危険があることも!猫の首輪の正しい選び方と注意点

猫の首輪は必要?

犬と比べて少ない猫のおしゃれのしどころ、首輪ですね。サザエさん宅のたまのように、白猫に赤いリボンとか、チリンと鳴る鈴、可愛いですよね。ところが、猫が首輪によってケガをしたり死亡する事故が少なくないことをご存じでしたか?

首輪の迷子札としての役割

室内飼いでも、うっかり外に出て迷子になってしまう可能性はあります。迷子になった時には迷子札付きの首輪があると、やはり心強いです。幸運にも保護された場合もすぐに飼い主へ連絡をすることができます。また、悲しいかな事故にあってしまった場合でも破棄されずちゃんと飼い主のもとへ連絡がくる可能性が高くなります。

首輪の危険

野外室内に関わらず、何かに首輪が引っかかってしまい外れずにそこから動けなくなる、または窒息死してしまう事故が起こっています。ほかには、首輪がゆるく下あごにひっかかってさるぐつわ状態になる、腕に通ってたすきがけ状態になるなど、一生残るケガの原因や死亡するケースもあります。

こんなことを知ってしまうと、怖くて首輪をさせたくなりますが、もしも脱走してしまったときのことを考ると首輪を付けておきたくもなります。どうすればよいのでしょうか?

対策は主に2つ

1つ目は、マイクロチップを利用すること。体内にチップを埋め込むので、首輪が原因で起こるような事故の可能性はなくなります。また、外れてしまうことがないことも利点のひとつです。

ただ、欠点もあり、まず安全性にまだ疑問が残されていること。特に体の小さい猫に対する負荷がどれだけかかっているのか疑問視している獣医師もいます。また、チップの読み取り機がないと情報を読み取ることができず、まったく用をなしません。

2つ目の方法は、外れる首輪をすることです。セーフティー首輪として市販されています。これは、留め具に強い力がかかった時にかんたんに留め具がはずれるようになっている首輪です。これなら窒息などの事故は防げますが、脱走した際にひっかかって外れてしまうと用をなさない欠点もあります。ただ、そのまま窒息してしまうよりはマシであると思います。

安全なセーフィティ首輪

売り場では「外れやすい首輪」や「セーフィティ首輪」と書いてあります。これだけ危険性を挙げられているにも関わらず、外れない設計の首輪がいまも売られているので注意して選んで下さい。

しかし、「いま付けている首輪をそのまま使いたい」や「気に入った柄がどうしてもない」という場合は、一手間ではずれやすい首輪を作ることができます。

サイドにツメがあり、カチッとはまるタイプのバックルが一般的だと思います。このバックルでしたら、凹凸の凸のほう。両端にツメがでっぱっていて、それが凹にはまって抜けなくなりますので、そのツメをやすりで削ってなめらかにするのです。削りすぎてもゆるくなって意味がなくなってしまうので、抜き差しをくり返して調整をしながら削ってください。プラスチックは柔らかいので、力はほとんどいりません。

猫の迷子名札を付ける

首輪は連絡先が書いてないと意味がありません。市販品だと、ペンダントように首輪から垂れる名札が多いです。もちろんこれでも良いのですが、プラプラするのが嫌いな猫もいますので、そういう場合は首輪に直接記入したり、オーダーで文字をプリントできる首輪もあります。使い続けていると、字がにじんだりして判読できなくなっていることもあります。定期的にチェックして、万一に備えておくようにしてください。

関連記事

  1. 猫

    猫と暮らす中でわかった、猫を飼うすばらしさ

  2. むやみに怖がる必要はない、猫エイズの正しい知識

  3. ワクチンの種類と予防接種の値段

  4. 猫

    猫の認知症の症状や予防法について

  5. 猫

    猫にケージを用意したほうがよい3つの理由

  6. 猫

    猫のドライフードとウェットフードの違い

  7. 猫の姿勢

    幸運を運ぶ猫、オッドアイの不思議な魅力とは

  8. 猫の愛情

    猫の殺処分をゼロにするためにできること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA