猫

猫のリラックスして過ごせる部屋の適温について

猫を見ただけでは、たいてい何食わぬ顔をしていて、暑いのか寒いのかわからないという人も多いと思います。それに、犬のように舌をペロッと出して体温調節する姿はあまりみかけませんよね。猫がリラックスして過ごせる快適な温度って何度なのでしょうか。また、エアコンはつけた方がよいかどうかなどは、飼い主にとって知りたい部分でもあります。本稿では、猫にとっての適温をテーマとして取り上げます。

猫の暑さや寒さへの耐性

猫は人間と同じく恒温動物(こうおんどうぶつ)です。外界の気温に対応して体温を上げたり下げたりして、体温を一定に保つことができる動物のことです。猫は暑いときはパンディングと呼ばれる、あえぎ呼吸をして、寒いときはシバリングと呼ばれる、振戦運動をします。振戦運動とはちょうど、人間が寒いときにブルブルと震えるようか感覚で、筋肉をブルブルと収縮させることで体温を上昇させます。また、猫は多くの時間をグルーミングに費やす動物です。舌を出している時間が長いので、その分、体温の調節が上手くできているといえます。しかし、猫は暑さへの耐性が低い動物です。どうしてかというと、ヒトは身体中から汗を出して体温を調節できるのに対して、猫は呼吸器の粘膜から熱を開放する(パンディング)ことで体温を下げます。熱を開放できる面積が小さいのです。また、体中被毛で覆われているため、暑さをより感じやすいのですが、これは寒さに強いことへも繋がります。猫は暑さに弱く、寒さに強い動物です。

成猫にとっての適温

被毛の厚さなど個体によって違うため一概にはいえませんが、猫にとっての部屋の適温は18℃~28℃といわれます。夏の猫にとっての快適な温度が28℃で、長毛種ならこれより低く、短毛種ならこの程度だと考えられます。猫は快適な場所を探すのが上手な生き物で、自分で居心地の良い場所を見つけますが、夏場なら他のところよりも涼しい場所を用意してあげておくと安心でしょう。市販されているペット用のクールマットを使うのも手です。

冬場は、最低でも18℃を目安に室温を調節するのが良いといわれます。市販されているペット用ヒーターや、ペット用のベッドがあると良いです。ベッドの中に毛布等を入れてあげるとより安心できます。注意する点は、やかんが沸かせるタイプのストーブは猫にとって少々危険です。猫は上下運動が好きで熱くなる部分に、分からずに乗ってしまうこともありえます。できるだけ使用しないか、最初のうちは十分に注意を払っておくと良いです。

猫にエアコンは必要?

基本的には猫は暑がりな動物なので、留守番をさせるとき、また、室温が30℃を超えるような特に暑いときはエアコンをつけたほうが良いと考えられます。猫の個体により、夏場にのみエアコンをつけると猫がいつもと空気が違うことを察して、エアコンがついている部屋を避けるような行動も見られます。しかし、暑いところにずっといる方が身体にとっては害が多いので、エアコンはつけるべきでしょう。猫を留守番させるときのエアコンの温度は29℃くらいが良いそうです。

エアコンが必要かどうかは、場所によっても変わるでしょう。都市部や近畿地方など暑さで知られる場所では40℃近くなる猛暑日もあります。この場合あらゆる動物にとって、エアコンはあった方が良いものでしょう。熱中症になって倒れてしまってからでは遅いですからね。

関連記事

  1. ワクチンの種類と予防接種の値段

  2. 猫

    猫のドライフードとウェットフードの違い

  3. 命に関わることもある!猫が食べてはいけない物

  4. 猫

    この行動はやきもちを焼いているのせいかも?猫のやきもち焼きを分析

  5. 猫へのおやつの与え方と気を付けたいポイント

  6. 猫

    猫のレンタルにおける利点と問題点

  7. キャットフードのドライとウェット、違いやメリットを紹介

  8. 猫

    柱や家具での猫の爪とぎを防止するための4つの対策法