命に関わることもある!猫が食べてはいけない物

猫に食べさせてはいけないものは

人間が食事していると、うるんだ目で「食べたいにゃ」と見つめられるとついあげたくなってしまうこともありますよね。ですが、猫には食べると命に関わる食材もあります。そもそも人間の食べ物を与えることはしないことが基本ですが、うっかり置きっぱなしにして食べてしまった、なんてことが起こらないようにしっかり覚えてください。

・たまねぎ、ねぎ類
たまねぎ中毒と呼ばれ、もっとも危険です。血液中の赤血球を破壊する成分があり、加熱してもその毒性は変わりません。たまねぎなどは入ったスープも同様です。

猫が食べると急性の貧血や血尿、発熱や急性腎不全になることがあります。ねぎやニラは、ツクツクして猫草に似ているので草が好きな猫だと食べたがりますので要注意。すぐに片付けるようにしてください。

・チョコレート
チョコレートに含まれるカカオが中毒を起こす成分をもっています。食べると下痢や嘔吐、神経に作用する成分があるので血圧の上昇や、心臓に負担がかかり不整脈の発作で死亡してしまうこともあります。カカオの含有量が多いチョコレートほど、危険度が増します。

・イカ、タコ
ビタミンB1欠乏症になり、歩行困難になることがあります。イカを乾燥させたスルメは、お腹の中で水分を吸って膨らむので胃腸障害になることがあります。

・牛乳やチーズなど乳製品
人間でも牛乳を飲むとお腹を壊す人がいるように、猫も牛乳を分解する酵素が少ないのでお腹がゆるくなってしまうことがあります。牛乳は猫が喜ぶイメージですが、これは間違いです。特に離乳前の子猫は体力がまだないので下痢を起こすと、命に関わります。猫用のミルクが売られていますので、そちらを与えてください。

・塩分の多い食べ物
猫は人間が必要とする塩の3分の1しか必要としません。人間がおいしいと感じる程度の塩分は猫にとって過剰摂取となります。腎臓疾患を起こす原因になることがあります。

・人間用の薬、サプリメント
風邪薬や鎮痛剤に含まれている成分で、死亡した例が多数あります。サプリメントは、猫にとって大量の栄養が一気に入ってきたことになり大きな負担がかかります。体の構造も大きさもまったく違うのですから、人間に効く物は猫にも効くとは間違っても思わないで下さい。

・香辛料
わさび、唐辛子などの香辛料は刺激が強く、感覚が麻痺することがあります。肝臓障害を起こす原因になることがあります。

・部屋の中の危険 観葉植物
人間が食べ物と認識していなくても、猫にとって観葉植物と野菜の区別はないのでかじってしまうこともあります。

シクラメン、クレマチス、ポトス、アイビー、ポインセチアなど観葉植物の定番の植物でも猫にとって毒性があり、中には命に関わる毒性を持っているものもあります。ですので、猫を飼うのでしたら室内で植物を育てることは止めたほうが無難といえます。もし、捨てられないのでしたら、猫が入らない部屋に置く、猫の登れない高いところに置くなどの工夫をしてください。

食べ物は片付けるくせを

スーパーから買ってきてすぐなど、つい置きっぱなしにしてしまうことがありますが、こうしたちょっと油断した時に袋を破って食べてしまったり、転がして遊んでいるうちに食べてしまうこともあります。食材、食品は放置しないようにしてください。

食べかけの食品を机などに置きっぱなしにする時はフタをする、カバーで覆うなどのかんたんなことで猫の盗み食いは防げます。習慣にしてしまえばかんたんですし、人間にとっても衛生的なのことなのでぜひ心がけて実践してください。ちょっとしたかんたんなことで猫の安全は守ることができますよ。

関連記事

  1. 猫

    猫の里親募集を成功させるコツと注意点

  2. 猫の寝相

    健康を守るためにやりたい猫の毛玉対策

  3. 猫

    使い方次第でメリットたくさん!猫のケージ飼育のすすめ

  4. 猫に好かれるトイレ選びのおさえるべきポイントと注意点

  5. 猫

    大きい猫の種類・オススメ4種

  6. 猫に留守番をさせるときに気を付けたい5つのこと

  7. 猫を保護したらやっておきたい5つのこと

  8. 猫の癒し効果の科学的な根拠