

    猫の虚勢手術、時期や費用を知っておこう

  3. 猫にリードをするメリット・デメリットと慣らし方

  4. 猫

    猫に手作りごはんを与えるときのポイントと注意点

  5. 夏の留守番は要注意!猫の熱中症対策

  6. 猫

    猫にストレスをかけない長めの留守番時に気を付けること

  7. 楽しい猫ライフにするための正しい猫の飼い方

  8. 猫を保護したらやっておきたい5つのこと