猫の体重

猫が粗相をする理由と粗相を治す4つの対処法

猫はもともときれい好きで、決まった場所でしか排泄をしたがりません。トイレの場所を教えてあげると、その場所できちんと排泄をするようになります。しかし中にはトイレでもするけど、トイレ以外での粗相もしてしまうという猫も少なくありません。なぜ猫が粗相をしてしまうのか、その理由と粗相を治すための4つの対処法を紹介します。

猫が粗相をするのは不満の表れかも

猫がトイレ以外の場所で粗相をしてしまう理由は、はっきりとわかっていません。猫によって粗相をしてしまう理由は様々ですが、考えられるのは猫がトイレや住環境に不満を持っているからかもしれません。たとえばトイレが汚れている場合です。猫はきれい好きなので、自分の排泄物とはいえウンチやおしっこが残っているところで排泄をしたがらないというケースもあります。「早くきれいにしてよ!」という猫からのアピールが粗相としてあらわれているケースがあります。また、トイレが小さい場合やトイレの場所が気に入らない場合、飼い主に怒られたり同居猫とケンカしたりした後に粗相をするケースもあります。

こまめな掃除が粗相を減らす

まずは猫トイレのこまめな掃除が粗相を減らす第一歩です。できれば猫がウンチをしたらすぐに取り除いてあげることが理想ですが、お仕事などで外出しているときは難しい面もあります。出かける前と帰宅した後に猫のトイレをチェックし、ウンチがあればすぐに取り除いてあげましょう。固まるタイプの猫砂を使っている場合も、固まった砂はこまめに取り除きます。システムトイレの場合は、下段のシートは1週間に1度取り換えてあげましょう。トイレの容器の掃除も1か月に1度は水洗いすることをおすすめします。

粗相をしても叱らない

粗相をするとどうしても猫を叱ってしまいます。実はこれは逆効果になってしまうこともあるのです。いけないことだと思いつつ粗相をしている猫もいるようで、叱ってしまうことで飼い主との信頼関係にひびが入ってしまうケースもあります。粗相をしても叱らずに黙々と後片付けをしましょう。その後、トイレで排泄をしたときにたっぷり褒めてあげるほうが効果的です。

粗相した場所はにおいまできっちり取り除く

猫は自分のおしっこのにおいがする場所に排泄をする習慣があります。一度粗相をするとそこをトイレと勘違いして、繰り返し同じ場所で粗相をするケースも珍しくありません。粗相をしたら汚れを取り除くだけでなく、においまできっちり取り除くようにしましょう。熱湯処理や塩素系漂白剤を使った処理が効果的です。最近は粗相をしたときに使えるにおい除去スプレーもあるので、そういったアイテムを使ってもいいでしょう。

トイレの場所などストレスを取り除く

もしかしたら粗相をしてしまうのは、トイレの大きさや場所が気に入らないのかもしれません。猫が高齢になってくると、少しの段差でもトイレに行きづらくなり、粗相が増えるというケースもあります。また、トイレの大きさが小さすぎるということもあります。トイレまでに猫がストレスと感じる場所があれば取り除き、トイレに入りやすくしましょう。トイレの大きさはトイレの中で猫がくるりと回れるくらいが目安です。落ち着いてトイレに入れるようにフードをつけてあげるなどの対策をしてみてもいいかもしれません。

関連記事

  1. 猫の目の知識と病気

  2. 猫

    猫のドライフードとウェットフードの違い

  3. 猫

    安心安全!失敗しない猫のキャリーバッグの選びかたガイド

  4. 猫

    猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは

  5. 猫の姿勢

    幸運を運ぶ猫、オッドアイの不思議な魅力とは

  6. キャットフードのドライとウェット、違いやメリットを紹介

  7. 取り扱い注意!猫にまたたびはハイリスク

  8. 人気の猫の種類トップ5からお気に入りの猫を見つけよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA