ワクチンの種類と予防接種の値段

猫を飼い始めたときはワクチンの接種が必須とよく聞きます。猫の感染症を予防して健康で居てもらうためにもにもワクチン接種は必要です。本稿ではワクチンの種類がどの病気に対応しているかや、予防接種の値段についてを解説します。

猫のワクチンとは?

ワクチンとは感染症の予防に用いる医薬品のことを言います。病原体(ウイルス)から作られた毒性をなくしたもの、あるいは毒性を弱くしたものを抗原として投与します。そうすることで動物の体内に病原体に対する抗体を作ることを促し、感染症に対する免疫ができます。

猫のブースターとは?

基本的には初回ワクチンを接種した30日後に追加でワクチンを接種します。1回のワクチンだけでは免疫力が付かず、ワクチンの効果も薄れていきます。ですので、2段階で接種することで免疫力を確実に付けます。これをブースターと言います。その後は感染症の種類にもよりますが、ワクチンを一定期間毎に接種していればほぼ確実に予防ができます。

仔猫のワクチン

生後60日未満の仔猫の場合は免疫系が発達しておらず、ワクチンをうっても十分な免疫力はつきません。親猫の授乳でもらった抗体も残っている期間なので、ワクチンがその抗体で処理されてしまう可能性もあります。

よって、仔猫に最初のワクチンを接種するのは、生後60日以降に行うのが良いでしょう。店頭で仔猫を買った場合はワクチン接種済みの場合がありますが、ワクチンを接種した時期を確認するとワクチンの効果がない場合もあります。ワクチン接種済みと表記されていても確認を怠らないことが猫のためにもなります。

猫にリスクの高い感染症

ワクチンには全部の猫が接種するべき、感染の機会が多い感染症に対するコアワクチンと、感染症の危険性に応じて接種が必要なノンコアワクチンがあります。

コアワクチンは猫汎白血球減少症(パルボウイルス感染症)、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症を対象とします。

ノンコアワクチンが対象とする猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)と猫クラミジア感染症(クラミド・フェリス感染症)は2度目の接種(ブースター)の後も毎年の接種を推奨されている感染症です。猫白血病ウイルス感染症はブースターの後のワクチン接種は2~3年以上の間隔で行うと予防が期待できます。

猫のワクチンの値段

公益社団法人日本獣医師会の調査によると、猫白血病ウイルス感染症(Felv)を含む混合ワクチン(コアワクチンが対象とする他の感染症なども含むワクチン)の価格は約6514円、猫白血病ウイルス感染症(Felv)を含まない混合ワクチンは約4474円となっています。

猫白血病ウイルスのみ猫ワクチンの価格は約4063円で、猫免疫不全ウイルス感染症(FLV、猫エイズ)のみの猫ワクチンは約4320円となっています。

猫のワクチンの種類

猫のワクチンは1~7種に分けられます。3、4、5、7種はコアワクチンが対象とする感染症が含まれています。また、猫カリシウイルス感染症にはいくつかワクチンのタイプがあります。

猫のワクチン「1種ワクチン」

・フェロバックスFLV……猫エイズウイルズ感染症

・リュウコゲン……猫白血病ウイルス感染症

猫のワクチン「3種ワクチン」

以下のワクチンはコアワクチンに含まれる感染症である猫汎白血球減少症(パルボウイルス感染症)、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症が含まれます。

・”京都微研”フィライン-CPR-NA

・猫用ビルバゲンCRP

・ノビバックTRICAT

・ピュアバックスRCP

・フェロガード・プラス3

・フェロセルCVR

・フェロバックス3

猫のワクチン「5種ワクチン」

・“京都微研”フィライン-CPR……猫汎白血球減少症(パルボウイルス感染症)、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症(3タイプ)

・フェロバックス5……猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症

猫のワクチン「6種ワクチン」

・“京都微研”フィライン-6……猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症(3タイプ)、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症

猫のワクチン「7種ワクチン」

・“京都微研”フィライン-7……猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症(3タイプ)、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症

関連記事

  1. 猫

    たくさんの猫を飼いたい!多頭飼いのコツと注意すべきポイントは

  2. 猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット

  3. 猫の癒し効果の科学的な根拠

  4. 人気の猫の種類トップ5からお気に入りの猫を見つけよう

  5. 猫

    叱っても解決にはならない、猫が粗相する原因と解決法

  6. 猫の耳掃除の方法や必要性について

  7. 猫の体重

    猫に留守番してもらうときの知恵や注意点

  8. ネコを幸せにする育て方