楽しい猫ライフにするための正しい猫の飼い方

猫は犬と比べてお世話が楽、というイメージを持っている人も少なくありません。特に始めて猫を飼うという人は、撫でたり遊んだりしてかわいがってあげるだけでいい、と考えている人もいるかもしれません。猫との信頼関係を築き、人間と猫の両方が住みやすくするためには、正しい猫の飼い方を知っておく必要があります。今回は、猫の飼い方の基本となる4つのポイントを紹介します。

トイレと爪とぎのしつけをしよう

まずはトイレと爪とぎのしつけをすることから始めてみましょう。猫は一度トイレの場所を覚えれば、よっぽどのことがない限りトイレで用を足します。猫が落ち着いてトイレに入れるように、静かな空間にトイレを置いてあげるのがおすすめです。トイレ掃除はこまめに行います。トイレが汚れていると、怒ってトイレ以外の場所で粗相をしてしまうこともあるようです。最近はシステムトイレなどお手入れが簡単なトイレもあるので、ライフスタイルに合わせたトイレを用意しましょう。

もうひとつは爪とぎです。爪とぎは猫にとって気持ちを落ち着けたり身だしなみを整えたりする意味があり、やめさせることは不可能です。爪とぎのしつけを行わないと、床や畳、柱などお気に入りの場所を見つけて爪をとぐようになってしまいます。爪とぎの場所を決め、ほかの場所で爪とぎをしようとしたらすぐにやめさせて爪とぎの場所に連れて行きます。猫によって床でとぐのを好むケースと壁に向かってとぐのを好むケースがあります。床置きか縦置きかは、猫の様子を見て決めるといいでしょう。

食事の管理もきちんと行おう

本来猫は、少量ずつを数回に分けて食べるという性質です。これは狩りをしていた名残なので、飼い猫にはあまり当てはまらないかもしれません。猫の体格に合わせて、1日に決まった量の食事を与えるようにしましょう。猫によっては太りやすい種類もいます。カロリーコントロールされているフードを選ぶなど、猫に合ったフードをチョイスすることも大切です。おやつは1日に1回から2回まで、少量を目安に与えてもいいです。与えすぎは肥満の原因になるので避けましょう。また、人間が食べるものは基本与えるべきではありません。

虚勢や避妊をすることもポイント

外には出さないから虚勢や避妊は必要ないと考えている飼い主もいますが、虚勢や避妊をすることは猫の健康面でも必要なことだといわれています。オス猫は虚勢をすることで発情を抑制しマーキングを防ぎます。メス猫は赤ちゃんを産ませないためにも避妊をしておくべきでしょう。虚勢や避妊は猫の精神を安定させることと、病気の予防も兼ねています。虚勢や避妊をした猫のほうが平均寿命が長いとも言われています。

スキンシップも大切

猫との信頼関係を築くには、スキンシップを取ることも大切です。猫はマイペースなので、自分が構ってほしい時はすり寄ってくるのに、構ってほしくないときはどこかへ身を隠したり触ると噛みついたりします。猫の気分に合わせて撫でてあげたりおもちゃで遊んであげたりするといいでしょう。撫でてあげるときは、猫が撫でてもらいたいと思っている場所を見つけることもポイントです。あごの下や首の後ろ、尻尾の付け根などは猫が気持ちいいと感じる場所です。鼻筋や耳の後ろなども気持ちいいポイントなので、いろいろなところを撫でて探してみましょう。

関連記事

  1. 猫

    たくさんの猫を飼いたい!多頭飼いのコツと注意すべきポイントは

  2. 猫

    使い方次第でメリットたくさん!猫のケージ飼育のすすめ

  3. 猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット

  4. 猫を保護したらやっておきたい5つのこと

  5. 猫

    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策法

  6. 夏の留守番は要注意!猫の熱中症対策

  7. 猫

    猫がストレスを抱えてしまう原因と解決法

  8. 高齢猫とのおだやかな付き合い方とケアの方法