猫

猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは

猫にとって家はずっと過ごす大切な場所

外に散歩に行く犬とは違い、猫は基本的に家の中だけで過ごします。室内外の猫にとって家は猫の世界のすべてです。ずっと過ごす家や部屋なら、できるかぎり猫が楽しんで過ごせるようにしたいですよね。運動不足の解消やストレスの発散もできたら、飼い主にも猫にも嬉しいことです。

猫の得意な動きは上下運動

猫はご存じの通り高くジャンプできます。自分の体の数倍の高さまでピョンと跳んだり、高い所からひょいと下りてきたり。もちろん普通に床を走り回ったりもしますが、そういった動き方よりも猫は跳ぶ、下りるなどの上下運動を好みます。そのため、たとえ狭い部屋で走り回れるようなスペースがなくても、棚などで階段状の家具の配置になっていて上り下りできるようになっていれば、猫にとって楽しい部屋になります。

ここでポイントなのが、ひとつだけ背の高い家具を置くのではなく、階段状にするという点です。人間の背の高さくらいは余裕で跳べる猫ですが、いきなり高いところに跳ぶのは子猫や高齢の猫には厳しい動きです。また、下りる際も一気に下りることになりますので、健康な猫でも脚に負担がかかります。30~50センチずつくらいが適切な段差です。

キャットタワーが大活躍!

収納はすべて作り付けで家具がほとんどない、背の高い家具がないという場合は市販のグッズを活用してみましょう。まずは、代表的なものがキャットタワーですね。

必要なスペースはタワーの床の接地面だけなので場所もあまりとりません。2段だけの低いものから、5段くらいある天井に届く高さのものもあります。高いものだと床と天井の間でつっぱらせて固定できるタイプだと倒れる心配が少ないためおすすまです。また、素材も木製や段ボール製、ロープが巻いて爪研ぎができるようになっているものもあります。猫の好みや、部屋との相性を考えて選んでください。

猫が好きなのは高くて暖かいところ

狩猟時代の習性から、敵が近くにいないかを確認できるような周りを見渡せる高いところにいると安心します。背の高い家具の上や、ロフトなどにクッション敷いたりしてあげると、部屋も見渡すことだできるうえに温かい空気は上にたまりますので温かくもある猫にとって条件の良い寝床となります。上部にベッドや箱のあるキャットタワーも同じ条件で良い寝床となります。

猫も1匹だけになりたい

猫は狭いところに入るのが大好きです。段ボールやすき間に入っている姿をよく見ます。最近では、猫ちぐらというワラで編まれたドーム型の猫の隠れ家が人気で話題になりました。

段ボールを置いたり、カラーボックスの棚の1つを空けておくだけでも猫にとって居心地の良い空間ができます。キャリーケースを普段から置いておいて、安心できるスペースと認識させておくといざというときに入ってくれなくて困る、ということもなくて良いのでおすすめします。いずれも寝床は抜け毛が溜まりやすいので、こまめに掃除をするようにしてください。

窓際におやすみスポットを

外を見るのが好きな猫が多いです。たとえ窓ガラス越しで捕れないとわかっていても、鳥を見れば興奮したり、道行く人を見ていたり留守番が多い猫ですと特に外は見えるようにしておくことをおすすめします。出窓でしたらクッションを敷いたり、乗るスペースが窓の前にないなら棚などを置いて乗れるようにすると喜ぶはずです。

猫が暮らしていると一目でわかる部屋

ペットのグッズはなるべく隠すという人もいますが、理想の部屋は「猫好きが見て、猫を飼っていることが一目でわかる部屋」であると思います。猫が登れる家具の配置である、グッズがある、落ち着いて休める寝床がいくつもある、などです。

楽しく過ごす猫を見ていれば、見ているこちらも楽しい気分になれるはずです。ご家庭それぞれ条件は違いますが、飼っている猫の運動能力や好みに合わせていろいろ工夫してみてください。

関連記事

  1. 猫

    猫の魅力はわがままにあり!わがままさとのじょうずな付き合い方とは

  2. 猫

    使い方次第でメリットたくさん!猫のケージ飼育のすすめ

  3. 猫

    多機能&高機能!実はすごい、猫のひげはすぐれもの

  4. 猫

    猫の健康診断を定期的に受けることを勧める理由

  5. 楽しい猫ライフにするための正しい猫の飼い方

  6. 猫

    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策法

  7. 猫

    猫にストレスをかけない長めの留守番時に気を付けること

  8. ワクチンの種類と予防接種の値段