猫のトイレ、しつけの方法とおすすめのトイレ

猫を飼ったらまずやりたいのがトイレのしつけです。猫はきれい好きですから、一度トイレの場所を覚えると同じ場所で排泄をするようになります。猫がトイレの場所をスムーズに覚えてくれるためには、どのようなしつけの方法をすればいいのでしょうか。猫のトイレのしつけ方法と、おすすめの猫トイレを紹介します。

猫をトイレに連れて行ってみよう

ほとんどの猫は、トイレの場所を覚えるとそこで繰り返し排泄をするようになります。猫を家に連れてきたら真っ先にトイレに連れて行ってみましょう。トイレの中に入れてしばらく様子を見ます。そこで初めて排泄をすることができたら、そのあとは特にトイレのしつけをする必要はありません。一度自分のにおいがトイレにつけば、そのにおいをたどって2回目からはトイレで排泄をするようになるはずです。

猫がトイレを覚えない場合は?

中には猫がトイレを覚えてくれずに、トイレ以外のところで粗相をすることもあります。もし粗相をしてしまっても怒らずに、粗相をした場所のにおいをもとから取ることを心がけましょう。猫は自分のにおいがするところに排泄をする習慣があるので、粗相をした部分のにおいをしっかり取ることが大切です。トイレ以外でウンチをしてしまったら、そのウンチは捨てずにトイレに入れておきます。おしっこなら、おしっこをふき取ったペーパーをトイレに入れておきます。排泄物をトイレに入れたら猫をトイレに連れて行き、「ここがトイレだよ」と教えてあげましょう。

頻繁に粗相をするのは原因があるのかも

猫がなかなかトイレを覚えずに、いろいろなところで粗相をしてしまう場合は、トイレの場所が覚えられないのではなく何かほかに原因があるのかもしれません。考えられるのは、トイレの場所が気に入らないというケースです。騒がしく落ち着かない場所ではあまりトイレをしたがらないので、廊下の隅など人通りの少ないところにおいてみましょう。トイレに行くまでに何か障害があるということも考えられます。子猫の場合、ちょっとした段差でも歩きにくさを感じトイレに入らないこともあります。トイレの入り口が高すぎることや、階段を上らないといけないということも粗相の原因となります。また、トイレが汚れているということはありませんか?排泄物はこまめに取り除き、いつでもきれいな状態で使えるようにしてあげましょう。

おすすめの猫トイレはコレ!

猫のトイレは様々なタイプがありますが、今回紹介するのはシステムトイレです。以前は猫がおしっこをすると砂が固まるタイプのものが主流でしたが、最近はこのシステムトイレが主流となりつつあります。システムトイレは2段に分かれていて、上の段にはチップ、下の段には吸収シートをセットします。おしっこはチップを通り抜け吸収シートに吸われます。システムトイレのメリットは、チップはひと月、シートは1週間交換不要という点です。消臭効果も抜群で、閉め切った部屋でも嫌なにおいがしにくいという点もメリットです。トイレの容器は、全体が覆われたドームタイプとセミドームタイプがあります。これは猫の好みに合わせて選んであげるといいでしょう。周りが見えないと不安という猫にはセミドームタイプを、囲われた環境で落ち着いてトイレに入りたい猫にはドームタイプがおすすめです。

関連記事

  1. 猫

    猫がかかりやすい病気の尿路結石、症状と予防法

  2. 猫

    人気の猫の名前と名付けのヒントを紹介

  3. 猫

    猫のリラックスして過ごせる部屋の適温について

  4. もう困らない、猫の爪研ぎを予防する方法

  5. 猫の里親募集をしている3つの機関

  6. 猫

    猫の妊娠から出産までの知識

  7. 猫

    叱っても解決にはならない、猫が粗相する原因と解決法

  8. 猫

    多機能&高機能!実はすごい、猫のひげはすぐれもの