猫

危険な猫の落下事故を防ぐ方法

猫も落ちる

高い所から落ちてもヒラリと身をよじらせてきれいに着地する、というイメージの猫。実際、猫はバランス感覚が非常に優れていて、高い所から落ちてもケガをする確率は低いです。

また、猫自身も高い所が好きなため乗っていることが多いですが、そんな猫といえども生き物ですので落ちたらケガをしたり、死亡する事故にもつながります。そんな落下事故を防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

猫のバランス感覚のもと

猫は空中においても、瞬時に自分の体勢を判断し、対応する能力があります。耳の中にある三半規管という水平感覚を判断する器官がひじょうに優れているためです。また、空中立位反射という能力があり、すべての猫が生まれつき持っています。

この能力のおかげで落下してから体勢を判断、体を伸ばす、ひねって手脚を下に向ける、脚から着地しお腹で体勢を整える、という一連の着地を行うことができるのです。この反射には約60センチメートルの距離が必要ですので、これ以下の距離だと体勢と整える間もなく落ちてしまいます。

猫の落下の限界は

では、どれほどの高さなら落ちても大丈夫なのでしょうか? おおよそマンションの3階の高さならまず大丈夫なようです。ただ、落下地点の状況、猫の体重や体力など様々な条件が影響してくるので、正確なデータとは言いがたいと思います。命は助かっても骨折や内蔵に影響が出るなど、後遺症が残るケースもあります。

「高層階から猫が落下したが無傷で生還」などというニュースも見かけますが、これは奇跡的なことだからニュースになるのであって、猫だから高層階から落ちても大丈夫ということではないことを認識してください。

猫の落下を日頃から予防する

猫の落下事故を防ぐには日頃から気をつけることが大切です。

・猫は落ちても平気という考えを改める
・猫を外・ベランダに出さないようにする
・網戸のない窓を開けたままにしない

最後の砦 落下防止ネット

以上のような予防をしたうえで、それでもついうっかりということを防ぎきれるとは言い切れません。ですので、2階建て以上の戸建てのお宅やマンションの2階以上の部屋で猫を飼っている場合は必ず落下防止策をしてください。

その方法は、ネットやフェンスで開口部をすべて覆ってしまうことです。

ネットやよしずを張る、メッシュパネルやすのこを張るなどの百均やホームセンターでかんたんに手に入る材料でできることばかりです。ただ、ネットやよしずはやわらかいので、ピンッと張っておかないと猫の重みでたわんでしまいます。また、メッシュパネルやすのこは頑丈ですが、設置が甘く落下してしまうことがないよう気をつける必要があります。

設置は頑丈に、そして設置後も定期的に傷んでいる部分はないかチェックするようにすると良いでしょう。

この落下防止ネットなどはあくまで最後の手段です。ベランダに出さない、窓を開けたままにしないなどを気を付けることが大切です。

室内での落下事故も

外への落下だけでなく、ロフトや階段の吹き抜けから猫が落下する事故も起こっています。たいした高さではないと油断しがちですが、驚いた拍子に落ちたり、高齢の猫の場合だとケガをしてしまうことがありますので、セーフィティネットを張ったり、落下が予測される位置に柔らかいものを敷いておくなどのお部屋の状況に合った対策をしてください。

事故は予防ができます

ねこは予想外の動きをすることもありますが、落下事故の大半は予防することができます。きっと事故が起こってしまったら、飼い主さんは「なぜ、ちゃんと対策をしておかなかったのだろう」と自分を責めてしまうことでしょう。猫のためにも、飼い主さん自身のためにも予想できる事故の予防は知ったその日にすぐ実行するようにしてください。

関連記事

  1. 猫の寝相

    猫と赤ちゃんが一緒に暮らすときの注意点

  2. 取り扱い注意!猫にまたたびはハイリスク

  3. 猫のしぐさ

    仔猫への離乳食の与え方や注意点

  4. 猫の癒し効果の科学的な根拠

  5. 猫

    猫の葬儀をあげる際の火葬について

  6. 猫

    猫がウーッと唸る原因を解説

  7. 猫

    猫のリラックスして過ごせる部屋の適温について

  8. 値段が安い・低価格な猫の種類を解説