猫アレルギーの具体的な症状とその対策

猫を飼っていて、家族が増えたときに、猫アレルギーだったということが起こる可能性があります。そのとき、症状の程度によっては、猫を里親に出さずに一緒に暮らす方法もあるのではないかと思います。今回は、猫アレルギーの具体的な症状とその対策をご紹介します。

猫アレルギーの症状とは

猫アレルギーの症状は人によって、異なりますが、よくある症状としては、顔が腫れる・目が赤くなる(かゆくなる)・全身のかゆみ・くしゃみや鼻水が止まらない・咳が止まらないなどがあります。軽度の方でよくあるのは、目のかゆみやくしゃみ・鼻水などでしょう。このアレルギーの特徴として、猫と接触したときに急に発症する可能性があります。これらの症状があった場合は、医師の診察を受けましょう。

また、今までに猫アレルギーの症状が無くても、突然症状が出ることもあります。今まで、症状がなかったから、ずっと大丈夫ではありません。自身の免疫力が落ちていると発症する可能性は十分にあります。自分だけは大丈夫と油断せず、対策をするようにしましょう。

猫アレルギーの原因とは

猫アレルギーは、猫の被毛や体から出たフケなどの皮脂などが原因であると考えられます。そのため、猫の被毛の付いた服を着ている人の毛が付着することでも症状が起きる人もいます。症状のある人は猫に近づかないようにすることも必要ですが、同じ空間にいることにも注意する必要があります。

猫アレルギーの対策と具体的な方法

猫アレルギーの人が、猫とすでに一緒に暮らしている場合はどうすればよいでしょうか。

まずは、猫の被毛が抜けて、床に落ちるのを防ぐため、ブラッシングを日常的に行うようにすることです。被毛に触れることが少なくなれば、その分、アレルギーの症状を減らすことが出来ます。

次は、空間の清浄をしましょう。空気中には見えない猫のフケなども飛んでいる可能性があります。それが原因のひとつでもあるため、窓を開け換気を定期的に行うことや窓が開けられない場合は、空気清浄機を置き、空気を新鮮な状態に維持することなどが大切です。

最後に、効果的なのは、定期的なシャンプーです。具体的に1ヶ月に1回出来るのが理想になります。シャンプーをしていないと、どうしてもフケなどが空気中に飛びやすくなってしまいます。シャンプーが効果的なのは、猫カフェに行く人なら分かるのではないでしょうか。清潔な猫カフェであれば、アレルギー症状もあまり出ない人も多いです。アレルゲンが猫の体にあるため、それを落とす意味でもシャンプーは重要度が高いです。

猫アレルギーが発覚してから、家で同居するには

猫アレルギーを発症すると、症状次第では命に関わることもあるため、同居は難しい場合が多いです。新しく飼うわけではなく、現在同居していると、お別れを考えるのは難しいと思います。その場合の対策としては、ブラッシング、シャンプーは勿論ですが、部屋が2部屋以上あるのであれば、猫とアレルギーの人の住空間を分けるのも手です。ワンルームで難しい場合は換気をする頻度を増やしましょう。その際は、脱走防止にケージも用意しましょう。寝るときも、一緒に寝たりはせず、ケージで寝る癖をつけさせましょう。ある程度接する時間を短く出来れば、なんとか一緒に暮らすことも出来るでしょう。

猫アレルギーの人でも少しずつ症状が改善する場合もあるようです。猫アレルギーであっても、猫との暮らしはあきらめないでください。猫になれるために、短時間猫カフェに来て、アレルギーを克服する人もいます。まずは、少しずつ猫と一緒にいる時間を作って、少しずつ改善していきましょう。

関連記事

  1. 猫

    初心者でも飼いやすい人気の猫の種類ランキングと猫の体重管理方法

  2. アメリカンショートヘア

    被毛の種類でまるで違う猫の性格パターン

  3. 猫

    短毛で飼いやすいと人気の猫種を扱うブリーダーのご紹介

  4. 猫

    子猫の遊び時間に気を付けたい点と猫の鳴き声から分かる気持ち

  5. 猫

    猫のお風呂の入れ方と猫の健康診断の受け方と費用

  6. 愛猫の健康管理に欠かせない動物病院の選び方3項目

  7. 猫

    年齢別の猫の健康管理と病気予防のルール

  8. 猫のトイレのしつけで大事なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA