猫の体重

猫に留守番してもらうときの知恵や注意点

家族で旅行をするときや仕事での出張など、猫を連れては出られない場合もあると思います。そんなときに猫に快適に留守番してもらうための工夫はあるのでしょうか。また、どのくらい飼い主が家を留守にしても大丈夫なのか気になりますよね。本稿では猫を留守番させるときの知恵や注意点などを取り上げます。

猫はどのくらい留守番できる?

基本的に猫が留守番できる期間は2日までとみておくのがよいでしょう。3日以上の外出となる場合は他人に預かってもらうことも考えます。

猫は群れで行動することも少なく、社会性とはかけ離れた動物です。野生の猫はオオカミなどのように群れを形成して生活しているわけではありません。このような習性から猫はあまり孤独を苦痛に感じる動物ではないことが知られています。

しかしイエネコが長い間、ヒトと一緒に生活していた場合はその限りではありません。親しい仲間(飼い主など)とはなればなれになってしまった猫は極度の不安障害に陥ってしまうこともあります。このような症状は霊長類の動物に多く確認されています。症状が病的に強く、実際に行動にまで現れてしまう場合を分離不安症(ぶんりふあんしょう・Separation Anxiety Syndrome)といいます。猫の行動に異常がみられるようなら動物病院に連れていきましょう。分離不安症の猫は飼い主のいない状況に少しずつ慣らしたり、新しい環境をつくってしまうことにより(他の猫を迎えるなど)解決していきます。獣医師の指示を受け、長期間の外出は控えましょう。

仔猫に留守番させても大丈夫?

飼い猫が仔猫で親猫がいない場合は留守番させるのを控えた方がよいでしょう。友人や知人、ペットシッター、ペットを預かってくれる施設(ペットホテル、ペットサロン、動物病院)を頼りましょう。

2日までの猫の留守番の場合

2日までのような短期間の外出の場合、まずは猫のトイレ掃除をして綺麗にしておきます。トイレがいつもより汚くなってしまうと、猫がトイレ外に粗相をしてしまうことがあります。事前にトイレの予備を買っておき、外出前にひとつ増やしておくとよいでしょう。

外出直前には猫の食事と水を外出期間分を普段より多めに用意してあげましょう。その際は器を2つ以上に分けてあげるとよいです。一度口をつけてしまうと唾液などによって菌が繁殖する原因となり、食べなくなってしまうことも考えられます。

2日外出する場合は自動給餌器や自動給水器を利用するとよいでしょう。飼い主が外出時でも新鮮なキャットフードや水が飲めて猫のストレスを低減できます。自動給餌器や自動給水器は安いもので1000円程、高いもので20000円程の値段となっています。多頭飼いの場合など猫同士でじゃれあって遊び、餌や水の器をひっくり返してしまうこともあるかもしれません。その対策にも自動器械を利用するのは良いと考えられます。

季節が夏で暑さが厳しい地域ではエアコンを利用するのがよいです。除湿運転か28度くらいに設定しておいてあげましょう。エアコンが動作している部屋を避ける猫もいますので個体差はあります。そのような猫の場合はいろんなところに水の入った器を置いて、いつでも水が飲める環境をつくってあげるとよいでしょう。冬は毛布などを敷いたベッドを用意してあげるとよいでしょう。

3日以上の猫の留守番の場合

3日以上の外出はできるなら控えたほうが良いですが、仕方がない場合もあるでしょう。猫がよく知る友人や知人にたまに様子を見に来てもらう、もしくは預けることがよいのではないでしょうか。よく知らない他人、猫との接触でストレスが大きいのが不安ですが、ペットシッター、ペットを預かってくれる施設(ペットホテル、ペットサロン、動物病院)を頼ることも頭に入れておくと良いです。

関連記事

  1. もう困らない、猫の爪研ぎを予防する方法

  2. 猫

    猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは

  3. 夏の留守番は要注意!猫の熱中症対策

  4. 猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット

  5. 猫

    猫の健康診断を定期的に受けることを勧める理由

  6. 猫

    猫に首輪をつける重要性と正しいつけ方

  7. 猫

    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策法

  8. 猫に留守番をさせるときに気を付けたい5つのこと