猫

猫の妊娠から出産までの知識

猫を繁殖させる場合、メス猫の飼い主は出産の知識が必要となることがあります。母猫は初めての出産でどうしたら良いか分からなかったり、ヒトが育児に関わりすぎることで育児放棄してしまうことがあるようです。そうなってしまった場合は飼い主が仔猫の面倒を見ることになるでしょう。本稿では猫の妊娠と出産をテーマとして、その知識やヒトがどのようなお手伝いをしてあげればよいのかということを取り上げます。

猫の妊娠

メス猫は生後6ヶ月~9ヶ月目のあたりに初めての発情期を迎えます。その後も、周期的に発情を繰り返します。また、オス猫を誘うためのフェロモンを付けるために、顔をなでつけるような行動が多くなり、外に出たがるようになります。また、アォオンといった大きい鳴き声でオス猫に呼びかけます。身体に見られる変化としては、乳首が大きくなる傾向があります。そのような経緯からオス猫と出会い、交尾をします。そして、オスの精子がメスの卵子と出会い受精卵を形成して、受精卵が子宮壁に着床し成長する過程が猫の妊娠です。猫の妊娠期間は60日から68日と幅があり、多いのは63日から65日の間といわれます。

妊娠してから、日数が経過するにつれてメス猫の身体に変化が現れます。妊娠20日からは乳首の色がピンク色になり、食欲が落ちます。妊娠30日からは食欲が戻り、乳房とお腹が徐々に膨らんできます。妊娠45日からは、食欲が増し、体重の増加がみられ、活動性が低下します。妊娠50日からはお腹に手を当てると仔猫の動き(胎動)を感じることができるようになります。妊娠60日からは仔猫を産む2、3日前から初乳が出るようになり、分娩の24時間前になると食欲が急激に落ちます。また、分娩前になると出産に適した場所を探すようになります。飼い主は暗くて猫が落ち着ける人が来ない場所に、タオルを敷いた巣を作ってあげるとよいでしょう。

猫の出産

猫は多胎動物(たたいどうぶつ)といって一度に複数の猫を出産します。通常は1~9匹程度でもっとも多いのは3~5匹の間といわれます。メス猫は8個の乳首を持っており、一度に8匹まで授乳できます。まずは、子宮が収縮することで痛みが起こる陣痛が始まります。このときに猫の体内で仔猫が動き、母猫のお腹も動くことが確認でき、他に股間のグルーミングや股間からの分泌物なども見られます。陣痛が60分以上続くと難産の可能性があり、獣医師への相談が必要です。その後の仔猫の産出には、産む匹数にもよりますが、1~2時間程度かかるといわれます。生まれてきた仔猫に羊膜がかかったままの状態の場合は、母猫が舐めることによって破き、呼吸をできるようにします。また、へその緒も母猫が舐めることによって切ります。しかし、母猫が初産の場合や他の阻害要因が合った場合などに、舐めることをしないケースがあります。その時は清潔なタオルなどで羊膜ごと子猫を包み、母猫のそばにやります。これでも母猫が反応しない場合は、その後の処置も飼い主がすることになります。タオルなどで優しく体の表面をなでるようにすると、羊膜は剥がれてきます。へその緒は体から5センチくらいのところを木綿糸で縛って止血します。止血点より母猫の胎盤の方を清潔なハサミで切るようにしましょう。

猫の育児

母猫は人間が育児を手伝ってしまったり、初産でよく分からないといった場合に育児を放棄してしまうことがあります。母性本能を思い出させるために、育児がし易いように保湿、保温ができるダンボールや毛布などを用意してあげたり、仔猫を母猫の側においてあげたりしてあげましょう。もし、それでもだめな場合はヒトが仔猫の世話をすることになります。具体的には、子猫用のミルクを与えたり、お尻をコットンなどで刺激してあげることで排泄を促したり、季節によって身体を温めてあげたりすることです。

関連記事

  1. 猫

    気になる猫のトイレの臭い、4つの対策法を紹介

  2. スフィンクスの魅力はツルツルのボディだけじゃない

  3. キャットフードのドライとウェット、違いやメリットを紹介

  4. 猫に留守番をさせるときに気を付けたい5つのこと

  5. 猫

    人気の猫の名前と名付けのヒントを紹介

  6. 猫

    猫の魅力はわがままにあり!わがままさとのじょうずな付き合い方とは

  7. 猫の里親になりたい人が知っておきたい心構え

  8. 猫ビギナーにおすすめの猫の種類と性格

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の飼い方

    猫
    猫がよく鳴く時の気持ちと猫のしっぽの動きや状態で…
  2. 猫人気

    猫
    猫の健康維持に野菜は必要か?不必要か?
  3. 猫人気

    猫の体重
    ストレスを感じさせない、猫に優しい引っ越し方法と…
  4. 猫の飼い方

    猫
    猫にとって危険な食べ物(危険度別)と植物
  5. 猫人気

    猫に多い泌尿器系の病気である尿路結石を知ろう
  6. 猫の飼い方

    猫
    猫のマッサージ方法と一人暮らしの猫の飼い方のポイ…
  7. 猫の飼い方

    猫
    猫の去勢や避妊手術の方法についてと大きい猫の人気…
  8. 猫の特集記事

    猫
    大きい猫の種類・オススメ4種
  9. 猫の飼い方

    猫
    猫の血液型の仕組みと病気とチンチラの性格や特徴
  10. 猫の飼い方

    猫
    ポイントを覚えて猫の健康チェックを習慣にしよう
  11. 猫の飼い方

    猫のしっぽ
    猫のしっぽで分かる8つの気持ち
  12. 猫人気

    楽しい猫ライフにするための正しい猫の飼い方