猫

猫と赤ちゃんが幸せに暮らすための3つの工夫

猫を飼っている家庭では、飼い主が妊娠するとこれから生まれてくる赤ちゃんと猫がうまく同居することができるか、ということはとても気がかりなことです。「猫が赤ちゃんにいたずらをしないかな」「子供が大きくなったときに猫にいじわるしないかな」など、考えればきりがありません。そこで今回は、猫と赤ちゃんが幸せに暮らすために取り組みたい3つの工夫を紹介します。これから赤ちゃんが生まれるという家庭では、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫と赤ちゃんが安心して過ごせる空間づくり

猫と赤ちゃんが仲良く暮らしていくには、まずは安心して過ごすことができる空間づくりをすることから始めてみましょう。猫にとって赤ちゃんは、初めのうちは「なんだかよくわからないもの」というような見かたをします。よくわからない生き物が自分のテリトリーに入ってくるので、警戒してしまう猫もいるかもしれません。生まれたばかりの赤ちゃんは猫に手を出すことはまずありませんから、猫が赤ちゃんを受け入れてくれることを待ちましょう。そのためには、猫が「ここなら安全」と感じられる空間を作ってあげることです。赤ちゃんが新生児のうちは、居住空間を分けてもいいでしょう。少しずつ一緒に過ごす時間を増やしていくと、猫にとってストレスを感じにくいのでおすすめです。落ち着いてくつろぐことができる部屋やスペースがあれば、自分のペースをキープしながら赤ちゃんと過ごすことに慣れていきます。ケージでも段ボールでも、猫が気にいったものなら何でもOKです。

猫のお世話は赤ちゃんにしっかり見せて

猫のトイレやフードなどを赤ちゃんが触ったり食べたりしないか、ということも同居するうえで大きな気がかりとなります。赤ちゃんがある程度大きくなれば、猫のトイレは触ってはいけないことや猫のフードは食べてはいけないということを理解することができますが、ハイハイをしたばかりの赤ちゃんにはなかなか難しいことでもあります。猫のトイレ掃除やフードを与えることは毎日のことですから、赤ちゃんを遠ざけるのではなくまだわからないうちから「これは猫のトイレだよ、触ってはいけないよ」などと繰り返し話しておくことはとても効果的です。フードを与えるのも赤ちゃんと一緒に行うのがおすすめです。猫がフードを食べている姿を見せることで、赤ちゃんも「フードは猫のもの」と認識します。

初めは「猫優先」で猫と赤ちゃんの関係を良好に

猫と赤ちゃんの関係性を良好にするためには、赤ちゃんが来たばかりのころはなんでも「猫優先」にしてあげましょう。特に飼い主さんにべったり甘えん坊の猫の場合、「飼い主をよくわからないものに取られた」と感じてしまうこともあるようです。出産でしばらく会えないことも猫にとって大きなストレスとなります。出産後初めて会うときはたっぷり猫をかわいがってあげましょう。また猫に赤ちゃんは仲間だということを認識させるためにも、猫を優先にしてあげるといいでしょう。赤ちゃんが寝ているときはたっぷり遊んだり撫でたりして、スキンシップを取りましょう。猫が赤ちゃんのそばに寄ってきたときは、猫と赤ちゃんを離すのではなくそっと寄ってきた猫をほめてあげたりおやつを少しあげるといいでしょう。赤ちゃんのそばに行くといいことがある、と感じさせることで猫と赤ちゃんの距離を縮めるという目的もあります。

関連記事

  1. 猫

    猫と暮らす中でわかった、猫を飼うすばらしさ

  2. 猫が喜ぶおすすめおもちゃ6選を紹介

  3. むやみに怖がる必要はない、猫エイズの正しい知識

  4. 猫

    猫を飼いたいと思ったら、チェックしてほしい7つのこと

  5. 猫を保護したらやっておきたい5つのこと

  6. 人気上昇中のスコティッシュフォールドの特徴と魅力

  7. 猫

    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策法

  8. 猫

    大きい猫の種類・オススメ4種

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA