猫

猫に首輪をつける重要性と正しいつけ方

「うちの猫は絶対に外に出さないから首輪は必要ない」と思っている人はいませんか?また、猫に首輪をつけようと思っているのに猫が嫌がってつけてくれないというケースもあるかもしれません。現在、室内飼育の猫にも首輪をつけることは猫を飼ううえでの最低限のマナーとして定着しつつあります。猫に首輪をつける重要性と、安全に正しく首輪をつける方法を知っておきましょう。

首輪が飼い猫の証明になる

猫に首輪を付けない理由として、「絶対に外に出さないから大丈夫」ということがよく聞かれます。確かに外に出ない場合は首輪は必要ないかもしれません。しかし、「絶対に外に出ることはない」とは言い切れないのです。飼い猫が外に逃げ出してしまうケースの多くは、急な来客が来たときに玄関から飛び出してしまったり、雷などの大きな音に驚いて窓から飛び出してしまったりすることです。飼い主が予想をしていなかったシーンで猫が外に出てしまうことがあるため、もしも外に逃げてしまった時に飼い猫だという証明をするために首輪をしておくことが大切なのです。

首輪をしていない場合、野良猫として捕獲されてしまうこともあります。保健所などに連れて行かれてしまうかもしれませんし、ほかの家庭で飼われてしまうかもしれません。首輪をしていることで探しやすくなりますし、ほかの家庭で飼われてしまうということも防ぐことができます。

猫の安全を守る首輪を選ぼう

首輪はたくさんの種類があります。鈴やリボンなど装飾が付いたかわいらしいデザインのものも多く、首輪選びは飼い主にとって楽しいひと時です。しかし、首輪はデザイン性が高くかわいいものよりも、機能性に優れ猫の安全を考えられたものを選ぶことが重要です。大きな装飾が付いたものは、猫にとっては邪魔なだけです。すっきりしたデザインを選ぶことをおすすめします。首輪のサイズは猫の大きさに合ったものを選びましょう。サイズが小さいと圧迫感を感じ首輪をすることを嫌がります。反対にゆるすぎてもいけません。首輪が緩いとグルーミングの最中に猿ぐつわのようになり、あがあがと苦しい状態になってしまうケースも珍しくありません。首輪は調節がしやすいものを選びましょう。首輪が何かに引っかかってしまった時にすぐに外れる機能がついているものや、伸縮性のある首輪を選ぶのもおすすめです。

首輪の正しいつけ方

猫が首輪を嫌がる場合、多くはサイズ感がしっくりきていないからです。先にも少し触れましたが、首輪は緩すぎてもきつすぎてもいけません。特にゆるすぎるサイズ感は、猫が違和感を感じてしまいます。猫が苦しそうでかわいそうという理由から、少し緩めに首輪をつける飼い主がいますが、これでは猫が「首に何かがついている」と気になり、首輪をはずそうともがくケースが多いです。首と首輪の間に大人の指が2~3本入るくらいを目安に装着しましょう。また、猫の機嫌が悪い時は首輪をつけるのは避けたほうがいいでしょう。お腹がいっぱいでのんびりくつろいでいるときを狙って装着します。猫を撫でて気持ちを落ち着かせ、後ろから首輪を付けたら首の後ろでパチッと留めます。短時間でつけることが大切ですので、失敗して一度嫌がってしまったまた次のチャンスを狙うこともポイントです。

関連記事

  1. 猫

    猫にケージを用意したほうがよい3つの理由

  2. 猫

    猫に手作りごはんを与えるときのポイントと注意点

  3. 猫

    耳折れ猫スコティッシュフォールドの特徴とは

  4. 猫にしつけはできる?できない?快適な共同生活の送り方

  5. 猫のしぐさ

    仔猫への離乳食の与え方や注意点

  6. 猫

    猫の健康診断を定期的に受けることを勧める理由

  7. 猫

    猫の魅力はわがままにあり!わがままさとのじょうずな付き合い方とは

  8. 危険があることも!猫の首輪の正しい選び方と注意点