猫の目の知識と病気

虫や鳥などハンターとしてねらった獲物は見逃さない猫ですが、彼らは目がいいのでしょうか?猫の聴力はヒトの十倍程度といわれますが果たして視力はどうなのでしょう。また、普段の生活で大事な目に関わる病気の心配も飼い主にはあります。本稿では猫の目の雑学と猫の目の病気を取り上げます。

猫の視力

猫の視力はヒトの視力の10分の1程度であるといわれています。ヒトの視力を1.0とすると猫の視力は0.1程度です。

近視であるといわれていて、動かない物体を見ている場合75センチより近くなるとぼやけ始め、15センチより手前のものはほとんど見えない状態だそうです。水晶体(眼のレンズの働きをする)を動かす筋肉が弱いため、ピントを合わせる機能が劣るためにそうなるようです。逆に遠くのものであればじっと見つめることで、20メートルも離れた物体を捉えることができます。

また、猫は動体視力が非常に優れていてヒトの約4倍であるといわれています。わたしたちが飛んでいる虫を見失っても、猫は追い続けることができていますよね。

猫は暗所でも行動可能

猫はヒトに必要な光の6分の1の量でものを見ることができるといわれます。猫は集光性に優れており、眼の瞳孔は光量に応じて、その大きさが変化します。猫の瞳孔はヒトとは違い縦長のものです。猫は瞳孔を広く調節できて明るいところでは縦に細長く、暗いところではさらに大きく開いて光を集めます。

猫の瞳孔は明るさによって常に変化していることから、猫の目という言葉もありますね。猫の目は非常に変化しやすいものを例えて使う言葉です。

また、猫の眼には輝板(きばん・タペタムとも呼ばれる)が網膜の下に備わっており、入ってきた光を反射します。よって、入射光と反射光の2つの光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることができます。これが、猫が暗所でも普通に行動できる理由です。

猫の色覚

猫は光の三原色(赤・青・緑)を一応認識できるようですが、赤を認識する能力が疎くピンクのようにみえるようです。色覚が良い方ではなく、基本的に猫から見える世界はモノトーンです。ヒトとは全く別の世界が見えているのかもしれませんね。

主な猫の目の病気

目ヤニや異物、涙が出ている、目を足でしきりに掻いていたり、壁や床にこすりつけるような行動をよくとっている場合は猫の目の病気が考えられます。普段の生活に欠かせないものだからこそ、猫の目も常に気にかけて大切にしてあげましょう。

猫の結膜炎

眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている部分の結膜に炎症が発生した状態のことをいいます。目が腫れる、充血するといった状態になるので分かりやすいです。原因は目に異物が混入したことによる炎症反応、ウイルスや細菌への感染、他の病気(角膜炎、緑内障、ドライアイ、流涙症、緑内障)からの発展です。上記のような症状が現れた場合は動物病院に連れていき適切な処置をしてもらいましょう。

猫の角膜炎

眼球の黒目を覆う透明な膜である角膜に炎症が発生した状態のことをいいます。激しい痛みを伴う炎症です。症状としては角膜が白く濁る、涙が出ている、また、目を足でしきりに掻いていたり、壁や床にこすりつけるといった行動を取ります。

原因は角膜上皮が欠損しているか(潰瘍性角膜炎)、していないか(非潰瘍性角膜炎)で分かれます。潰瘍性角膜炎は目を前足でこすったり、異物の混入により角膜が傷ついたり、猫同士の争いで目に傷が付くこともあります。非潰瘍性角膜炎の場合は、原因がよく分かっていないものが多いですが、ウイルスによるものや慢性的な角膜へのダメージが原因と考えられています。

猫の白内障

眼球内にある水晶体が白く濁ってしまった状態をいいます。猫は視野が狭く感じられます。症状としては視力の悪化、瞳の奥が白く濁る、物によくぶつかるなどです。

原因は遺伝によるものから、基礎疾患(糖尿病、ブドウ膜炎、低カルシウム血症)、有害物質の混入が考えられます。症状が見られた場合は、対症療法や手術が必要な場合があるので動物病院に連れていきましょう。

関連記事

  1. 猫にしつけはできる?できない?快適な共同生活の送り方

  2. 猫の里親になりたい人が知っておきたい心構え

  3. 猫

    危険な猫の落下事故を防ぐ方法

  4. 猫に多い泌尿器系の病気である尿路結石を知ろう

  5. 猫に散歩は必要?3つのメリットとデメリット

  6. 猫

    猫にケージを用意したほうがよい3つの理由

  7. 猫

    人気の猫の名前と名付けのヒントを紹介

  8. 猫ビギナーにおすすめの猫の種類と性格

猫のプロおすすめ記事

  1. 猫の飼い方

    猫
    猫の歯磨きの方法と口臭の予防と対策
  2. 猫の飼い方

    猫
    猫が臭いに反応して唇を引き上げる症状と猫に危険な…
  3. 猫人気

    猫
    猫の健康のために必要な知識!粗悪キャットフードの…
  4. 猫人気

    猫ビギナーにおすすめの猫の種類と性格
  5. 猫人気

    猫
    猫の健康維持に野菜は必要か?不必要か?
  6. 猫人気

    猫
    猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは
  7. 猫の飼い方

    東京にある人気の猫カフェ3軒のご紹介
  8. 猫の飼い方

    猫
    病気ではない毛玉吐きも過剰な場合は特別なケアが必…
  9. 猫の飼い方

    猫
    猫のマッサージ方法と一人暮らしの猫の飼い方のポイ…
  10. 猫人気

    ネコを幸せにする育て方
  11. 猫の飼い方

    猫
    猫のくしゃみの原因と症状や猫の種類別値段相場
  12. 猫人気

    猫が喜ぶおすすめおもちゃ6選を紹介