猫

猫の葬儀をあげる際の火葬について

ヒトの寿命の約4分の1しかないのもあいまって、猫を弔うときは必ずやってきます。家族として一緒に過ごしてきた以上、最後まで見届けてあげるのは良いのではないでしょうか。ペットの飼育数が多くなるにつれて、ペット葬を扱うところも増えてきました。一度猫を弔ったことがある方なら分かりますが、初めてのことの場合はどうして良いのか迷ってしまうはずです。また、火葬にかかる費用も知っておきたいですね。猫は飼い主に死に際を見せないという言い伝えがありますが、昔は猫の放し飼いが多かったからのようです。本稿では、猫の葬儀の火葬をテーマとして、火葬の場所・種類・費用を取り上げます。

猫の火葬をするときの場所・種類

猫の火葬には自治体の火葬施設で行うものと、ペット霊園の火葬場で行うものと、火葬車に来てもらって行うものがあります。ペットの一般的な火葬は立会個別火葬です。立会個別火葬は飼い主がお見送りをして、猫のお骨拾いもその場で行います。骨を返してもらう(返骨)こともできます。ペット霊園ではお骨の埋葬や、施設への納骨も可能です。ペット霊園の火葬場で火葬をするメリットは待合室が完備されているため天候に左右されないことです。火葬車に来てもらうのは、たいていが屋外火葬になると思われますので、天候には注意が必要です。ただ、お年寄りや心身に障害がある方、火葬施設までの距離があまりにも遠い方にはとても良いサービスといえます。自治体の清掃局、環境衛生局、衛生局などにある火葬施設で行う場合は、費用が安く抑えられることがほとんどでしょう。

一任個別火葬は霊園施設や訪問ペット火葬のスタッフに、火葬からお骨広い、納骨までを一任することをいいます。ペット霊園のお骨堂に納骨されるため、お骨は手元に返ってはきません。合同ではなく個別で供養してあげたいときにおすすめです。また、事情があり代理での火葬を申し込むときにもおすすめです。

合同火葬は、他のペットと一緒に火葬をします。一度の火葬で1体~10体を火葬します。
一緒に火葬するため、全てのお骨が混在してしまい区別ができなくなります。そのことから返骨はされません。葬儀が終わった後に遺体をスタッフに預けるようです。預けられた遺体は霊安室に安置され3日以内に火葬されます。火葬後は、お参りが可能な場合がほとんどです。

猫の火葬にかかる費用

自治体に連絡して火葬をする場合にかかる費用は、およそ5,000円~10,000円です。自治体の焼却施設を利用する場合は、処分という扱いになり良しとしない人もいますが、しっかり飼い主が供養してあげれば良いと思います。返骨されたお骨は、自宅の庭に埋める方法と、ペット霊園施設に納骨する方法があります。民間のペット葬儀を扱っている業者に葬儀をしてもらう場合は、合同火葬ならおよそ10,000円、個別一任火葬ならおよそ15,000円、立会個別火葬ならおよそ25,000~30,000円かかります。業者に依頼する場合は見積もりを出してくれるところがあります。まずは、複数の業者に見積もりを依頼して価格の比較をするとよいでしょう。

ペット葬儀を扱っている業者は、ペットの飼育数が上がるに連れて年々増えており、中には悪質な業者もあるので、依頼する場合は慎重に行いましょう。

関連記事

  1. 夏の留守番は要注意!猫の熱中症対策

  2. 猫

    放置厳禁、猫に嚙まれたらすぐ病院へ!

  3. 猫

    猫に喜んでもらえる部屋作りのポイントとは

  4. キャットフードのドライとウェット、違いやメリットを紹介

  5. もう困らない、猫の爪研ぎを予防する方法

  6. 初めて猫を飼う人必見、用意するべき7つのもの

  7. 高齢猫とのおだやかな付き合い方とケアの方法

  8. 危険があることも!猫の首輪の正しい選び方と注意点