人気上昇中のスコティッシュフォールドの特徴と魅力

真ん丸フォルムと愛らしい見た目がとってもキュートなスコティッシュフォールドは、アメリカンショートヘアやマンチカンと並び、人気上昇中の猫です。ペットショップでも人気が高く、猫好きのみならずスコティッシュフォールドにくぎ付けになる人が急増中です。スコティッシュフォールドはなぜこんなにも人気があるのか、その魅力と特徴について紹介します。

見た目のかわいさがスコティッシュフォールドの魅力

スコティッシュフォールドの最大の魅力は、見た目のかわいらしさではないでしょうか。日本猫と呼ばれる猫は、シュッとした体格でやや吊り上った目が特徴です。しかしスコティッシュフォールドはコロンとした真ん丸のフォルムと真ん丸の目をしています。真ん丸尽くしの見た目は、どの猫よりもかわいく見えてしまうのかもしれません。また、スコティッシュフォールドというと折れた耳が特徴というイメージですが、実は耳が折れて生まれてくるのは全体の3分の1程度だそうです。生まれた直後はみんな立ち耳で、生後1か月ほどで耳が折れる子と立ち耳のままの子と分かれます。折れ耳のスコティッシュフォールドは希少価値が高く、ペットショップでも高く取引されています。

スコティッシュフォールドは人懐っこく穏やか

見た目のかわいらしさも魅力ですが、スコティッシュフォールドは人懐っこく穏やかな性格であることも魅力のひとつです。猫らしいマイペースな気質も持ち合わせていますが、基本は人懐っこく飼い主や家族とゆったりと過ごすことを好む性格の子が多いです。好奇心は旺盛ですが穏やかでおとなしいため、ドタバタと走り回るタイプではありません。撫でられたり抱っこされたりすることを好む子も多く、癒し効果は抜群です。

頭もよくしつけしやすい

スコティッシュフォールドは賢く頭のいい品種です。トイレや爪とぎなどの基本的なしつけはすぐに覚え、決まった場所以外ではほとんどしません。好奇心が旺盛な割には人間のものにいたずらをするようなことは少なく、ゆったりマイペースに過ごすことを好むため、お留守番も得意です。留守にすることが多い家庭でも安心して飼うことができます。

スコティッシュフォールドならではの「スコ座り」

スコティッシュフォールドは骨格が柔らかく、ふにゃふにゃした印象があります。実際に抱きかかえてみても、ふにゃっと柔らかくずんぐりした印象です。そんな骨格のせいか、「スコ座り」というスコティッシュフォールド独特のふにゃっとした座り方も魅力のひとつです。足を前に放り投げ、腰を抜かしたようなふにゃっとした座り方を「スコ座り」と呼んでいます。一般的な猫は、お尻を舐めるときにだけ足を放り投げた姿勢になりますが、スコティッシュフォールドはこの姿勢のまま座り続けているのです。股関節や腰の骨の形成が不十分であることからこの座り方ができるといわれていますが、すべてのスコティッシュフォールドが「スコ座り」をするわけではないようです。

種類豊富なのもスコティッシュフォールドの魅力

スコティッシュフォールドは短毛と長毛のどちらもおり、毛色のタイプも様々です。瞳の色もさまざまで、毛の長さや色、瞳の色などを組み合わせると、かなりのバリエーションがあります。先に紹介したように、耳のかたちにも個性があるので、お気に入りの子を探す楽しみがあるという点も魅力のひとつではないでしょうか。

関連記事

  1. 猫

    猫とのふれあいで得られる人へのリラックス効果とは

  2. 猫

    猫と赤ちゃんが幸せに暮らすための3つの工夫

  3. 猫

    猫の虚勢手術、時期や費用を知っておこう

  4. 猫

    猫の健康診断を定期的に受けることを勧める理由

  5. 猫

    猫のドライフードとウェットフードの違い

  6. 猫の体重

    猫に留守番してもらうときの知恵や注意点

  7. 高齢猫とのおだやかな付き合い方とケアの方法

  8. 猫にしつけはできる?できない?快適な共同生活の送り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA