猫にしつけはできる?できない?快適な共同生活の送り方

猫と犬のしつけでは根本が違う

猫と共同生活を送っていくうえで、して欲しくないこと、覚えて欲しいルールなど出てくると思います。これが犬なら、しつけをしてルールを覚えてもらうことで解決することでしょう。ですが、猫は集団行動をして生きてきた犬と違い単独行動をしてきた生き物ですので、ほかの生き物からの指示に従うという考え方は基本ありません。

つまり、犬には主従関係を築き、主のいうことを聞く、喜ぶことをさせるしつけをすることができます。一方、猫は主従関係を築くとこをしません。同居する仲間という感覚でしょうか。仲間と暮らす中で、こうしたほうが得だ、とか、こうすると嫌な思いをするな、という学習をさせることが猫へのしつけと言えるでしょう。

大声を出す、体罰をすることは厳禁

猫は悪さをしようと思ってその行動をするのではありません。たまたまその行動が人間にとって都合が悪いだけです。ですので、決して叱らないようにしてください。叱るとは具体的に、大声を出す、体罰をするなどです。叱ると、飼い主を、危害を加える相手と認識してより攻撃的になることもあります。

過度な体罰はいけませんが、霧吹きの水をかける、嫌いなにおいをさせる、破裂音を出すなど「これをすると、いやな思いをする」と覚えさせることには効果があります。この罰で大切なのが、人間が直接行うのではなく何か道具を使うことです。人間が直接罰を与えると、害をなす人と認識されなつかなくなってしまうからです。

規則性を学習させる

例えば「フタの空く音がしたら、エサがもらえる」という規則性で猫が寄ってきたら、それは規則性を学習したことになります。つまり、ほかのしつけにおいても規則性や一貫性を持たせることが大切です。例えば、机に乗って何か言われる時と言われない時があれば、猫にとって机に乗ることがどうして良いことどうかがわかりません。

また、叱り方には一貫性を持たせるようにしましょう。先述した道具を使った叱り方もですが、「だめ!」などの声が出ると思います。「だめ」「いけない」「こら」など、叱る言葉は同じにすると猫が覚えやすくなります。ここで注意したいのは、名前を呼んで叱らないことです。名前は叱られる言葉であると覚えてしまいます。

しつけのいらない状況を作る

以上のように、ある程度のしつけはできますが、叱った時の猫の怖がっている顔を見るのは心が痛みますし、そもそも猫に悪気はないので叱ることに意味があるかどうかも悩みます。

猫は自由きままに動いているだけであって、悪さをしている認識はまったくありません。ですので、猫にして欲しくないことはしたくない・できないようにするのがお互いにとって一番の解決法だと思います。

例えば、ティッシュを引き出してボロボロに散らかすたずらをしたなら、ティッシュがひらひらとなびいていたから猫がワクワクして遊んだ、ということになります。ティッシュの置き場を高い所に変える、引き出しにしまう対応をすれば良いでしょう。

置いておいた人間の食べ物を食べたのでしたら、食べ物が置きっぱなしにしてあればそれが猫にとってエサなのか食べてはいけない物なのかはわかりません。置きっぱなしにしたことがいけないのです。その都度、片付ければ解決することです。

ガミガミ怒るよりも、予防あるのみです。猫の行動や思考を理解して、それに合った暮らし方を見つけていってください。

関連記事

  1. 猫

    パッケージや広告に惑わされない、猫のフードの正しい選び方

  2. 猫が喜ぶおすすめおもちゃ6選を紹介

  3. 猫のトイレ、しつけの方法とおすすめのトイレ

  4. 猫

    猫を飼いたいと思ったら、チェックしてほしい7つのこと

  5. 猫

    放置厳禁、猫に嚙まれたらすぐ病院へ!

  6. 夏の留守番は要注意!猫の熱中症対策

  7. 猫

    猫にケージを用意したほうがよい3つの理由

  8. 猫の体重

    猫が粗相をする理由と粗相を治す4つの対処法